第34回ゴヤ賞2020授賞式*結果発表 ⑮2020年01月26日 18:33

          アルモドバルの「Dolor y gloria」が作品・監督・脚本などを受賞

 

  

 

★今年はほぼ80%くらいの確率で予想が当たりました。メインは「Dolor y gloria」が独占の形でしたが、作品賞にノミネーションされながら無冠という作品はありませんでした。バスクの3人共同監督のLa trinchera infinitaを推す評論家もおりましたが、結果は以下の通りです。まだガラ全体のビデオを見ておりませんので、トリビアは後日落穂ひろいのかたちでアップいたします。以下は受賞者の結果のみアップしておきます。

  

     

      (スピーチに立つ、スペイン映画アカデミー会長マリアノ・バロッソ)

  

   
      
       

 (総合司会者のシルビア・アブリルとアンドレウ・ブエナフエンテ夫婦)

 

 

作品賞(作品賞のみ5ノミネート)

Dolor y gloria製作 El Primer Deseo A.I.E. / El Deseo D.A.S.L.U. 

Intemperie

La trinchera infinita

Lo que arde」(『ファイアー・ウィル・カム』)

Mientras dure la guerra」(『戦争のさなかで』)

 

    

   (作品賞初受賞と聞いて驚くが、登壇した製作者エステル・ガルシア、監督、

右端アグスティン・アルモドバル、背後にプレゼンターのホセ・コロナドとマリサ・パレデス)

 

    

   (左から、プレゼンターのマリサ・パレデス、エステル・ガルシア、監督、

    アグスティン・アルモドバル)

 

   

◎監督賞

ペドロ・アルモドバル(「Dolor y gloria」)

アイトル・アレギ、ジョン・ガラーニョ、ホセ・マリ・ゴエナガ(La trinchera infinita

オリベル・ラシェ(『ファイアー・ウィル・カム』)

アレハンドロ・アメナバル(『戦争のさなかで』)

      

    

     (ゴヤ胸像を手にするのは『ボルベール<帰郷>』以来13年ぶり、プレゼンターは

      アンヘラ・モリーナとペネロペ・クルス)

 

 

◎新人監督賞

ベレン・フネス(「La hija de un ladrón」)

サルバドール・シモー(「Buñuel en el laberinto de las tortugas」)  

ガルデル・ガステル=ウルティア (「El hoyo」)

アリッツ・モレノ(「Ventajas de viajar en tren」『列車旅行のすすめ』)

 

     

          (第7回フェロス賞に続いて受賞したベレン・フネス)

 

◎オリジナル脚本賞

ペドロ・アルモドバル(「Dolor y gloria」)

ダビ・デソラ&ペドロ・リベロ(「El hoyo」)

ホセ・マリ・ゴエナガ&ルイソ・ベルデホ(La trinchera infinita

アレハンドロ・アメナバル&アレハンドロ・エルナンデス(『戦争のさなかで』)

 

  

 

◎脚色賞

ベニト・サンブラノダニエル・レモンパブロ・レモン(「Intemperie」監督サンブラノ)

エリヒオ・モンテロ&サルバドール・シモー(「Buñuel en el laberinto de las tortugas」)

イサベル・ペーニャ&ロドリゴ・ソロゴジェン(「Madre」監督ロドリゴ・ソロゴジェン)

ハビエル・グジョン(『列車旅行のすすめ』)

 

    

                   (レモン兄弟とベニト・サンブラノ右端

 

◎オリジナル作曲賞

アルベルト・イグレシアス(「Dolor y gloria」)

アルトゥーロ・カルデルス(「Buñuel en el laberinto de las tortugas」)

パスカル・ゲーニュLa trinchera infinita

アレハンドロ・アメナバル(『戦争のさなかで』)

 

    

 (2012年の『私が、生きる肌』以来だが11個目となるゴヤ胸像、アルベルト・イグレシアス

 

 

◎オリジナル歌曲賞

Intemperieハビエル・ルイバル(「Intemperie」)

Invisible」カロリネ・ペルネル、Jussi Llmari KarvinenJustin Tranter(「Klaus」)

Allli en la arena」トニ・M.ミル(「La inocencia」監督パロマ・フアネス)

