スタンダップコメディ 『ダニ・ロビラの嫌悪感』*ネットフリックス配信2021年05月24日 17:44

            生れ故郷マラガで「Odio, Dani Rovira」と題してライブ

 

        

     

ダニ・ロビラHodgkin(ホジキンリンパ腫)という癌の診断を受けたのは、2020318日、スペイン政府が新型コロナウイリス蔓延のためロックダウンを宣言した4日後だったという。1週間後SNSで告知すると、友人知人はいうに及ばず見知らぬ人々からの励ましを受けて勇気づけられたという。Ocho apellidos vascos共演で意気投合、以来パートナーだったクララ・ラゴとの関係は、前年に終わっていた。リピーターを含めると約1000万人が映画館に足を運んだという、スペイン映画史上最高の収益をだした大ヒット作、二人で設立した慈善財団「Fundación Ochotumbao」の活動は続行している。それとこれは別ということです。クララの新恋人は歌手で俳優のホセ・ルセナということです。

 

 『ダニ・ロビラの嫌悪感』(原題Odio de Dani Rovira

★製作はNetflix、スタンダップコメディ、82分、ライブは20201114日、マラガのソーホー・カイシャバンク劇場 Teatro del Soho CaixaBank、今年のゴヤ賞2021のガラもこの劇場で開催された。2021212日から Netflix で配信が開始されている。

 

       

          (ソーホー・カイシャバンク劇場のライブ予告から)

 

★「パンデミックだけでなくがんと闘っている人々へのオマージュ」として企画された。称賛と批判あるいは嫌悪感は背中合わせであるのだが、かなりきわどい発言もあった。202011月といえばまだ新型コロナウイルスの真っただ中のはずですが、マスクこそしていましたが会場はほぼ満席に近かったように思え、コロナ禍対応の違いを感じさせた。ロビラが罹患したホジキンリンパ腫という癌は日本では多くないそうですが、治癒が難しいということです。多分本人的には九死に一生を得たということでしょう。40歳で迎えた第二の人生は幕が揚がったばかり、心身のバランスをとって、今後も私たちに笑いを届けてください。

 

ダニ・ロビラ198011月マラガ生れ、俳優、スタンダップコメディアン、TV司会者、慈善活動家。完全菜食主義者である。18歳で大学進学のためグラナダに移り、グラナダ大学では体育スポーツ科学を専攻した。26歳のとき本格的に俳優の道を目指してマドリードに移住、2004年テレビ界でスタートする。長編映画デビューは、2014年のエミリオ・マルティネス=ラサロのコメディOcho apellidos vascosの主役に起用され、一躍スターダムにのし上がった。ゴヤ賞2015の総合司会に抜擢され、自身も新人男優賞を受賞した。第2作は、台本を渡されたのはこちらのほうが先だったというマリア・リポルAhora o nunca15、邦題『やるなら今しかない!』)。ゴヤ賞ガラは3年連続で総合司会を務めたが、称賛と批判半々に疲労困憊、4回目は引き受けなかった。

 

        

        (ゴヤ賞2015新人男優賞のトロフィーを手にしたダニ・ロビラ)

    

以下に主な活躍を列挙すると(ゴチック体は当ブログ紹介作品)、

2015『オチョ・アペリードス・カタラネス』(「オチョ・アペリードス・バスコス」の続編)

2016100メートル』マルセル・バレナ監督

2017『ティ・マイ~希望のベトナム』パトリシア・フェレイラ監督

2018『スーパーロペス』ハビエル・ルイス・カルデラ監督

2018Miamor perdidaエミリオ・マルティネス=ラサロ監督

2019Taxi a Gibraltar」アレホ・フラ監督、マラガ映画祭2019のオープニング作品

2019Los Japón」アルバロ・ディアス・ロレンソ監督、マラガFF2019クロージング作品

2021『ジャングルクルーズ』ジャウム・コレット=セラ監督(ディズニー映画)

 

★邦題はネットフリックスで配信されたときのもの、『ジャングルクルーズ』の撮影は2018年と癌罹患前であるが、もともとの公開日(20207月)が、米国の新型コロナウイルス蔓延のため1年後に延期されていた。日米同時公開は20217月の予定。本作にはダニ・ロビラのほか、エドガー・ラミレス、キム・グティエレスなどがクレジットされている。キャリア詳細については、以下の作品で紹介しています。

  

Ocho apellidos vascos」の主な作品紹介は、コチラ20140327

『やるなら今しかない!』の作品紹介は、コチラ20150714

『オチョ・アペリードス・カタラネス』の作品紹介は、コチラ20151209

Miamor perdida」の作品紹介は、コチラ20181214