第22回マラガ映画祭2019開幕*特別賞を受賞するシネアストたち ①2019年03月15日 18:08

       マラガの大賞「マラガ―スール賞」は俳優のハビエル・グティエレス

         

     

          (彩り鮮やかな第22マラガ映画祭2019のポスター)

 

★昨2018年は異例の4月開催でしたが、今年は以前の3月に戻りました。1998年に産声を上げたマラガ映画祭も22回目を迎えました。3152000時開幕、メイン司会者は俳優のルイス・サエラ、ハビエル・リモン&ネジャ以下ミュージシャンたちがバックを盛り立てるはずで、フィナーレを飾るのはマラガオペラ合唱団、オープニング作品はアレホ・フラのコメディTaxi a Gibraltar、マラゲーニョのダニ・ロビラ主演、ホアキン・フリエルイングリッド・ガルシア=ヨンソンなどが共演する。24日に結果発表があり閉幕します。お祭り好きのアンダルシアで、春を待ちかねた観客が押し寄せることでしょう。時差を考慮すると明日の朝に第一報が届くはずです。

 

       

     (左から、ホアキン・フリエル、イングリッド・ガルシア=ヨンソン、ダニ・ロビラ)

 

★昨年のマラガ-スール賞は、『シェイプ・オブ・ウォーター』がブレイクしたメキシコのギレルモ・デル・トロ監督でしたが、今年はスペインの俳優、アルベルト・ロドリゲスの『マーシュランド』(14)で、銀貝賞、ゴヤ賞、フォルケ賞、フェロス賞、サンジョルディ賞など貰える賞をひとり占め、最近ではハビエル・フェセルの「Campeones」に主演した俳優ハビエル・グティエレスが受賞することになりました。特別賞は5ありますが、トロフィー授与は各受賞者のスケジュールに合わせて映画祭開催中に渡される。キャリア&フィルモグラフィーはそれに合わせて紹介するとして、今回はそれぞれ受賞者名だけアナウンス順にアップしておきます。

 

マラガ―スール賞(117日発表)

ハビエル・グティエレス(アストゥリアス1971、俳優)2018年はギレルモ・デル・トロ

 

    

 

ビスナガ・シウダ・デル・パライソ賞(131日発表)

フリア・グティエレス・カバ(マドリード1932、女優)2018年はモニカ・ランダル

   

     

  

マラガ才能賞―マラガ・オピニオン(27日発表)

ラウル・アレバロ(マドリード1979、俳優・監督)2018年はロドリゴ・ソロゴジェン

 

     

 

レトロスペクティブ賞―マラガ・オイ(211日発表)

セシリア・ロス(ブエノスアイレス1956、女優)2018年はフアン・アントニオ・バヨナ

 

      

 

リカルド・フランコ―マラガ映画祭アカデミー賞(218日発表)

ラファエル・コボス(セビーリャ1973、脚本家・ショーランナー)

 

   

 

★今年の「金の映画」は、ホセ・ルイス・クエルダのコメディAmanece, que no es poco89)が公開30周年を記念して選ばれました。これは嬉しいサプライズと喜んでいるファンが多いことでしょう。

 

      

  (左から、アントニオ・レシネス、ルイス・シヘス、「Amanece, que no es poco」から)