イシアル・ボリャインの新作「Soy Nevenka」*サンセバスチャン映画祭2024 ③2024年07月20日 16:04

     イシアル・ボリャインの「Soy Nevenka―セクション・オフィシアル①

 

       

  

★サンセバスチャン映画祭SSIFF「セクション・オフィシアル」にノミネートされたスペイン映画はイシアル・ボリャイン以下4作、全体像がはっきりするのは、年によって違いがあり、今年は8月に入ってからと思います。まずはスペイン映画を1作ずつアップしていきます。ボリャイン監督の「Soy Nevenka」は、今世紀初頭レオン県ポンフェラダ市で実際に起きた、スペイン最初のセクハラ訴訟、いわゆる「ネベンカ事件」に材をとっています。約20年後の2021年、既にマリベル・サンチェス≂マロトによって、ネットフリックス・ドキュメンタリー『ネベンカ・フェルナンデス:沈黙を破いて』Nevenka : Breaking the Silence3話)としてストリーミング配信されており、セクハラ事件のみならず、地方都市が抱える複雑な政治的体質を浮き彫りにしています。スペイン#metoo 運動の先駆けとなった事件を、SSIFF2021で「Maixabel」がノミネートされたボリャインがどのように料理するか期待したい。

Maixabel」マイシャベルの紹介記事は、コチラ20210805同年0921

 

      

     (TVミニシリーズ「Nevenka」ネットフリックス・ドキュメンタリー)

 

Soy Nevenka / Im Nevenka

製作:Kowalski Films / Feelgood Media / Nva Peli AIE / Gorbo Produzioni / 

   Movistar Plus

監督:イシアル・ボリャイン

脚本:イサ・カンポ、イシアル・ボリャイン、ネベンカ・フェルナンデス

音楽:シャビ・フォント

撮影:グリス・ホルダナ

編集:ナチョ・ルイス・カピリャス

美術:ミケル・セラノ

製作:コルド・スアスア、フアン・モレノ、ギジェルモ・センペレ

 

データ:製作国スペイン、2024年、スペイン語、100分、撮影地サモラ、ビルバオ、2024129日クランクイン、総予算460万ユーロ(ICAA援助120万ユーロ含む)、配給ブエナビスタ・インターナショナル、公開スペイン927

映画祭・受賞歴:第72回サンセバスチャン映画祭2024セクション・オフィシアル

 

キャスト:ミレイア・オリオル(ネベンカ・フェルナンデス)、ウルコ・オラサバル(イスマエル・アルバレス市長)、リカルド・ゴメス、カルロス・セラノ、ルシア・ベイガ、ルイス・モレノ、ハビエル・ガジェゴ、メルセデス・デル・カステーリョ、フォント・ガルシア、他

 

ストーリー2000年、24歳になったネベンカ・フェルナンデスは、ポンフェラダ市議会の財務担当の議員になった。政治的にも個人的にも自分の意思を貫くことに慣れていたイスマエル・アルバレス市長から執拗な性的嫌がらせに苦しんでいた。ネベンカは非常に高い代償を払わなければならないことを覚悟して告訴することを決意する。所属する国民党の議員でネベンカをサポートする人はなく、ポンフェラダの市民も市長側にまわり背を向けた。孤独な闘いに勇気をもって臨んだ若い女性のスペイン#Me Too 運動のパイオニアとなった実話。司法闘争には勝利したが、社会闘争には敗れたと評されたネベンカ事件の性差別、権力の力学が語られる。

    

      

       (撮影中の監督、ミレイア・オリオル、ウルコ・オラサバル)

 

★撮影がポンフェラダでなくサモラ市で行われたのは、ポンフェラダ市からのプロジェクトへの撮影許可が下りなかったためである。製作者は「近隣のサモラ市が協力を提供したのでサモラでの撮影を選択した」と語っている。この件に対してポンフェラダの社会労働党PSOEはポンフェラダ市を批判し、市長に説明を求めたと報じられた。2023年当時、ポンフェラダの市議会議員はPSOEが多数派を占めていたが市長は国民党PP であり、ネベンカ事件のしこりは解消されていない。

   

      

★コンペ部門にノミネートされたボリャイン監督は、「サンセバスチャン映画祭に行くのが楽しみです。今年は激戦が予想されますが、ネベンカも私たちに同行します。私たちにとっても、ネベンカにとっても、それはエモーショナルなことです」とインタビューに応えている。前作「Maixabel」では、バスク映画イリサル賞を製作者を代表してコルド・スアスアが登壇してトロフィーを受け取った。彼は新作も手掛けている。

 

ネベンカ・フェルナンデス・ガルシア19741025日生れ、経済学者、政治家(ポンフェラダ市議会議員19992000)。国民党のイスマエル・アルバレス市長に対してセクハラ行為で有罪判決を下した最初のスペイン人として知られている。2017年に台頭したスペインの#Me Too 運動のパイオニアとして記憶されることになる。サンパブロCEU大学経済学の学位取得、マドリードのコンプルテンセ大学で修士号取得。1999年の地方選挙で国民党より出馬して当選、ポンフェラダ市議会の財務担当の議員に就任。

   

   

  (ネベンカ・フェルナンデス、ネットフリックス・ドキュメンタリーから)

   

  

           (イスマエル・アルバレス市長)

 

ミレイア・オリオル1996年、カタルーニャのアルヘントナ生れ、女優。2018年ダビ・ビクトリのホラー「El Pacto」(『ザ・パクト~白蜘蛛の呪縛』)にベレン・ルエダの娘役で長編デビュー、ペドロ・コリャンテスの「El arte de volver」(20)でマカレナ・ガルシアやナチョ・サンチェスなど若手と共演する。カタルーニャTVシリーズ「Les de l'hoquei The Hockey Girls」(192026話)出演で認知度が上がり、セルヒオ・G. サンチェスのホラー・ミステリー『Alma / アルマ』(20229話)のアルマ役に繋がった。コメディ「La mirada de la Fiona」(236話)でもフィオナ役に起用されている。

   

    

        (ネベンカに扮したミレイア・オリオル、フレームから)

 

ウルコ・オラサバル1978年ビルバオ生れ、俳優、フィルム編集者。代表作はボリャインの「Maixabel」のルイス・カラスコ役、ゴヤ賞2022助演男優賞を受賞した。ハコボ・マルティネスのホラースリラー「13 exorcismos」(22)、パウラ・オルティスの「Teresa」(23)では、ブランカ・ポルテーリョが扮したアビラのテレサの父親役を演じた。アイトル・ガビロンドの「Patria」(208話)他、TVシリーズ出演も多い。

        

        

   

             (アルバレス市長に扮したオラサバル、フレームから)

 

イシアル・ボリャイン:上述の「Maixabel」ほか、『テイク・マイ・アイズ』(03)、「Mataharis」(07)、「Yuli」(18)の監督の主なキャリア&フィルモグラフィー紹介は、「En tierra extraña」(14)、『オリーブの樹は呼んでいる』(16)、「La boda de Rosa」(20)などでアップしていますので割愛します。

      

   

『オリーブの樹は呼んでいる』の紹介記事は、コチラ20160719

La boda de Rosa」の紹介記事は、コチラ20200321

金貝賞を競うコンペティション部門ノミネート*サンセバスチャン映画祭2024 ②2024年07月15日 14:42

       イシアル・ボリャイン、アルベルト・セラ・・・4作がノミネート

   

       

 

712日、第72回サンセバスチャン映画祭2024920日~28日)のセクション・オフィシアル(例年通り4作)、同セクション特別上映作品(2作)、アウト・オブ・コンペティション1作、ニューディレクター(4作)、サバルテギ-タバカレア(3作)、ベロドロモ1作など各部門のスペイン映画のノミネーション発表がありました。スペイン以外は後日の発表になります。

 

