チロ・ゲーラがアカデミー賞2016外国語映画賞5作品にノミネーション2016年01月17日 21:19

    ラテンアメリカ映画が昨年につづいて最終候補に残った

★カンヌ映画祭2015以来、コロンビアの監督チロ・ゲーラEl abrazo de la serpiente(英題“Embrace of the Serpente”)をご紹介し続けていますが、嬉しいことにノミネーション5作品に踏みとどまりました。先日、第7回京都ヒストリカ国際映画祭で『大河の抱擁』の邦題で上映されていたことを記事にしたばかりです。昨年はアルゼンチンのダミアン・ジフロンの『人生スイッチ』とラテンアメリカはとにかく元気です。ただし受賞はハンガリーの『サウルの息子』に決定だそうです(笑)。ノミネーションされることが名誉だそうですから、まあ、いいでしょう。一般公開されることを祈ります。

カンヌ映画祭2015「監督週間」の記事は、コチラ⇒2015524

 

   

                 (オリジナル版のポスター)

 

★昨年のゴヤ賞名誉賞を貰ったアントニオ・バンデラス主演のAutómata2014)が、『オートマタ』の邦題で、35日公開予定です。サンセバスチャン映画祭2014に正式出品されたガベ・イバニェスの近未来SFスリラー、時は2044年、人工頭脳搭載のロボット「オートマタ」が自ら修理改造を始める・・・離婚前のメラニー・グリフィスが共演している。だいぶ公開までに時間が掛かりました。

サンセバスチャン映画祭2014での関連記事は、コチラ⇒2014916

 

    

           (アントニオ・バンデラスとオートマタ、映画から)

 

★ゴヤ賞2015の作品賞・監督賞以下10カテゴリーを独占したアルベルト・ロドリゲスのLa isla mínimaが、『マーシュランド』(英題“Marshland”)の邦題で、昨年102週間限定で公開されていました。昨年のラテンビート上映を期待して詳細な記事をアップしておりましたのに、不覚にも公開情報をキャッチできませんでした。DVD発売を待つしかありません。

La isla mínima”(2014)の主な関連記事は、コチラ⇒2015124

 

  

         (ラウル・アレバロとハビエル・グティエレス、映画から)

 

コメント

_ at ― 2016年01月19日 05:02

マーシュランドはすでにDVDセル・レンタルともに開始されてますよ!

_ アリ・ババ ― 2016年01月20日 08:27

>at さん

コメント、ありがとうございました。年が明けたからそろそろ発売になると思っていました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aribaba39.asablo.jp/blog/2016/01/17/7994409/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。