金貝賞を競うスペイン映画は2作*サンセバスチャン映画祭2020 ④2020年08月02日 12:49

     セクション・オフィシアルにパブロ・アグエロとアントニオ・メンデス・エスパルサ

 

                 

                    (セクション・オフィシアルのポスター)

 

730日、コンペティション部門、コンペティション外ほか、ニューディレクターズ部門、サバルテギ-タバカレラ部門などがアナウンスされました。スペイン映画はコンペにパブロ・アグエロAkelarreアントニオ・メンデス・エスパルサCourtroom 3H(「Sala del Juzgado 3H」)の2作が金貝賞を競うことになりました。他にアウト・コンペティションには、ロドリゴ・ソロゴジェンTVシリーズAntidisturbios(全6話のうち2話)、特別上映作品としてアイトル・ガビロンドPatriaがエントリーされた。コンペ外のウディ・アレンの新作Rifkin's Festivalはオープニング作品です(アップ済み)。

 

 

              セクション・オフィシアル

 

       

Akelarre  (スペイン=フランス=アルゼンチン)2020

製作:Sorgin Films / Kowalski Films / Lamia Producciones

監督:パブロ・アグエロ

脚本:パブロ・アグエロ、Katall Guillou

撮影:ハビエル・アギーレ

音楽:マイテ・アロタハウレギ、アランサス・カジェハ

編集:テレサ・フォント

録音:ウルコ・ガライ、ホセフィナ・ロドリゲス

特殊効果:マリアノ・ガルシア、アナ・ルビオ、他

製作者:フレド・プレメル、グアダルーペ・バラゲル・Trellez、(エグゼクティブ)コルド・スアスア、他

     

データ:製作国スペイン、フランス、アルゼンチン、言語スペイン語・バスク語、2020年、スリラー・ドラマ、90分、撮影地ナバラ州レサカ、公開予定スペイン10月2日、フランス2021年3月24日

映画祭・受賞歴:サンセバスチャン映画祭2020セクション・オフィシアル

        

パブロ・アグエロ(メンドサ1977)は、本映画祭2009ニューディレクターズ部門に77 Doronshipで登場、同2015セクション・オフィシアルにEva no duerme、当ブログではノミネート紹介だけでしたが、ガエル・ガルシア・ベルナルやイマノル・アリアスなどが出演していて、今回のAkelarre」と同じくアルゼンチン西仏合作でした。アルゼンチンのメンドサ出身だがスペインやフランスとの合作が多く、バスクに軸足をおいている監督です。今回のノミネート作品も17世紀のバスクを舞台にした魔術による裁判のプロセスに着想を得た歴史ドラマで、長編第5作めになる。

 

      

                 (パブロ・アグエロ監督)

   

キャスト:アレックス・ブレンデミュール(ロステギ裁判官)、アマイア・アベラスツリ(アナ)、ジョネ・ラスピウル(マイデル)、ガラシ・ウルコラ、ダニエル・ファネゴ、ダニエル・チャモロ、他多数

   

ストーリー1609年バスク、この地方の男たちは海に出かけてしまっている。アナは村の娘たちと一緒に森で行われるフィエスタに出かけていく。この地方にはびこる魔術による裁判を浄化するよう国王フェリペ3世に依頼された裁判官ロステギは、彼女たちを逮捕して魔術を告発する。彼は魔術の儀式アケラーレについて知る必要があるだろうと決心、おそらく悪魔が操っているにちがいないと調査に着手する。17世紀初頭の為政者による、一つの考え方、一つの言語、一つの宗教を強制することを願った魔女狩り裁判、地方文化の否定が語られる。       (文責:管理人)

   

            

               (撮影中の魅力的な魔女たち)

 

ペドロ・オレア1984年に撮った同名の映画Akelarreの舞台は、バスク州の隣りナバラ州でした。ナバラもアケラーレが行われていた。アレックス・デ・ラ・イグレシア『スガラムルディの魔女』13)の舞台もナバラ州の小村スガラムルディ、親子三代にわたる魔女軍団の物語。