★金貝賞を競うコンペティション部門にあたるセクション・オフィシアルには、イシアル・ボリャイン(マドリード1967)の「Soy Nevenka / Im Nevenka」、アルベルト・セラ(Banyoles1975)の「Tardes de Soledad」、ピラール・パロメロ(サラゴサ1980)の「Los destellos / Glimmers」、ペドロ・マルティン≂カレロ(バジャドリード1983)のデビュー作「El llanto / The Wailing」の4作です。

   

 

   (イシアル・ボリャイン、ペドロ・マルティン≂カレロ、ピラール・パロメロ、

    アルベルト・セラ)

   

★セクション・オフィシアルでも賞に絡まないアウト・オブ・コンペティションにはアラウダ・ルイス・デ・アスア(バラカルド1978)のTVミニシリーズ「Querer」(4話)が選ばれました。また特別上映枠には、ハビエル・ギネル(バラカルド1977)とエレナ・トラぺ(バルセロナ1976)の「Yo, adicto / I Addict」(6話)、それぞれ3話ずつ監督します。もう1作のパウラ・オルティスの「La virgen roja / The Red Virgin」には、ナイワ・ニムリとアルバ・プラナスが主演、監督と3人でフォトコールに応じていました。

    

     

   (アラウダ・ルイス・デ・アスア、ハビエル・ギネル、パウラ・オルティス)

 

★未だ開催までに時間的余裕があるので、何回かに分けて紹介していきます。以下の写真はノミネート発表当日のセクション・オフィシアル関連のフォトコール集です。

   

   

    (ミレイア・オリオル、イシアル・ボリャイン監督、ウルコ・オラサバル

     「Soy Nevenka / Im Nevenka」)

   

  

 (リカルド・サレス、ペドロ・パラシオス、アルベルト・セラ監督、モンセ・トリオラ、

  ルイス・フェロン、「Tardes de Soledad」)

    

  

      (アントニオ・デ・ラ・トーレ、パトリシア・ロペス・アルナイス、

  ピラール・パロメロ監督、マリナ・ゲロラ、フリアン・ロペス、「Los destellos」)

 


         (エドゥアルド・ビリャヌエバ、クリスティナ・スマラガ、

    ペドロ・マルティン≂カレロ監督、フェルナンダ・デル・ニド、「El llanto」)

    

  

 (ミゲル・ベルナルデアウ、ナゴレ・アランブル、アラウダ・ルイス・デ・アスア監督、

  ペドロ・カサブランク、イバン・ペリセル、「Querer」)

    

    

  (ハビエル・ギネル監督、ソフィア・ファブレガス、「Yo, adicto / I Addict」)

   

 

 (ナイワ・ニムリ、パウラ・オルティス監督、アルバ・プラナス、「La virgen roja」)

  

    

  (本祭総ディレクターのホセ・ルイス・レボルディノス、イグナシ・カモスICAA

  コンセプシオン・カスカヨセRTVE、映画アカデミー副会長ラファエル・ポルテラ)


第66回アリエル賞2024(メキシコ)*ノミネーション発表2024年07月12日 11:22

                  リラ・アビレスの「Tótem」が最多15ノミネーション

 

         

 

619日、第66アリエル賞2024のノミネーション発表がありました。来月には『夏の終わりに願うこと』の邦題で劇場公開されるリラ・アビレスの「Tótem」が、作品賞、監督賞、脚本賞を含む最多ノミネーション15個とぶっちぎり、97日の授賞式を待つまでもなく作品賞はほぼ決まりでしょう。数が多くても空振りに終わることも多々ありますが、今回は予想通りになると思います。つづくのがダビ・ソナナの「Heroico」とエリサ・ミジェルの「Temporada de huracanes」の11個です。俳優賞は同一カテゴリーに複数ノミネートされることからカテゴリー数と一致しません。今回の「Tótem」で言うと、女優共演者賞に3人、新人俳優賞に2人が複数ノミネートされています。

選考母体はハリスコ州政府とメキシコ映画アカデミー(AMACC)、2023年中に製作された作品が対象、授賞式は97日、ハリスコの州都グアダラハラのデゴジャド劇場で開催されます。

   

         

        (最多15ノミネーションの日本語版「Tótem」ポスター)

 

★他の作品賞5作品には、タティアナ・ウエソの「El Eco」(7個)とディエゴ・デル・リオの「Todo el silencio」(6個)がノミネートされています。前者はドキュメンタリーの要素が多いことから長編ドキュメンタリー部門にもノミネートされ、後者は監督デビュー作なのでオペラ・プリマ部門にもノミネートされています。両作ともこちらで受賞する確率が高そうですが、アビレス、ミジェル、ウエソと3人の女性監督ノミネートが話題になっています。大分先になりますが、結果発表を予定しています。

   

   

             (作品賞ノミネート5作品)

 

★当ブログで作品紹介をすることの多いイベロアメリカ映画賞には、ノータッチ作品が含まれていますが、以下の5作がノミネートされています。

Al otro lado de la niebla」(エクアドル)監督セバスティアン・コルデロ

La hembrita」(ドミニカ共和国)同ラウラ・アメリア・グスマン

La sociedad de la nieve」(スペイン『雪山の絆』)同J.A. バヨナ

Los colonos」(チリ『開拓者たち』)同フェリペ・ガルベス

Puan」(アルゼンチン)同マリア・アルチェ  ベンハミン・ナイシュタット

 

 関連記事・管理人覚え

Tótem」の紹介記事は、コチラ20230831

Heroico」の紹介記事は、コチラ20230831

El Eco」の紹介記事は、コチラ20230823

『雪山の絆』の紹介記事は、コチラ202311041114

『開拓者たち』の紹介記事は、コチラ20230515

Puan」の紹介記事は、コチラ20230715

ミシェル・フランコの最新作「Memory」*ベネチア映画祭20232024年07月08日 11:24

     ジェシカ・チャステイン主演の傷ついたラブストーリー「Memory

 

       

 

★昨年の第80回ベネチア映画祭2023の記事など今更の感無きにしも非ずですが、メキシコの監督ミシェル・フランコの長編8作目Memory」の紹介です。主演がジェシカ・チャステインピーター・サースガードということですから言語は英語です。若年性認知症を患っている主人公を演じたサースガードがベネチアの男優賞ヴォルピ杯を受賞しています。ベネチアにはサースガードと結婚した女優で2021年に『ロスト・ドーター』で監督デビューも果たしたマギー・ジレンホール(英語読みギレンホール)も出席していた。

   

  

      (左から、ミシェル・フランコ監督、ジェシカ・チャステイン、

       ピーター・サースガード、ベネチア映画祭2023フォトコール

  

★第77回ベネチア映画祭2020銀獅子審査員グランプリ受賞のNuevo orden」(20、『ニューオーダー』公開)以来、フランコ映画は記事にしておりませんでした。翌2021年、同じベネチアFFにノミネートされた7作目Sundown」(メキシコ・スイス・スウェーデン)は、舞台をメキシコのアカプルコに設定していますが、キャストはティム・ロスとシャルロット・ゲンズブール、言語は英語とスペイン語でした。メキシコのイアスア・ラリオスがベレニス役で共演していました。ラリオスは最近発表になったアリエル賞2024で最多ノミネーション15部門のリラ・アビレスの「Tótem」に出演している演技派女優、TVシリーズ出演が多そうで受賞歴はありませんが、ポストプロダクションで主役に起用されている映画が目白押しで将来が楽しみです。

6作目『ニューオーダー』(20)の紹介記事は、コチラ20220613

Tótem」(23)の作品紹介は、コチラ20230831

 

ミシェル・フランコ(メキシコシティ1979の主なキャリア&フィルモグラフィー紹介は、以下にアップしております。監督にとどまらず制作会社「Teoréma」を設立して、プロデューサーとしてラテンアメリカ諸国(ロレンソ・ビガスの『彼方から』『箱』など)や独立系の米国映画(ソフィア・コッポラの『オン・ザ・ロック』など)に出資して映画産業の発展に寄与しています。