Nana de las dos lunas」セリヒオ・デ・ラ・プエンテ(「La noche de las dos lunas」)

   

     

         

主演男優賞

アントニオ・バンデラス(「Dolor y gloria」)

アントニオ・デ・ラ・トーレLa trinchera infinita

カラ・エレハルデ(『戦争のさなかで』)

ルイス・トサール(「Quien a hierro mata」)

   

  

   

     

主演女優賞

ベレン・クエスタLa trinchera infinita

ペネロペ・クルス(「Dolor y gloria」)

グレタ・フェルナンデス(「La hija de un ladrón」)

マルタ・ニエト(「Madre」)監督ロドリゴ・ソロゴジェン

   

    

               (フェロス賞に続いての受賞)

   

助演男優賞

エドゥアルド・フェルナンデス(『戦争のさなかで』)

アシエル・エチェアンディア(「Dolor y gloria」)

レオナルド・スバラグリア(「Dolor y gloria」)

ルイス・カジェホ(「Intemperie」)

 

       

                   (欠席のためアメナバル監督が受け取った

 

助演女優賞

フリエタ・セラノ(「Dolor y gloria」)

モナ・マルティネス(「Adiós」監督パコ・カベサス)

ナタリア・デ・モリーナ(「Adiós」)

ナタリエ・ポサ(『戦争のさなかで』)

 

 (フェロス賞に続いての受賞)

 

    

新人男優賞

エンリク・アウケル(「Quien a hierro mata」)

ナチョ・サンチェス(「Diecisiete」『SEVENTEENセブンティーン』Netflix

   監督ダニエル・サンチェス・アレバロ

ビセンテ・ベルガラLa trinchera infinita

サンティ・プレゴ(『戦争のさなかで』)

 

    

      (フェロス賞、ガウディ賞と続くのはあまり例がないホールインワン)

 

 

新人女優賞

ベネディクタ・サンチェス(『ファイアー・ウィル・カム』)

ピラール・ゴメス(「Adiós」)

カルメ・アルファト(「La inocencia」監督ルシア・アレマニー)

アイノア・サンタマリア(『戦争のさなかで』)

 

    

 84歳新人賞は初。両親、オーデションにつきそってくれた娘、勿論監督や仲間に感謝の辞 

 

 

◎プロダクション賞

カルラ・ぺレス・デ・アルベニス(『戦争のさなかで』)

トニ・ノベリャ(「Dolor y gloria」)

マノロ・リモン(「Intemperie」)

アンデル・システィアガLa trinchera infinita

 

     

              (プレゼンターはシルビア・アブリル

 

 

◎撮影賞

マウロ・エルセ(『ファイアー・ウィル・カム』)

ホセ・ルイス・アルカイネ(「Dolor y gloria」)

ハビ・アギレ・エラウソLa trinchera infinita

アレックス・カタラン(『戦争のさなかで』)

 

     

           (フェロス賞に続いて受賞、下馬評通りでした)

 

 

◎編集賞

テレサ・フォント(「Dolor y gloria」)

ラウレント・ドゥフレチェ&ラウル・ロペスLa trinchera infinita

アルベルト・デル・カンポ(「Madre」)

カロリナ・マルティネス・ウルビナ(『戦争のさなかで』)

 

     

                      (プレゼンターはベレン・ルエダ)

 

◎美術賞

フアン・ペドロ・デ・ガスパー(『戦争のさなかで』)

アンション(アンチョン)・ゴメス(「Dolor y gloria」)

ペペ・ドミンゲスLa trinchera infinita

ミケル・セラーノ(『列車旅行のすすめ』)

  

    

   

◎衣装デザイン賞

ソニア・グランデ(『戦争のさなかで』)

パオラ・トレス(「Dolor y gloria」)

ロウルデス・フエンテス&サイオア・ララLa trinchera infinita

アルベルト・バルカルセル(「Paradise Hills」監督アリス・Waddington

 

   

           (プレゼンターはカルロス・バルデム)

 

 

◎メイク&ヘアー賞

アナ・ロペス⋍プイグセルベルベレン・ロペス・プイグセルベルナチョ・ディアス

   (『戦争のさなかで』)