『スガラムルディの魔女』の作品紹介は、コチラ20141012

 

★アントニオ・メンデス・エスパルサのCourtroom 3H(「Sala del Juzgado 3H」)は次回にします。


メンデス・エスパルサの初ドキュメンタリー*サンセバスチャン映画祭2020⑤2020年08月05日 16:05

           長編3作目「Courtroom 3H はノンフィクション  

 

          

          (法廷に入って撮影中のメンデス・エスパルサ監督)

 

アントニオ・メンデス・エスパルサ(マドリード1976)のCourtroom 3H(「Sala del Juzgado 3H」)は、長編第3作目です。デビュー作Aquí y allá(邦題『ヒア・アンド・ゼア』12)、第2作目のLife and Nothing More(『ライフ・アンド・ナッシング・モア』英語)2017年と5年間もかかった。東京国際映画祭2017に来日した折り、「今度は5年間も開けないで撮りたい」と語っていたが、どうやらその通りになった。デビュー作はカンヌ映画祭と併催される「批評家週間」でグランプリを取り、続くサンセバスチャン映画祭ホライズンズ・ラティノ部門にノミネート、2作目はサンセバスチャン映画祭で金貝賞を競い、国際批評家連盟賞FIPRESCIとスピリット賞の一つジョン・カサヴェテス賞を受賞した。今回の新作は2度目のセクション・オフィシアルのノミネート、本映画祭とは相性がいい。

『ライフ・アンド・ナッシング・モア』と『ヒア・アンド・ゼア』の作品紹介は、

 コチラ201709101105

 

       

         セクション・オフィシアル部門

 

Courtroom 3HSala del Juzgado 3H)スペイン=米国  ドキュメンター、115分

監督・脚本:アントニオ・メンデス・エスパルサ

撮影:バルブ・バラショユ、サンティアゴ・オビエド

編集:サンティアゴ・オビエド、アントニオ・メンデス・エスパルサ

音楽:N/A N/A

録音:ルイス・アルグェリェス、ナチョ・ロジョ=ビリャノバ

特殊効果:カルメン・ライザック

視覚効果:カジェタノ・マルティン

製作:9AM MEDIA LAB / AQUI Y ALLI FILMS

言語:英語、スペイン語

製作者:ペドロ・エルナンデス・サントス、アルバロ・ポルタネット・エルナンデス、アマデオ・エルナンデス・ブエノ(以上 AQUI Y ALLI FILMS)、(エグゼクティブ)レベッカ・ビリャール・ロドリゲス、アナ・カスタニョーサ(以上 9AM MEDIA LAB)、アンドレア・モヤ・アカソ、(ラインプロデューサー)マリア・ベルトラン、Yalan Hu、他アシスタントプロデューサー  

  

(映画から)

     

                   

ストーリー:フロリダの州レオン県タラハシーにある統合家庭裁判所、未成年者に関する事件を解決するために設けられた裁判所を舞台にしたドキュメンタリー。主に親子関係の事件を扱う米国唯一の裁判所である。この裁判所の目的は、できるだけ迅速に信頼できるやり方で、こじれた家族をもとに戻すことである。この映画は、米国の作家で公民権運動家でもあったジェイムズ・ボールドウィンの「もしこの国でどのように不正を裁くか、あなたが本当に知りたいと望むなら、保護されていない人々に寄り添って、証言者の声に耳を傾けなさい」という言葉に触発されて作られた。

 

 (法廷内部)

 

 

★前作と同じようにフィクションとドキュメンタリーをミックスさせているようです。監督はマドリード出身だが、現在フロリダのタラハシー市に在住、フロリダ国立大学で教鞭をとっている。

追加情報『家庭裁判所 第3H 法廷』の邦題で、ラテンビート2020の上映が決定。

  

アイトル・ガビロンドの「Patria」*サンセバスチャン映画祭2020 ⑥2020年08月12日 15:00

        特別上映はアイトル・ガビロンドのTVミニシリーズ「Patria

 