4作目『ある終焉』(16)は、コチラ2016061518

5作目『母という名の女』(17)は、コチラ20170508

 

   

 Memory

製作:High Frequency Entertainment / Teoréma / Case Study Films / MUBI / 

   Screen Capital / The Match Factory

監督・脚本:ミシェル・フランコ

撮影:イヴ・カペ

編集:オスカル・フィゲロア、ミシェル・フランコ

キャスティング:スーザン・ショップメーカー

プロダクションデザイン:クラウディオ・ラミレス・カステリ

製作者:エレンディラ・ヌニェス・ラリオス、ミシェル・フランコ、ダンカン・モンゴメリー、アレックス・オルロフスキー

 

データ:製作国メキシコ、米国、2023年、英語、ドラマ、103分、撮影地ニューヨーク、公開米国、イギリス、アイルランド、イタリア、トルコ、ポーランド、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、デンマーク、スウェーデンなど多数

映画祭・受賞歴:第80回ベネチア映画祭2023コンペティション部門ノミネート、男優賞ヴォルピ杯受賞(ピーター・サースガード)、キャスティング・ソサエティ・オブ・アメリカ(キャスティング賞スーザン・ショップメーカー)、トロントFF、チューリッヒFF、シカゴFF、モレリアFF、ほかBFIロンドン、シンガポール、シドニー、各映画祭で上映されてる。

 

キャスト:ジェシカ・チャステイン(シルビア)、ピーター・サースガード(ソール・シャピロ)、メリット・ウェヴァー(シルビアの姉妹オリビア)、ジェシカ・ハーパー(シルビアの母親サマンサ)、ブルック・ティムバー(シルビアの娘アンナ)、ジョシュ・チャールズ(ソールの兄弟アイザック)、エルシー・フィッシャー(サラ)、他多数

 

ストーリー:シルビアとソールの物語。シルビアは10代の娘を育てているシングルマザー、ソーシャルワーカーとして忙しい毎日を送っている。克服しようとしているアルコール依存症は、幼少期の虐待の結果による。姉妹のオリビアとは関係を保っているが、母親サマンサとは疎遠になっている。ソールは最近妻を亡くして兄アイザックと暮らしている。記憶が少しずつあいまいになっていく若年性認知症に直面して落胆の日々を過ごしている。シルビアは高校の同窓会の帰途、先輩だったソールにストーカーされる。シルビアはかつて彼女をレイプしようとした少年たちの一人と間違える。二人の漂流者の意外な出会いは、シルビアの日常生活に混乱を生じさせてくる。多くの記憶を覚えている人と記憶を忘れ始めている人のあいだのラブストリー。

   

    

     (ジェシカ・チャステインとピーター・サースガード、フレームから)

   

     「チャステインはハリウッドでもっとも輝いている女優」と監督

 

★記憶に優れている人とすべてを忘れてしまう人との間の愛は不可能な物語になるが、その行きすぎた世界観に誠実に向き合う。最初の出会いの一連の不幸は、直ぐに誤解であることが分かる。トラウマに囚われている男と女をテーマを撮りつづけている監督にとって、それだけでは充分ではないでしょう。監督は登場人物の立ち位置を外見が異なるだけの社会的文脈に設定し、彼らの出会いにある一定の意味を与えて、心の傷を掘り下げ癒すのではなく、反対にトラウマを追加していく。

   

      

   

            (シルビアとソール、フレームから)

   

★インタビューでジェシカ・チャステイン起用の理由を質問された監督は、「チャステインが今ハリウッドでもっとも輝いている女優だから」と応じている。彼女が相手役ソールにピーター・サースガードを推薦したそうで、本作が二人の初共演の由。ジェシカ・チャステインは1977年カリフォルニア州サクラメント生れ、女優、製作者。キャスリン・ビグローの『ゼロ・ダーク・サーティ』12)主演でゴールデングローブ賞を受賞、製作も兼ねたマイケル・ショウォルター『タミー・フェイの瞳』21)でアカデミー主演女優賞を受賞している。

 

        

★女性の権利を守る活動家でもあり、映画で語られる現実とかけ離れた女性像に落胆しているフェミニスト。昨年、全米映画俳優組合のストライキ中にベネチア映画祭に出席するに際し、かなり躊躇した由。組合員がストライキ中に過去現在にかかわらず「出演した映画の宣伝をすることは禁じられている」からです。しかし本作が資金不足のインディペンデント映画であったことで了解されたという。というわけで「SAG-AFTRA ON STRIKEとプリントされたTシャツを着てフォトコールに出席した。

SAG-AFTRA(サグ・アフトラ)映画俳優組合・米テレビ・ラジオ芸術家連盟、米国の労働組合。

   

       

    (ジェシカ・チャステイン、ベネチア映画祭202398日、フォトコール)

 

★ピーター・サースガードは、1971年イリノイ州ベルビル生れ、俳優。ビリー・レイの『ニュースの天才』03)で全米映画批評家協会助演男優賞受賞、サム・メンデスの『ジャーヘッド』(05)、イギリス映画でロネ・シェルフィグの『17歳の肖像』(09)、ロバート・F・ケネディに扮したパブロ・ララインの『ジャッキー/ファーストレディ』(16)、他ヴィーナ・スードの『冷たい噓』(20)に主演、上述したように妻マギー・ジレンホールが監督デビューした『ロスト・ドーター』にも出演、本作でジレンホールがベネチア映画祭2021の脚本賞を受賞しており、夫妻にとってベネチアは幸運を呼ぶ映画祭となった。『ジャーヘッド』で共演したジェイク・ギレンホールは義弟になる。

   

      

   (マギー・ジレンホールとピーター・サースガード、ベネチア映画祭2023

 

        

       (ヴォルピ杯のピーター・サースガード、同映画祭授賞式)

 

スタッフ紹介:メキシコ・サイドの製作者エレンディラ・ヌニェス・ラリオスは、フランコと一緒に『ニューオーダー』、ソフィア・コッポラの『オン・ザ・ロック』や、サンセバスチャンFF2023 オリソンテス・ラティノス部門にノミネートされた、ダビ・ソナナの「Heroico / Heroic」を手掛けている。米国のダンカン・モンゴメリーは、チャーリー・マクダウェルの『運命のイタズラ』(22)、サンセバスチャン映画祭2015で監督のピーター・ソレットがセバスティアン賞を受賞した『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』(15)などが字幕入りで鑑賞できる。

    

  

     (右2人目がエレンディラ・ヌニェス、右端は映画祭ディレクターの

      ダニエラ・ミシェル、モレリア映画祭2023フォトコール)

 

★フランコが信頼して撮影を任せているのがイヴ・カペ1960年ベルギー生れ、フランコ映画では『ある終焉』、『母という名の女』、『ニューオーダー』、「Sundown」と連続してタッグを組んでいる。公開作品が多いフランス、ベルギー映画では、レオス・カラックスの『ホーリー・モーターズ』(12)を筆頭に、時系列に列挙するとマルタン・プロボの『ヴィオレット ある作家の肖像』(13)、『ルージュの手紙』(17)、セドリック・カーンのコメディ『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』(19)、エマニュエル・ベルコの『愛する人に伝える言葉』(22)などがある。


第72回サンセバスチャン映画祭2024*ポスター発表 ①2024年07月01日 16:00

         映画祭の顔にドノスティア栄誉賞受賞者ケイト・ブランシェット

 

    

 

★まだ大分先の話になりますが、今年の第72回サンセバスチャン映画祭(920日~28日)の顔にケイト・ブランシェットが選ばれ、同時にドノスティア栄誉賞を受賞します。昨年、全米脚本家組合と俳優組合のストライキに賛同して授与式を2024年に延期していたハビエル・バルデムも今年は現れるはずです。

ハビエル・バルデムの栄誉賞授与式延期の記事は、コチラ20230914

 

