フォルケ賞2015の発表*”La isla minima”が受賞2015年01月14日 14:46

★第20回フォルケ賞の授賞式が112日にあり、結果は以下の通りです(◎印が受賞者)。フォルケ賞は監督ばかり注目されて製作メンバーが片隅に置かれるのはおかしいという理由でできた賞なので、監督賞はありません(作品賞に監督名を入れたのは、管理人覚えです)。ゴヤ賞ノミネーションと重なっているので、纏めてそちらでフォルケ賞論評を紹介いたします。

フォルケ賞2015のノミネーションはコチラ20141222

 

★最優秀作品賞(スペイン)

La isla mínima        監督アルベルト・ロドリゲス) 

El Niño               監督ダニエル・モンソン)

Magical Girl            監督カルロス・ベルムト) 

Ocho apellidos vascos    監督:エミリオ・マルティネス= ラサロ)

Relatos salvajes         監督:ダミアン・シフロン)

 

             (La isla mínima スタッフ一同)

 

★最優秀作品賞(ラテンアメリカ)

Cantinflas メキシコ

Código Paz  ドミニカ共和国

Hoje eu quero voltar sozinho,“The way he looks”  ブラジル

Matar a un hombre  チリ(『殺せ』)

Mr. Kaplan  ウルグアイ

Relatos salvajes アルゼンチン≂スペイン合作

 

   (Relatos salvajes 製作者アグスティン・アルモドバルとエステル・G・ロドリゲス)

 

★最優秀男優賞 AISGE財団

Javier Gutiérrez ハビエル・グティエレス (La Isla Mínima) 監督:アルベルト・ロドリゲス 

José Sacristán  ホセ・サクリスタン (Magical Girl)  監督:カルロス・ベルムト 

Karra Elejalde カラ・エレハルデ (Ocho Apellidos Vascos)  
          監督エミリオ・マルティネス=ラサロ 

Raúl Arévaloラウル・アレバロ  (La Isla Mínima)  監督アルベルト・ロドリゲス 

 

                  (トロフィーを手にしたハビエル・グティエレス

 

最優秀女優賞 AISGE財団

Bárbara Lennie バルバラ・レニー ( Magical Girl)  監督カルロス・ベルムト 

Elena Anaya エレナ・アナヤ (Todos están muertos)  監督ベアトリス・サンチス 

Ingrid García-Jonsson イングリッド・ガルシアヨンソン (Hermosa Juventud) 

 監督ハイメ・ロサーレス  

Natalia Tena ナタリア・テナ  (10000 km)  監督カルロス・マルケスマルセ

 

                        (バルバラ・レニー、Magical Girl  から)

 

EGEDA 「ゴールデン・メダル賞」(栄誉賞):RTVE(スペイン国営放送)

 
   (スペイン国営放送代表のホセ・アントニオ・サンチェス、隣はコンチャ・ベラスコ)

アニメーション&ドキュメンタリー賞:Mortadelo y Filemon contra Jimmy El Cachondo

(監督:ハビエル・フェセル)

         (「モルタデロとフィレモン」のスタッフ一同)

Entidad de Gestión de Derechos de los Productores Audiovisuales の略。いわゆる視聴覚製作に携わる人々の権利を守るための交渉団体です。1990年創設だが活動は1993年から。現会長はエンリケ・セレソ、副会長はアグスティン・アルモドバル。

 

★栄誉賞は受賞作なしの年もありますが、今回は「長年のスペイン映画の製作、普及、促進、放映に寄与したこと」が評価されてRTVEの受賞となりました。アニメーション&ドキュメンタリー賞はアップしませんでしたが、ハビエル・フェセルの手に渡りました。これはゴヤ賞に一番近いでしょう。以上フォルケ賞は6賞です。バルバラ・レニーは授賞式に欠席、代わりに監督が登壇した。