     

 

★セクション・オフィシアル部門で特別上映されるPatriaは、全8話で構成されたTVミニシリーズ作品、アイトル・ガビロンドフェルナンド・アランブラの同名小説を脚色した。監督はオスカル・ペドラサフェリックス・ビスカレト4話ずつ手掛けている。新型コロナウイリスが猛威を振るう以前の2019年夏から撮影に入り、HBOHome Box Office 米国の有料ケーブルテレビ放送局)を介して2020517日から放映されているようですが、今回スクリーンに登場することになった。1発の銃弾によって分断されたバスクの2つの家族の目を通して、ETAのテロリスト・グループの30年間にわたる歴史が語られる。

 

                

            (原作者フェルナンド・アランブラと原作)

 

 Patriaスペイン、2020TVミニシリーズ(全8話)

製作:HBO España / Alea Media / Mediaset España

監督:アイトル・ガビロンド(立案)、オスカル・ペドラサ、フェリックス・ビスカレト

脚本:アイトル・ガビロンド、(原作)フェルナンド・アランブラ

撮影:アルバロ・グティエレス、ディエゴ・ドゥセエル

音楽:フェルナンド・ベラスケス

編集:アルベルト・デル・カンポ、ビクトリア・ラメルス

製作者:パトリシア・ニエト、ダビ・オカーニャ、テデイ・ビリャルバ、アイトル・ガビロンド

 

キャスト:エレナ・イルレタ(ビトリ)、アネ・ガバライン(ミレン)、ロレト・マウレオン(ミレンの娘アランチャ)、スサナ・アバイトゥア(ネレア)、ミケル・ラスクライン(ミレンの夫ジョシィアン)、ホセ・ラモン・ソロイス(ビトリの夫チャト)、エネコ・サガルドイ(ミレンの息子ゴルカ)、ジョン・オリバレス(ミレンの息子ホセ・マリ)、イニィゴ・アランバリ(シャビエル)、他多数

 

ストーリー2011年、ETAの戦闘中止のニュースが流れた日、ビトリは夫チャトの墓に報告に行った。テロリストに殺害された夫と人生を共にした生れ故郷へ戻ろうと決心する。しかしビトリの帰郷は町の見せかけの静穏をかき乱すことになる。特に親友だった隣人のミレンには複雑な思いがあった。ミレンはビトリの夫を殺害した廉で収監されているホセ・マリの母親だったからだ。二人の女性の間に何があったのか、何が彼女たちの子供や夫たちの人生を損なったのか。一発の銃弾で分断された二つの家族に横たわるクレーター、忘却の不可能性、許しの必要性を私たちに問いかける。

 

アイトル・ガビロンド(サンセバスティアン1972)は、脚本家、TV製作者、オーディオビジュアル・フィクションの企画立案者としてスペインでは抜きんでた存在である。特に本邦でもNetflixで配信されているTVシリーズ『麻薬王の後継者』18Vivir sin permiso)は、その代表的な成功作。アルツハイマーになった麻薬王ネモ・バンデイラにホセ・コロナド、彼の右腕に演技派のルイス・サエラ、人気上昇中のアレックス・ゴンサレス、レオノル・ワトリングなどを配した大掛りなシリーズ。「原作を読みはじめたときは霧雨を浴びたようだったが、だんだん雨脚が強くなり最後にはずぶ濡れになった」と、その原作の魅力を形容している。「暴力と共に生きていた時代があったことを、次の世代に橋渡し、未来に向けての一つの旅」とも語っている。

 

           

        (二人の主役に挟まれて、両手に花のアイトル・ガビロンド)

 

フェリックス・ビスカレト(パンプローナ1975)は、監督、脚本家、製作者。スペイン映画祭2019(インスティトゥト・セルバンテス東京主催)で上映された『サウラ家の人々』17Saura())を監督している。監督キャリアは以下に紹介しています。