★ケイト・ブランシェットをあしらったセクション・オフィシアル(コンペティション部門)のメインポスター以下、各セクションのポスターも一挙に発表になりました(59日)。ノミネートは先になりますが、コンペティション部門のオープニング作品が、レバノン出身のフランスの監督オドレイ・ディヴァンの「Emmanuelle」に決定しています。エマニュエル・カルサン(19322005)の同名小説の映画化、1974年にジュスト・ジャカンによって映画化され世界的な大ヒットとなった。同年『エマニエル夫人』の邦題で公開され、昨2023年暮には製作50周年を記念して4Kレストア版をリバイバル公開している。

   

    

           (オドレイ・ディヴァン、ベネチア映画祭2021ガラ)

 

★オドレイ・ディヴァン(ディワン、1980)は、「LEvénement / Happening」で第78回ベネチア映画祭2021金獅子賞を受賞した注目の監督、受賞作は翌年『あのこと』の邦題で公開されている。アニー・エルノーの同名小説の映画化、翻訳書も刊行されている(『事件』ハヤカワ文庫)。一方、新作は最初主役のエマニュエルにレア・セドゥがアナウンスされていたが、その後『燃ゆる女の肖像』のノエミ・メルランに変わり、ナオミ・ワッツ、ウィル・シャープ、ジェイミー・キャンベル・バウアーなどが共演している。

ベネチア映画祭2021金獅子賞の記事は、コチラ20210915

 

★第72回サンセバスチャン映画祭2024の主なポスターをアップしておきます。

     

   

(コンペ部門のポスターをお披露目するホセ・ルイス・レボルディノス総ディレクター)

   

  

 (今年の映画祭の顔ケイト・ブランシェットをあしらったセクション・オフィシアル)

   

   

             (オリソンテス・ラティノス部門)

    

    

 (サバルテギ-タバカレア部門、アニメ、ドキュメンタリーなどジャンルを問わない)

   

   

        (ペルラス部門、本祭以外の今年度の受賞作や話題作)

    

   

              (ニューディレクター部門)

    

     

             (ネスト部門、30分以内の短編)

    

  

     (メイド・イン・スペイン部門、既に公開されているスペインの話題作)

  

アロンソ・ルイスパラシオスにバレンシア・ルナ賞*シネマ・ジュピター2024年06月29日 17:59

      『グエロス』のアロンソ・ルイスパラシオスがバレンシア・ルナ賞

   

       

      (受賞者アロンソ・ルイスパラシオス、バレンシアFF 621日)

 

621日、2014『グエロス』で鮮烈デビューを果たした、メキシコのアロンソ・ルイスパラシオス監督(メキシコシティ1978)が、バレンシアの第39回シネマ・ジュピター・フェスティバルで「バレンシア・ルナ賞」を受賞しました。本賞は過去のキャリアよりこれからの活躍が期待される独創的なシネアストに与えられる賞です。マラガ映画祭の特別賞の一つ「才能賞」に似ています。昨年トロフィーを受け取るためにバレンシアにやってきたのは、今年のカンヌ映画祭で「Anora」(1030日公開予定)で初めてパルムドールに輝いたショーン・ベイカー(ニュージャージー1971)でした。

 

★フェスティバルは、授賞理由として作品が「新鮮さ、知性、ヒューマニズム」に貢献し、「非常に異なるキャラクター、特に互いに相反する精神に対しても惜しみない理解を示した」こと、「現代メキシコの有為転変の大いなる記録者であり、皮肉やユーモアを失うことなく日々の不条理を活写した」ことなどをあげております。ルイスパラシオスは「とても感動して興奮しています。大人になりたくない登場人物という点で、私の映画には青春の要素があると思います。テーマの一つにピーターパン症候群のようなものがあります」と語っている。

 

★メキシコのボブ・ディランを探すロードムービー『グエロス』の登場人物がそうでした。デビュー作の成功で、第2作「Museo」にガエル・ガルシア・ベルナルを起用することができました。既に作品紹介で書きましたように、この物語は1985年のクリスマスイブにメキシコ人類学歴史博物館で起きた150点にものぼる美術品盗難事件にインスパイアされたもので、ベルリン映画祭で脚本賞を受賞しました。つづく第3作「Una película de policías」も、ベルリン映画祭2021の映画貢献銀熊賞を受賞、『コップ・ムービー』の邦題でNetflixで配信されています。ドキュメンタリーとジャンル分けされていますが、個人的にはドラマドキュメンタリー(ドクドラ)、フィクション性の高いユニークなドラマの印象です。2人の警察官に扮するモニカ・デル・カルメンラウル・ブリオネスの演技に注目です。

  

『グエロス』の作品紹介は、コチラ20141003

Museo」の作品紹介は、コチラ20180219

Una película de policías」『コップ・ムービー』の紹介は、コチラ20210828

    

       

(第4作「La cocina」のポスター)

 

★第4作がアメリカで撮った「La cocina」(24139分、モノクロ、メキシコ=米国合作)で、言語は英語とスペイン語、前作『コップ・ムービー』主演のラウル・ブリオネスと『ドラゴン・タトゥーの女』やトッド・ヘインズの『キャロル』でカンヌ映画祭2015女優賞を手にしたルーニー・マーラが主演しています。いずれ作品紹介を予定していますが、イギリスのアーノルド・ウェスカーの戯曲 The Kitchen 1957)がベースになっている。20世紀半ばのロンドンから現代のニューヨークのタイムズスクエアに舞台を移しかえている。ランチタイムのラッシュ時に、世界中の文化が混ざりあうレストランの厨房で働く移民の料理人たちの生活を描いた群像劇。監督はロンドンの王立演劇学校で演技を学んでいたとき、レストランでアルバイトしていたときの経験が役に立ったと語っています。本作はベルリンFFコンペティションでプレミアされ、トライベッカ映画祭のワールド・ナラティブ・コンペティションにもノミネートされました。いずれ公開されるでしょう。

    

    

 (左から、製作者ラミロ・ルイス、アンナ・ディアス、ラウル・ブリオネス、

 ムーニー・マーラ、ルイスパラシオス監督、ベルリン映画祭2024のフォトコール)

  

 

  「メキシコで文化が贅沢品でないと見なされることを願っています」と監督

   

★「ハリウッドで仕事をしても、自分はメキシコを離れることはありません。ハリウッドに移住してグリンゴの物語を撮ることに興味はありません」と強調している。先だってのメキシコ大統領選挙で勝利を手にした新大統領クラウディア・シェインバウム101日付で就任します。彼女の助言者である現大統領アンドレス・ロペス・オブラドールとの決別を願う監督は、「女性が遂にこのような権力の座についたことは喜ばしい。人によってはいろいろ感情が入り混じることですが、メキシコが必要としていたことです。現大統領との繋がりが深いため事態はより複雑ですが、関係を断ち切ることを願っています。彼から独立して自由になることを信じています」と。

    

     

     (バレンシア・ルナ賞の受賞スピーチをするルイスパラシオス監督)

 

★現大統領の6年の任期が「文化に背を向けてきた」と指摘する監督は、「文化が贅沢だと見るのを止める」よう求めた。文化が贅沢品で生活必需品ではないという文化軽視は、多かれ少なかれどこの国でもスペインでも日本でも見られる現象ですが、監督は「メキシコ映像ライブラリーが果たす役割の重要性」を受賞スピーチで強調しました。メキシコに変化があることを認める監督は、それでも「道のりはまだ遠い」と語り、映画を作るのはお金がかかることなので誰でも可能ではないが、「映画は私にとって抗議の手段なのです」ともコメントしている。

 

★私生活では女優イルセ・サラスとの間に2人の息子がいる。『グエロス』や「Museo」出演の他、『グッド・ワイフ』(18)、TVシリーズ『犯罪アンソロジー:大統領候補の暗殺』(19)、ロドリゴ・ガルシアの『Familia:我が家』(23)主演などで、日本では監督より認知度が高いかもしれない。

   

     

