ブラジル映画「Benzinho」が金のビスナガ*マラガ映画祭2018 ⑰2018年04月30日 17:31

              ブラジル中流家庭の或る一面を切り取った映画

 

      

★今年はブラジルから2作ノミネートされ、その一つウルグアイとの合作、グスタボ・ピッツィの長編第2Benzinhoが、イベロアメリカ部門の作品賞「金のビスナガ」を受賞した。ピッツィ監督は目下TVミニシリーズ撮影中で来マラガできなかったが、製作者を代表して参加したウルグアイの共同プロデューサー、アグスティナ・チアリノ金のビスナガのトロフィーを受け取りました。サンダンス映画祭2018でワールドプレミア、続いてロッテルダム映画祭、スウェーデンのヨーテボリ映画祭、ウルグアイのプンタ・デル・エステ映画祭などに出品された後、マラガにやってきました。ブラジル中流家庭の日常、新居の購入、息子の自立、母親の子離れの難しさをコメディタッチで描く。いずれにしろ子供は親の知らないうちに大人になってしまうのです。

 

         

      (トロフィーを手に喜びのスピーチをする製作者アグスティナ・チアリノ)

 

Benzinho(「Loveling」)2018

製作:Bubbles Project / Baleia Films / Mutante Cine / TvZERO

監督・脚本・製作者:グスタボ・ピッツィ、脚本クレジットはグスタボ・パッソス・ピッツィ

脚本(共):カリネ・テレス、レイテ・デ・ソウサ・ピッティ

撮影:ペドロ・ファエルステイン

音楽:ダニエル・ロランド、ペドロ・サー、マクシミリアノ・シルベイラ

編集:リビア・セルパ

美術:ディナ・サレム・レヴィ

衣装デザイン:ディアナ・レステ

メイクアップ:ビルヒニア・シルバ

製作者:タティアナ・レイテ(エグゼクティブ)、ロドリゴ・レティエル、アグスティナ・チアリノ(ウルグアイ)、フェルナンド・エプステイン(ウルグアイ)

 

データ:製作国ブラジル=ウルグアイ、ポルトガル語、2018年、コメディ・ドラマ、98分、撮影地リオデジャネイロ近郊のペトロポリス。サンダンス、ロッテルダム、ヨーテボリ、プンタ・デル・エステ、マラガ、各映画祭2018正式出品。マラガ映画祭イベロアメリカ部門の作品賞受賞作品、ブラジル公開823日。配給New Europe Film Saes

キャスト:カリネ・テレス(イレネ)、オタヴィオ・ミュラー(夫クラウス)、アドリアナ・エステベス(ソニア)、コンスタンティノス・サリス(長男フェルナンド)、セサル・トロンコソ(アラン)、ビセンテ・デモリ、ルアン・テレ、アルトゥル=フランシスコ・テレス・ピッツィ(双子の23男)

 

物語:イレネとクラウスが結婚したのは随分前のことだ。イレネは38歳になりクラウスと言えば45歳になった。二人には3人の息子、16歳になる長男と5歳になる双子とリオデジャネイロの近郊ペトロポリスに住んでいる。夫婦で一生懸命働き数年がかりで新居を建てたばかりだった。イレネはハイスクールの卒業証書をもらうための勉強のかたわらセールスの仕事をしていたのだ。一方クラウスは小さなコピーショップを経営、書籍の販売もしている。長男のフェルナンドはハンドボールの有力な選手で、シーズンのハイライトの後、ドイツのプロチームからオファーをうけた。嬉しいニュースには違いないが、家族に微妙なさざ波が、特にイレネが動揺しはじめた。イレネはフェルナンドとこんなに早く離れて暮らすとは考えていなかった。巣立ちするには早すぎる、もう少し後だと思っていたのに、間もなくこの家を出てしまうのだ。フェルナンドのいない新しい生活に順応しなけばならない。子供は知らないうちに大きくなってしまうのだ。

 

       ブラジルの観客は社会的階級を反映した映画を見る習慣がありません。

 