アナ・ロサノ、セルヒオ・ぺレス・ベルベル、モンセ・リベ(「Dolor y gloria」)

ヨランダ・ピニャ、フェリックス・テレノ、ナチョ・ディアスLa trinchera infinita

カルメレ・ソレル&オルガ・クルス(『列車旅行のすすめ』)

 

     

 

◎録音賞

イニャーキ・ディエスサンティ・サルバドールアラスネ・アメストイ

  ナチョ・ロジョ・ビリャノバ   La trinchera infinita

セルヒオ・ブルマン、ペラヨ・グティエレス、マルク・オルツ(「Dolor y gloria」)

アイトル・べレンゲル&ガブリエル・グティエレス(『戦争のさなかで』)

ダビ・マチャード、ガブリエル・グティエレス、ヤスミナ・プラデラス

   (「Quien a hierro mata」)

   

       

◎特殊効果賞

El hoyo

La trinchera infinita

『戦争のさなかで』

Perdiendo el Este

    

      

           (マリオ・カンポイとイニャーキ・マダリアガ)

      

◎アニメーション賞

Buñuel en el laberinto de las tortugas監督サルバドール・シモー

Elcanoy Magallanes: la primera vuelta al mundo」監督アンヘル・アロンソ

Klaus」監督セルヒオ・パブロス

   

        
    

   (左から製作者、アレックス・セルバンテス、ホセ・マリア・フェルナンデス・デ・ベガ、

   マヌエル・クリストバル)

 

              

◎ドキュメンタリー賞

Ara Malikian una vida entre las cuerdas監督ナタ・モレノ

Aute retrato」監督ガイスカ・ウレスティ

El cuadro」監督アンドレス・サンス

Historias de nuestro cine」監督アナ・ぺレス⋍ロレンテ&アントニオ・レシネス

 

   

           (アラ・マルキアンとナタ・モレノ監督)

    

       

 

◎イベロアメリカ映画賞

La odisea de los giles監督セバスティアン・ボレンステイン(アルゼンチン)

Araña」『蜘蛛』監督アンドレス・ウッド(チリ)

El despertar de las hormigas」監督アントネジャ・スダサシ(コスタリカ)

Monos」『猿』監督アレハンドロ・ランデス(コロンビア)

 

   

             (現地入りした3人のスタッフ

    

   

◎ヨーロッパ映画賞

Les Misérabbles」『レ・ミゼラブル』 監督ラジ・リ(フランス)

Border」『ボーダー 二つの世界』 監督アリ・アバッシ(スウェーデン)

Portrait of a Lady on Fire 監督セリーヌ・シアマ(フランス)

Yesterday 監督ダニー-・ボイル(イギリス)

   

      

      

◎短編映画賞

Suc de Sindria監督イレネ・モライ

El nadador

Foreigner

Maras

Xiao Xian

 

     

        (イレネ・モライ監督と同伴した女優のエレナ・マルティン)

   

       

 

◎短編ドキュメンタリー賞

Nuestra vida como niños refugiados en Europa

   フアン・アントニオ・モレノシルビア・ベネガス

2001 destellos en la oscuridad

El infierno

El sueño europeo: Serbia

 

   

        (フアン・アントニオ・モレノ、シルビア・ベネガス

    

   

◎短編アニメーション賞

Madrid 2120ホセ・ルイス・キロスパコ・サエスニコラス・Matji

El árbol de las almas perdidad

Homomaquia

Muedra

 

          

 

    

★ゴヤ栄誉賞受賞者ペパ・フロレス<マリソル>の出席はなく、3人の娘セリア・フロレス、タマラ・ガデス、マリア・エステべがトロフィーを受取りました。スペインの歌姫アマイアが「Canción de Marisol」を詠唱しました。

   

     

 

   (左から、セリア、タマラ、マリアの3人娘)

   

  

            (「Canción de Marisol」を歌うアマイア) 

  

                    

                                         (マリソルの映像をバックに熱唱するアマイア)

     

★以上が受賞結果でした。赤絨毯でフォトコールされたシネアスト・リストは次回に回します。

 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aribaba39.asablo.jp/blog/2020/01/26/9206809/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。