         (監督とイルセ・サラス、ベルリン映画祭2018


アルモドバルの新作「The Room Next Door」*スペインサイドのキャスト発表2024年06月18日 18:24

       英語で撮られた最初の長編映画――今年1018日公開予定

   

        

      (撮影中のティルダ・スウィントン、監督、ジュリアン・ムーア) 

   

612日、待たれていたスペイン・サイドのキャストと公開予定日が同時に発表になりました。アルモドバルの長編23作目となる「The Room Next Door」(スペイン題「La habitación de al lado」)は、英語で撮る最初の長編になります。主役の二人、娘との関係で悩んでいる従軍記者マーサを演じるティルダ・スウィントン、その親友の自伝的小説家イングリッドになるジュリアン・ムーア、ほかジョン・タトゥーロ2月に発表になっており、スペイン側キャストのアナウンスが待たれていました。

 

★共演者は、複雑なキャラクターを演じる能力で知られるフアン・ディエゴ・ボット、その抜群の演技力でカリスマ性を発揮してきたラウル・アレバロ、目下人気上昇中のメリナ・マシューズ、映画のみならず舞台テレビでの豊富な経験をもつビクトリア・ルエンゴ4名が参加、いずれもキャリア、知名度、演技力のレベルの高さは申し分ないでしょう。男性陣二人は揃って監督デビューしており、それが吉と出るかどうか興味も尽きない。産業界は興行収入での成功も当てにしているようですが、コロナ禍で映画館への足が遠退いてしまった大衆を再び呼びもどすことができるでしょうか。まだ詳細は見えてきませんが現時点で分かっていることを紹介しておきます。

 

The Room Next Door」(「La habitación de al lado」)

製作:El Deseo  協賛Movistar Plus

監督・脚本:ペドロ・アルモドバル

音楽:アルベルト・イグレシアス

撮影:エドゥアルド・グラウ

編集:テレサ・フォント

製作者:アグスティン・アルモドバル

 

データ:製作国スペイン、2024年、英語、ドラマ、撮影地マドリード、ニューヨーク、配給ワーナー・ブラザース、公開スペイン20241018日予定、ほか米国、イタリア、イギリス、ドイツ、中欧、ポーランドを除く東欧、北欧、ラテンアメリカ諸国、その他が予定されている。公開後のネット配信はMovistar Plus+が独占配信する。

 

キャスト:ティルダ・スウィントン(マーサ)、ジュリアン・ムーア(イングリッド)、ジョン・タトゥーロ、アレッサンドロ・ニヴォラ、フアン・ディエゴ・ボット、ラウル・アレバロ、メリナ・マシューズ、ビクトリア・ルエンゴ、ほか

 

あらすじ:大きな誤解によって常に緊張関係にある母と娘の物語。二人の間には母親マーサの友人であるオートフィクションの小説家イングリッドが、二人の痛みと苦い思いのもとになっている。マーサは戦争の報道記者で、この映画は戦争の際限のない残酷さについて、二人の作家が現実にアプローチして書く全く異なる方法について、恐怖と打ち勝つための最良の味方としての死、友情、性的快楽についてが語られる。また二人の友人は、ニューイングランドの自然保護区のなかに建てられた家で、鳥のさえずりで目覚め、奇妙に甘やかな時を過ごすことも語られる。(製作者の説明の要約)

     

          

        (ジュリアン・ムーア、監督、ティルダ・スウィントン

 

★アルモドバルは、英語映画としてジャン・コクトーの戯曲「人間の声」を映像化した短編『ヒューマン・ボイス』20、30分、日本公開2022年)、イーサン・ホークとペドロ・パスカルがガンマンに扮したウエスタン『ストレンジ・ウェイ・オブ・ライフ』23、31分、日本公開2024年)の2作を撮っているが、短編ながら劇場公開になった。長編映画は今作が初となり、前者に主演したイギリスのティルダ・スウィントンを再びオファーした。オートフィクションの小説家役のジュリアン・ムーアは、「いつも、いつも、いつも、ペドロ・アルモドバルと仕事をしたいと思っていた。それもマドリードでティルダ・スウィントンと一緒だなんて、なんて幸運なの!」と、エモーショナルなコメントをしている。

 

     

    

  (斧を物色するティルダ・スウィントン、『ヒューマン・ボイス』のフレームから)

    

★オートフィクションというのは自伝的小説と翻訳されるが、いわゆる私小説とは違って、作者を主人公にして自分自身の人生を語るが、あくまでもフィクションです。ジュリアン・ムーアは『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(カンヌFF2014)、『エデンより彼方に』(ベネチア2002)、『めぐりあう時間たち』(ベルリン2002)と三大映画祭で女優賞を受賞、『アリスのままで』(14)でゴールデングローブ賞とアカデミー賞の主演女優賞を受賞して、貰える賞はすべて手にしている。

   

   

     (ジュリアン・ムーアを配した『アリスのままで』のポスター)

 

★今秋10月公開ということですから間もなくです。スペイン・サイドのキャスト&スタッフ紹介は、もう少し全体像が見えてきてからアップします。今回は過去の紹介記事をアップしておきます。

 

『ヒューマン・ボイス』の紹介記事は、コチラ20200217同年0816

『ストレンジ・ウェイ・オブ・ライフ』の作品紹介は、コチラ20230504

フアン・ディエゴ・ボットのキャリア紹介は、コチラ20220903

ラウル・アレバロのキャリア紹介は、コチラ⇒2016年02月2620170109

ビクトリア(ヴィッキー)・ルエンゴの出演作「Suro」は、コチラ20220801

 

映画国民賞2024に製作者マリア・サモラ*スペイン映画賞2024年06月16日 14:45

2024年の映画国民賞はヒット作を連発しているマリア・サモラが受賞

   

       

      (インディペンデント映画製作者マリア・サモラの近影)

 

★今年の映画国民賞は、インディペンデント映画製作者マリア・サモラ(バレンシア1976)が受賞することになりました。映画国民賞の選考母体は文化スポーツ教育省で、副賞は30,000ユーロと控えめですが、毎年一人という名誉ある賞です。ほかにスポーツ、文学、科学など各分野ごとに選ばれます。映画部門の審査員は文化省とスペイン映画アカデミーなどで構成されます。基本的に年齢に拘らず、前年に活躍した人から選ばれることが多い。

 

★今年の受賞者は、昨年の受賞者カルラ・シモンの「Alcars」(22)やハイオネ・カンボルダがガリシア語で撮った「O corno」(23)などを手掛けています。前者でベルリン映画祭金熊賞を受賞した初のスペイン女性プロデューサーとなりました。後者はサンセバスチャン映画祭で金貝賞を受賞、製作者でもあったカンボルダ監督、もう一人の製作者アンドレア・バスケス3人で喜びを分かち合いました。本作は東京国際映画祭2023ワールド・フォーカス部門バスク映画特集で『ライ麦のツノ』として上映されました。

映画国民賞の授与式は、第72回サンセバスチャン映画祭2024の開催中に行われ、プレゼンターは選考母体である文化省の大臣です。

    

      

   (金熊賞受賞のマリア・サモラとカルラ・シモン、ベルリン映画祭2022ガラ)

     

        

       (金貝賞受賞のマリア・サモラ、サンセバスチャンFF2023、プレス会見)

 

★授賞理由は、マリア・サモラは「国際市場におけるスペインの独立系映画の存在感を高め、感受性豊かで多様性のある視点に影響を与えている」こと、「サンセバスチャン映画祭で金貝賞を受賞し、2024年のゴヤ賞で8部門ノミネートされた複数の作品」を手掛けたことを挙げている。複数の作品の一つが『ライ麦のツノ』(新人女優賞受賞ジャネット・ノバス)、ほかにアルバロ・ガゴの「Matria」(新人監督・主演女優賞)やエレナ・マルティン・ヒメノがガウディ賞を制覇するもゴヤ賞はノミネートに終わった「Creatura」(監督・助演男優・助演女優・新人女優賞)などが含まれます。