★今回映画祭にはウルグアイ側の製作者アグスティナ・チアリノだけが来マラガした。監督はTVミニシリーズの撮影に入ってしまって出席できなかったということです。プレス会見では「フレッシュで飾らない日常を描いた映画には価値があるのですが、ブラジルの観客には、このような社会的階級を反映した映画を見る習慣がありません」とコメント。これはどこの国にもいえることです。物語が身近すぎるから平凡に感じてしまうのです。カンヌやベルリンで評価されても変わりありません。 

          

      (一人で来マラガしたアグスティナ・チアリノ、プレス会見、419日)

 

★また「脚本を共同執筆した監督と主役を演じたカリネ・テレスは、実生活では夫婦ですが、彼らのビオピックではありません。双子の兄弟を演じた子役は夫妻の実の子供ですから、勿論ストーリーには家族のエッセンスが流れ込んでいます」ということでした。それで撮影中は実生活と映画の線引きがややこしかったこともあったようです。今はどっちのママ?というわけです。

 

           

 (実生活でもドラマでも親子でした。映画から)

 

       

                    (家族揃って参加したロッテルダム映画祭2018

 

  監督キャリア&フィルモグラフィー 

グスタボ・ピッツィGustavo Pizziは、1977年ペトロポリス生れ、監督、製作者、脚本家。リオデジャネイロのフルミネンセ連邦大学UFF映画科卒。2006年ドキュメンタリー「Preterito Perfeito」を撮る。2010年、長編デビュー作Riscado(英題「Craft」)は、XAXW映画祭2011でワールドプレミアした。その後40か所以上の映画祭で上映された。同2010年、共同で監督した短編A Distração de Ivanでは製作も手掛け、カンヌ映画祭と併催の「批評家週間」に出品されている。2012年、ドキュメンタリーOncotoを撮る。本作Benzinhoが長編第2作目になる。TVシリーズの脚本を執筆、現在TVミニシリーズ「Gilda」の撮影中で来マラガできなかった。

 

             (長編デビュー作Riscado」のポスター

 

      

         (グスタボ・ピッツイ=カリネ・テレス夫妻、2010年ごろ)

 

★イレネ役のカリネ・テレスは、1978年、監督と同郷のペトロポリス生れの39歳、女優、脚本家、製作者。映画、TVシリーズ、舞台で活躍している。監督長編デビュー作「Riscado」に出演している。ペトロポリスは本作の撮影地、監督が生れ故郷を舞台に選んだのは、子供のころ過ごした好きな町だからです。夫役のオタヴィオ・ミュラーは、1965年リオデジャネイロ生れ、映画にTVにと出演キャリアの長いのベテランです。

 

           

 (イレネとクラウスの夫婦、映画から)

 

         

                 (イレネとソニア役のアドリアナ・エステベス、映画から)

 

         

    (ハンドボールの選手フェルナンド役のコンスタンティノス・サリス、映画から)

 

★出演者は、第1作に出演した俳優が多く、スタッフも重なっている印象でした。ウルグアイのもう一人のプロデューサー、フェルナンド・エプステインは、フアン・パブロ・レベージャ&パブロ・ストールの共同監督「25 Watts」や、公開された『ウィスキー』、同じくフェデリコ・ベイロフ『アクネACNE』やアドリアン・ビニエス『大男の秘め事』、最近ではパラグアイ映画ですが、ベルリン映画祭2018のマルセロ・マルティネシ「Las Herederas」など話題作を手掛けています。ウルグアイは小国で市場も限られているので、隣国アルゼンチンやブラジルとの合作が多い。個人的には金のビスナガを受賞するとは考えておりませんでしたが、もしかするとブラジル映画祭にエントリーされるかもしれません。

Las Herederas」の記事紹介は、コチラ20180216

  

アルモドバル”Julieta”*カンヌ映画祭2016ノミネーション発表 ①2016年05月08日 15:50

                騒々しいカンヌの季節が巡ってきました!