 

                  

         

     

 

★審査員は以前から危険を顧みずに無名のプロジェクトに支援を続ける独立系の制作会社に光を与えたいと考えていたようでした。それも監督や俳優のように常に脚光を浴びる存在ではなく、縁の下の力持ちである製作者を選びたかったそうです。というのも製作者が選ばれたのは2018年、アルモドバル兄弟が設立した「エル・デセオ」のエステス・ガルシアまで遡る必要があったからです。彼女が女性プロデューサーの初の受賞者でした。

エステル・ガルシアの紹介&授与式の記事は、コチラ201809170926

  

★マリア・サモラは、1976年バレンシア生れの47歳、プロデューサー。バレンシア大学で企業経営と運営管理を専攻、視聴覚制作管理の修士号を取得した。2000年、バレンシアのテレビ局チャンネル9(現チャンネルNou)でキャリアをスタートさせる。2001年、マドリードに移り、アバロン・プロダクションのプログラム・アシスタント、プロデューサーとして働く。20075月、アバロンPCの創設メンバーとなり、エグゼクティブディレクターとなる(~2021)。

 

★初期には、ダニエル・サンチェス・アレバロ(04Física II」)、ダビ・プラネル(05Ponys」)、ベアトリス・サンチス(08La clase」、10La otra mitad」)、カルラ・シモン(19Después también」)などの短編を手掛けている。その後ダビ・プラネルの「La vergünza」、ベアトリス・サンチスの「Todos están muertos」、カルラ・シモンの『悲しみに、こんにちは』などの長編で成功をおさめている。

 

2021年にアバロンPCを退社、エンリケ・コスタ(アバロンの配給会社兼パートナー)とエラスティカ・フィルム Elastica Films を設立、独立系の主に女性監督の映画を手掛ける。その1作目がカルラ・シモンの「Alcarràs」で、幸先よくベルリンの金熊賞を受賞する。続いてカンボルタの『ライ麦のツノ』、アルバロ・ガゴのデビュー作「Matria」、エレナ・マルティン・ヒメノの「Creatura」と先述した通りの快進撃、今年から来年にかけて、話題作が目白押しである。シモンの3作目「Romería」は撮影も終わり、ロドリゴ・ソロゴジェンのパートナーで『おもかげ』に主演したマルタ・ニエトを監督として長編デビューさせるようです。

 

★マリア・サモラはインタビューで「製作する映画を選ぶ理由は常に同じとは限りません。脚本だけに拘るわけではないのです。しかし決して安易な決定ではなく、それらがありきたりでなく語られるに値するストーリーのあることが決め手です。自分にインパクトをあたえたり共鳴したりするプロジェクトであれば、興味を持ってくれる人が増えるのではないかと思っているからです」と語っている。一例としてカルラ・シモンの『悲しみに、こんにちは』を挙げている。本作のメインのプロデューサーは、バレリー・デルピエールでしたが、サモラも共同プロデューサーとして参画しています。脚本の要約を読んだとき「嘘が微塵もなかったことに感銘を受けました。瞬時に共感できる真実があり、まさにそれは純金でした」と、エルパイスのインタービューに応えている。

 

★サモラは長いあいだ女性監督とタッグを組んできた理由として、「男女間の平等の欠如を懸念していた時期があり、そのことが女性監督をサポートしてきた理由」であることを認めている。これからは「多様性に焦点を当てて、新しいジャンル、新しい視点、あまり馴染みがない、自分にとって居心地がよくない場所から語られる物語も探求したい。しかし、それは挑戦です」と。まだ公表できる段階ではないが、3つのプロジェクトが進行中ということでした。

   

審査員の紹介:審査委員長はイグナシ・カモス・ビクトリアICAA映画視聴覚芸術研究所長官)、カミロ・バスケス・ベリョICAA副長官)、理事としてフアン・ビセンテ・コルドバ・ナバルポトロ(スペイン映画アカデミー代表)、ジョセップ・ガテル・カストロ(視聴覚メディア著者文学代表)、ダニエル・グラオ・バリョ(俳優組合代表)、パウラ・パラシオス・カスターニョCIMAスペイン女性映画製作者協会代表)、ICAA理事デシレ・デ・フェス・マルティンスサナ・エレラス・カサドアリアドナ・コルテス・プリオ、前年の受賞者カルラ・シモン10名です。

 

 

フィルモグラフィー(邦題、監督名、短編・TVシリーズは除く)

2008Acné」『アクネACNE』フェデリコ・ベイロ(ハバナ映画祭新人監督賞)

2009La vergünza」ダビ・プラネル(マラガ映画祭2009金のビスナガ賞)

2009La mujer sin piano」ハビエル・レボーリョ(サンセバスチャン映画祭銀貝監督賞)

2010Un lugar lejano」ジョセップ・ノボア

2011La cara oculta」『ヒドゥン・フェイス』アンドレス・バイス

2012Mapa」(ドキュメンタリー)エリアス・レオン・シミニアニ

  (セビーリャ・ヨーロッパ映画祭ドキュメンタリー賞)

2014Todos están muertos」ベアトリス・サンチス

  (マラガ映画祭銀のビスナガ審査員特別賞)

2016María ( y los demás)」『マリアとその家族』共同プロデューサー、ネリー・レゲラ

  (メストレ・マテオ賞)

2017Verano 1993」『悲しみに、こんにちは』エグゼクティブディレクター、

   カルラ・シモン (ベルリン映画祭新人監督賞)

2017Amar」『禁じられた二人』

   エステバン・クレスポ&マリオ・フェルナンデス・アロンソ

2018Apuntes para una pelícla de atracos」(ドキュメンタリー)

   エリアス・レオン・シミニアニ

2019Los días que vendrán」カルロス・マルケス≂マルセ(マラガ映画祭金のビスナガ賞)

2019My Mexican Bretzel」『メキシカン・プレッツェル』(ドキュメンタリー)

   ヌリア・ヒメネス・ロラング

2021Libertad」『リベルタード』クララ・ロケ&エドゥアルド・ソラ(ゴヤ新人監督賞)

以下はElastica Films エラスティカ・フィルム製作

2022Alcarràs」カルラ・シモン

2022Qué hicimos mal」リリアナ・トーレス

2023Matria」アルバロ・ガゴ

2023Creatura」エレナ・マルティン・ヒメノ

2023O corno」『ライ麦のツノ』ハイオネ・カンボルダ

2024Polvo serás」カルロス・マルケス≂マルセ

プレ&ポストプロダクション

2025Romería」プレプロダクション、カルラ・シモン3作目

Hildegart」ポストプロダクション、パウラ・オルティス、「La novia」(15)の監督

Las madres no」同上、マル・コル、2009年『家族との3日間』で長編デビュー

La mitad de Ana」同上、マルタ・ニエト、短編「Son」(22)に続く長編デビュー作

 

 

       関連記事・管理人覚え

『ライ麦のツノ』の作品紹介記事は、コチラ20230717

Creatura」の作品紹介記事は、コチラ20230522

Matria」の作品紹介記事は、コチラ20230308

Alcarràs」の作品紹介記事は、コチラ20220127

『リベルタード』の作品紹介記事は、コチラ20211012

『メキシカン・プレッツェル』の作品紹介記事は、コチラ20200914

Los días que vendrán」の作品紹介記事は、コチラ20190411

『悲しみに、こんにちは』の作品紹介記事は、コチラ20170222

『マリアとその家族』の紹介記事は、コチラ20160814

Todos están muertosの作品紹介記事は、コチラ20140411


ミゲル・ゴメスの「Grand Tour」が監督賞*カンヌ映画祭2024受賞結果2024年06月07日 10:48

            ポルトガルのミゲル・ゴメスの「Grand Tour」が監督賞

 

       

     (トロフィーを手にしたミゲル・ゴメス、カンヌ映画祭2024ガラにて)

 

★カンヌ映画祭2024は、コンペティション部門の監督賞に「Grand Tour」(ポルトガル=伊=仏ほか)のミゲル・ゴメスを選びました。初期の短編、ドキュメンタリーを含めると既に17作を数えますが、劇場公開は第3作『熱波』1作のみ、今回カンヌFFの監督賞受賞作が『グランド・ツアー』の邦題で2025年公開が決定しています。先輩監督ペドロ・コスタ(『ヴァンダの部屋』『ホース・マネー』他)の後押しもあって、ミニ映画祭で特集が組まれるほどシネマニアのあいだでは人気の監督です。しかしスペイン語以上にマイナーなポルトガル語映画、公開に先立ってキャリア&フィルモグラフィーの予習をしてみました。

    

 

  

       

   (左から、クリスタ・アルファイアチ、ゴメス監督、ゴンサロ・ワディントン、

       カンヌ映画祭2024レッドカーペット、523日)

 

★簡単なストーリー:『グランド・ツアー』の舞台は1917年、公務員のエドワード(ゴンサロ・ワディントン)は、ヤンゴンでの結婚式の当日、婚約者のモリー(クリスタ・アルファイアチ)からの逃亡を企てます。しかし彼との結婚を決意したモリーは夫の逃亡を面白がり、シンガポール、バンコク、サイゴン、マニラ、大阪、上海とアジアの各都市を横断する彼の冒険を尾行することにします

ヤンゴンは2006年までミャンマー(旧称ビルマ)の首都だった大都市、英語風に訛ってラングーンで知られる。旧称サイゴンはベトナムのホーチミン市。

 

         

      

★というわけで監督と撮影隊は、ミャンマー、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン、日本の各都市を移動した。コロナ禍で予定されていた中国上海での撮影は中止となったが、封鎖ぎりぎりセーフだった日本の京都鴨川での撮影はできフォトが公開されている。カラー&モノクロ、コダックフィルム16mmで撮影され、撮影監督は『ブンミおじさんの森』(10)のサヨムプー・ムックディプロム、ゴメス監督お気に入りの『自分に見合った顔』、『私たちの好きな八月』や『熱波』のルイ・ポサス、初参加のGui Liang 桂亮グイ・リャン、クランクインは2020年初頭、監督によると4年の歳月を要したということです。

   

     

       (右端が京都の鴨川で撮影中のゴメス監督、2020年2月)

 

★日本側製作者として今夏7月に公開されるサスペンス・ドラマ『大いなる不在』の近浦啓監督が参画しています。本作はサンセバスチャン映画祭2023で藤竜也が銀貝賞の最優秀主演俳優賞、監督もギプスコア学芸協会賞を受賞した作品、藤竜也の受賞スピーチが絶賛されたことは当ブログで紹介しています。間もなく封切られます。

              

ミゲル・ゴメス Miguel Gomes は、1972年リスボン生れ、監督、脚本家、フィルム編集者。リスボン映画演劇上級学校(Escola Superior de Teatro e Cinema di Lisbona)で学び、映画評論家としてキャリアをスタートさせる。イタリアのネオリアリズムとフランスのヌーベルバーグの影響を受けたニューシネマ運動の世代に属している。短編デビューは1999年の「Entretanto」(仮題「合い間」)以下9編、2004年の「A Cara que Mereces」で長編デビュー、第2『私たちの好きな八月』は、カンヌFF2008併催の「監督週間」に正式出品され注目される。2010年、日本ポルトガル修好通商条約150周年を記念して、東京国立近代美術館フィルムセンターが企画した「マノエル・ド・オリヴェイラとポルトガル映画の巨匠た」で、ジョアン・セーザル・モンテイロペドロ・コスタパウロ・ローシャなどと並んで若手監督の一人として本作が紹介された。この映画祭は当時ちょっとしたポルトガル映画旋風を巻き起こした。

     

      

          (ゴメス監督、カンヌFF2024,フォトコール)

 

★カンヌ映画祭2015併催の「監督週間」にノミネートされた「アラビアン・ナイト三部作」(6時間21分)は、「第2回広島国際映画祭2015」(1120日~23日)で特集が組まれ、3分割された第1部~第3部が一挙上映された。ゴメス監督も来日してQ&Aに参加、前作の『熱波』もエントリーされた。後に「イメージフォーラム・フェスティバル2019」が企画され、東京初上映となったが、その他ミニ映画祭での上映もあり、マイナーながら日本語字幕入りで鑑賞できた監督。公開作品は上記したように『熱波』のみ、2025年の「グランド・ツアー」が待たれるところである。2012年ポルトガルは、スペイン同様経済危機に見舞われ、EUのお荷物といわれた。監督によると「貧乏であることの唯一のメリットは、大ヒット作を放つ義務から解放され、少し自由が得られることです」と皮肉っている。

   


 (公開された『熱波』ポスター)

 

因みにアントワーン・フークアの『サウスポー』(15)にジェイク・ギレンホールの対戦相手として共演しているミゲル・ゴメス(Gómez)は、1985年コロンビアのカリ生れの俳優です。米国のTVシリーズに出演している。またホラーコメディ『パラノーマル・ショッキング』(10)の監督は、コスタリカのミゲル・アレハンドロ・ゴメス(Gómez / Gomez サンホセ1982)で別人です。メジャーな名前なのでネットでの紹介記事に混乱が見られます。以下に主なフィルモグラフィーをアップしておきます。目下配信されている動画は見つかりませんでした。

 

 *主なフィルモグラフィー(短編割愛、主な受賞歴)

2004A Cara que Mereces」『自分に見合った顔』ポルトガル、108分、監督・脚本

  インディリスボア・インディペンデントFF作品・批評家賞

2008Aquele Querido Mes de agosto」『私たちの好きな八月』同上、147分、監督・脚本

BAFICIブエノスアイレス国際インディペンデントFF2009作品賞、

バルディビアFF国際映画賞、ポルトガルのゴールデングローブ2019作品賞、

グアダラハラFF特別審査員賞、サンパウロFF2008批評家賞、

ビエンナーレ2008FIPRESCI賞、カンヌFF2008併催の「監督週間」正式出品

2012Tabu」『熱波』ポルトガル・独・ブラジル、118分、公開2013、監督・脚本・編集

ベルリンFF2012FIPRESCI賞&アルフレッド・バウアー賞受賞、ゲントFF作品賞、

ポルトガルのゴールデングローブ2013作品賞、ラス・パルマスFF2012観客賞他、

ポルトガル映画アカデミー ソフィア賞2013編集賞、他多数

2015As Mil e Uma Noites: Volume 1, O Inquieto

  『アラビアン・ナイト 1部休息のない人々』ポルトガル・仏・独・スイス、

  125分、監督・脚本

As Mil e Uma Noites: Volume 2, O Desolado

『アラビアン・ナイト 2部孤独な人々』同上、132分、監督・脚本

As Mil e Uma Noites: Volume 3, O Encantado

『アラビアン・ナイト 3部魅了された人々』ポルトガル・仏・独、125分、同上

以上「三部作」はカンヌFF2015併催の「監督週間」正式出品された。

ポルトガルのゴールデングローブ2016作品賞、シドニーFF2015作品賞、

コインブラFF2015監督・脚本賞、セビーリャ・ヨーロッパFF作品賞、

シネヨーロッパ賞2016トップテン入り、他

2021Diários de Otsoga」『ツガチハ日記』モーレン・ファゼンデイロとの共同監督、脚本

ポルトガル・仏、102分、カンヌFF2021併催の「監督週間」正式出品、

マル・デル・プラタFF2021監督賞、イメージフォーラム・フェスティバル2022上映

2024Grand Tour」『グランド・ツアー』ポルトガル・仏・伊・独・日本・中国、129分、

  監督・脚本、カンヌFF2024監督賞、2025公開予定

2023年にスペインのヒホン映画祭栄誉賞を受賞している。

 

女優賞は「エミリア・ぺレス」の4女優の手に*カンヌ映画祭2024受賞結果2024年06月04日 14:10

            4人を代表してカルラ・ソフィア・ガスコンが登壇!