 

           

               (カンヌ映画祭2016のポスター)

 

★第69回カンヌ映画祭は511日に開幕、結果発表が22日という長いショービジネスです。コンペティションには、スペインからはアルモドバルJulieta1作だけですが、ないよりあるだけマシでしょうか。カンヌに照準を合わせて映画製作をしている監督、まだキャストもロッシ・デ・パルマしかアナウンスされていなかったときからノミネーション確率は120パーセントだったから誰も驚かない。逆にノミネーションされなかったらサプライズだったでしょう。パルムドール5回目の挑戦です。過去には『オール・アバウト・マイ・マザー』99)で監督賞、『ボルベール〈帰郷〉』06)で脚本賞、しかし肝心のパルムドールには嫌われている。もっともスペイン人の受賞者は半世紀以上前のブニュエルだけかも。受賞作品はフランコ体制下では物議をかもしても当然だった『ビリディアナ』(1961)でした。他『抱擁のかけら』と『私が、生きる肌』はノミネーションだけ、『バッド・エデュケーション』はコンペ外でした。

 

  

                       (“Julieta”のポスター、2人のフリエタ)

 

★監督自身は兄弟の製作会社「エル・デセオ」が、例の「パナマ文書」に関係していたため大ツナミに襲われ窮地に立たされています。幸い日本ではアルモドバルの名前は報道されなかったと思う。監督は責任を認めていますが、ただしメディアの扇情的な報道の仕方には「遺憾」を表明しています。納税の義務は遅滞なく果たすと強調しておりました。そもそもの発端は、ジュネーブのモサック・フォンセカ法律事務所のPCがハッキングされて流失した機密文書、兄弟はこの法律事務所に1990年代の初めから委託していたようです。つまり他にもヴァージン諸島なども利用していたということでしょうか。 

   

                                    (最近のアルモドバル、20164月、マドリードにて)

 

★映画に戻ると、“Julieta”のテーマは、息が詰まるような性道徳観に風穴をあけたいという監督の思いというか挑戦があるように感じますが、共感するかしないかは、いずれ分かります。ヒロインは30年にわたって無理解に苦しむわけですが、母と娘の関係は難しい。今年のカンヌの顔ぶれは結構大物監督が目立ちます。アルモドバルの下馬評は悪くない位置につけているようですが、こればかりは蓋を開けてみないと分からない。

Julieta”のデータやキャスト紹介の記事は、コチラ⇒2016219

    

  

      メキシコでもなくアルゼンチンでもなく、ブラジル映画がノミネーション

 

★今年のカンヌにはメキシコは残れず、ブラジルからKleber Mendonça Filho1968年生れ、クレベール・メンドンサ・フィリオ)のAquarius(仏合作)がノミネートされています。長編は2作目ですが、1997年より多くの中短編、ドキュメンタリーなどを発表している。デビュー作O som ao redor(“Neighboring Sounds”)は、ロッテルダム映画祭2012で上映され、ヒューバート・バルシ基金を貰った。トロント映画祭を含め海外の映画祭でも上映された作品です。日本で毎年開催されるブラジル映画祭に出品されたかどうか、スペイン語映画ではないので調べておりません。オスカー賞2014のブラジル代表作品に選ばれた由。第2作はソニア・ブラガが演じる音楽評論家クララの物語、3人の子供も独立、夫にも先立たれ執筆活動はしていない。時間を自由に旅することができる身分だが、かつては上流階級用のアパートも老朽化し地上げ屋の餌食になろうとしている。こんなお話のようです。

 

 
               (ソニア・ブラガ、映画から)

 

★ブラジル映画は一時勢いがありましたが、メキシコやアルゼンチンに比較すると、3代映画祭には遅れをとっている印象でした。政治的にも不安定、オリンピックも開催できるかどうか心配なくらいです。しかしブラジルは本作以外にも短編部門にエントリーされていますから、盛り返しつつあるのかもしれません。昨年はコロンビア映画がやたら元気でしたが、今年は相対的にラテンアメリカは静かでしょうか。

 

★次回は「ある視点」部門ノミネーション、アルゼンチン映画La larga noche de Francisco Sanctisという若い二人の監督のデビュー作です。