 

      

    (カルラ・ソフィア・ガスコンとプレゼンターの前男優賞受賞者役所広司)

 

★第77回カンヌ映画祭2024は、パルムドールにショーン・ベイカーの「Anora」(米国)、グランプリにパヤル・カパディアの「All We Imagine as Light」(インド)を選んで閉幕しました。両受賞者ともカンヌ初参加、世代交代を歓迎する半面、コンペティション部門の質低下が話題になった今年のカンヌでした。大物監督たちコッポラ、クローネンバーグ、ソレンティーノなどは無冠に終わりました。

      

       

      (カンヌに集合したスタッフ&キャスト陣、カンヌ5日目の5月18日)

    

★当ブログ関連受賞作品は、審査員賞ジャック・オーディアール)と女優賞アドリアナ・パスゾーイ・サルダナカルラ・ソフィア・ガスコンセレナ・ゴメス)をダブルで受賞した「Emilia Pérez」(仏=米=メキシコ)、オーディアール監督はカンヌの常連として紹介不要ですが、受賞者4名はアメリカのスーパースターのセレナ・ゴメス、「アバター」のゾーイ・サルダナ(サルダーニャ)は別として、メキシコのアドリアナ・パス、スペインのカルラ(カーラ)・ソフィア・ガスコンは、メキシコ、スペインでこそ知名度がありますが、カンヌのような国際的な大舞台で脚光を浴びたのは恐らく今回が初めてのことでしょう。カンヌ5日目の5月18日に上映された。

 

    

 

 (カルラ・ソフィア・ガスコンとジャック・オーディアール、カンヌ映画祭2024ガラ)

 

★フォトコールには4人揃ってカメラにおさまりましたが、授賞式までカンヌに留まった、エミリア・ぺレス役を演じたカルラ・S・ガスコンが登壇、昨年の男優賞受賞者の役所広司の手からトロフィーを受けとりました。トランスジェンダー女性としてカンヌで「初めて女優賞を受賞した」と報道されたガスコンは、壇上から「苦しんでいるすべてのトランスジェンダーの人々に捧げる」とスピーチしたということです。これには後日談があって、このスピーチを聞いた国民戦線の創設者ジャン≂マリー・ルペンの孫娘で極右政治家マリオン・マレシャル・ルペンが早速Xに「性差別的な侮辱」文を投稿、すかさずガスコンが告訴の手続きをしたということです。

   

    

(左から、アドリアナ・パス、カルラ・S・ガスコン、ゾーイ・サルダナ、セレナ・ゴメス)

 

★「犯罪ミュージカル・コメディ」と作品の紹介文にありましたが、どんな作品なのでしょうか。

*ストーリーをかいつまんで紹介しますと、舞台は現在のメキシコ、弁護士のリタ(ゾーイ・サルダナ)は、彼女のボスから思いもかけない申し出を受けます。周囲から怖れられているカルテルのボスが麻薬ビジネスから引退して、彼が長年夢見ていた女性になって永遠に姿を消すのを手伝わねばならなくなります。リタは正義に仕えるよりも犯罪者のゴミ洗浄に長けた大企業で働くことで、その才能をあたら浪費していましたが・・・

   

       

★カルテルのボスことフアン・リトル・ハンズ・デルモンテ役にガスコン、その妻にセレナ・ゴメスが扮する〈麻薬ミュージカル・コメディ〉のようです。上映後のスタンディングオベーション9分間は、オーディアール映画でも2番目に長かった由、性別移行に固執せず、家族、愛、メキシコに蔓延する暴力の犠牲者というテーマを探求したことで批評家からは高評価を受けていた。そして〈9分間〉のスタンディングオベーションで観客からも受け入れられたことが証明された。いずれ日本語字幕入りで鑑賞できる日が来るでしょう。

 

カルラ・ソフィア・ガスコン・ルイスは、1972年マドリードのアルコベンダス生れの52歳、フアン・カルロス・ガスコン→カルラ・ソフィア→カルラ・ソフィア・ガスコンと、時代と作品によってクレジット名が変わる。20189月、自叙伝 Karsia. Una historia extraordinaria を出版、性別適合手術を受けてカルラ・ソフィア(Karla Sofía)になったことを発表した。ECAM(マドリード映画オーディオビジュアル学校)の演技科卒、1994年「La Tele es Tuya Colega」でヴォイス出演、映画デビューは1999年、アレックス・カルボ・ソテロの「Se buscan fulmontis」のクラブのジゴロ役、エンリケ・ウルビスの『貸金庫507』(02)、フアン・カルボの「Di que sí」(04)、アントニ・カイマリ・カルデスの「El cura y el veneno」(13)の神父役、映画よりTVシリーズ出演が多い。

   

       

      

      (感涙にむせぶカルラ・ソフィア・ガスコンカンヌ映画祭2024ガラ)

 

★国籍はスペインだが2009年にメキシコに渡り、サルバドール・メヒア製作の「Corazón salvaje」(0910)にヒターノのブランコ役で出演、テレノベラ賞の新人男優賞にノミネートされた。以来両国のTVシリーズ(9作)や映画(8作)で活躍している。メキシコ映画では、ゲイリー・アラスラキのコミックドラマ「Nosotros, los Nobles」(13)にペドロ・ピンタド、愛称ピーター役で出演している。本作は公開当時、メキシコ映画史上における興行収入ナンバーワンとなったヒット作。2021年、Netflixが英語でリメイク版の製作を発表している。カルラ・ソフィア・ガスコンとして出演したメキシコのTVシリーズ「Rebelde」(2216話)は、『レベルデ~青春の反逆者たち~』の邦題でNetflixが配信している。

  

アドリアナ・パスは、1980年メキシコ・シティ生れの44歳、メキシコ自治大学哲学部で劇作法と演劇を専攻、キューバのロスバニョス映画学校で脚本を学ぶなど、女優でなく監督、脚本家を志望していた。東京国際映画祭2013コンペティション部門にノミネートされ最優秀芸術貢献賞を受賞した、アーロン・フェルナンデスの第2『エンプティ・アワーズ』(「Las horas muertas」)でヒロインを演じた。カルロス・キュアロンの『ルドとクシ』09)ほか、マヌエル・マルティン・クエンカの「El autor」(17、「小説家として」)、新しいところではNetflixで配信されている、ロドリゴ・グアルディオラ&ガブリエル・ヌンシオの『人生はコメディじゃない』21、「El Comediante」)に出演している。『エンプティ・アワーズ』でキャリア紹介をしています。

アドリアナ・パスのキャリア&フィルモグラフィーは、コチラ20131107

    

    

        (アドリアナ・パス、カンヌ映画祭2024フォトコール)

 

セレナ・ゴメス(テキサス州1992)は、女優、歌手、ダンサー、ソングライター、モデル、ユニセフ親善大使とすこぶる多才、31歳ながら出演本数も受賞歴も書ききれない。日本語版ウイキペディアに詳細な紹介文があり割愛しますが、オーディアール監督が本作で起用するまでセレナの活躍をご存じなかったことが話題になっています(笑)。ゾーイ・サルダナ(本名ソエ・サルダーニャ、ニュージャージー州1978)は、2009年ジェームズ・キャメロンの『アバター』のネイティリ役で一躍有名になった。『アバター』の続編、「アバター3」(仮題、24)、「アバター4」26)にも起用されている。映画にテレビに、ヴォイス出演も含めて活躍している。多くが吹き替え版で鑑賞でき、日本語版ウイキペディアあり。

   

          

    (セレナ・ゴメスとゾーイ・サルダナ、カンヌ映画祭2024フォトコール)

 

 

監督賞ミゲル・ゴメスの「Grand Tour」(ポルトガル)、来年「グランド・ツアー」で公開がアナウンスされている。