『サウラ家の人々』の作品&監督紹介は、コチラ20171111

 

★キャストは、姉妹のように仲良しだったという主役の一人ビトリ役のエレナ・イルレタ(サンセバスティアン1955)は、イシアル・ボリャインの『花嫁のきた村』や『テイク・マイ・アイズ』ほかに出演している。もう一人の主役ミレン役のアネ・ガバライン(サンセバスティアン1963)は、ジョン・ガラーニョ&ホセ・マリ・ゴエナガの『フラワーズ』、古くはアレックス・デ・ラ・イグレシアの『13みんなのしあわせ』や『マカロニ・ウエスタン800発の銃弾』、当ブログでご紹介した本作と同じバスクを舞台にしたアナ・ムルガレンLa higuera de los bastardosなどに出演しているベテラン。

La higuera de los bastardosの作品紹介は、コチラ20171203

 

            

        (ビトリ役エレナ・イルレタとミレン役のアネ・ガバライン)

 

ミレンの息子ゴルカ役のエネコ・サガルドイは、ジョン・ガラーニョ&アイトル・アレギの『アルツォの巨人』(17Handia」)で巨人役になった俳優。ビトリの夫チャトに扮したホセ・ラモン・ソロイス、ミレンの夫ジョシィアンのミケル・ラスクラインの二人は、『フラワーズ』に揃って出演している。バスク語話者は限られているから、結局同じ俳優が出演することになっている。

 

       

 (サンセバスティアンに勢揃いしたスタッフと出演者たち、中央がアイトル・ガビロンド)


第23回マラガ映画祭の全容が発表されました*マラガ映画祭2020 ⑪2020年08月13日 14:59

       赤絨毯なし、上映作品削減、安全第一をモットーにようやく開催!

 

              

      (全容を発表する映画祭ディレクター、フアン・アントニオ・ビガル)

 

★新型コロナウイルス感染者拡大で延期されていた、第23回マラガ映画祭2020の全容が発表になりました。本映画祭は3月開催を目前にして延期がアナウンスされ、延期か中止か宙ぶらりんのまま二転三転して、821日~30に決定していた。この度87日、映画祭ディレクター、フアン・アントニオ・ビガルによって、正式に全容のプレゼンテーションの運びとなりました。セクション・オフィシアルのコンペティションの上映作品20作が16作に削減されたいうことですから、80%は変更されなかったわけです。既にアップしているイシアル・ボリャインの新作コメディLa boda de Rosaがオープニング作品に決定したようです。

La boda de Rosa」の作品紹介は、コチラ202003月21日

 

(イシアル・ボリャイン)

        

                    (主演のカンデラ・ペーニャを配したポスター)

 

★当然のことながら、赤絨毯なし、これ以上できないというコロナ対策をして臨むということで、スターとの自撮りもできない異例の映画祭になります。唯一の朗報はチケット代が50%引きになることかもしれない。7日(金)1700からセルバンテス劇場、エチェガライ映画館窓口で発売、勿論ウエブでも購入できます。「劇場に来て映画をもう一度観てもらいたい」という明確なメッセージのもとで開催すると、フアン・アントニオ・ビガル氏。

 

★未発表だった特別賞の一つ「金の映画」には、今は亡きピラール・ミロ(マドリード194097)のEl perro del hortelano1995『愛は奪った』)が選ばれた。ロペ・デ・ベガの古典を監督が脚色、エンマ・スアレス、カルメロ・ゴメス主演の本作は、ゴヤ賞1996の監督賞・脚色賞・主演女優賞など7部門を獲得している。

 

          

       (主演のエンマ・スアレスとカルメロ・ゴメスを配したポスター)

 

★マスク着用は義務、マラガのアーティスト、ハビエル・カジェハがデザインした映画祭オリジナルのマスクが815日からオンライン発売もアナウンスされた。多分ビガル氏がしているマスクでしょうか(写真参照)。アンダルシアの夏の暑さは耐えがたいから、どれだけ守られるか。

 

★マラガ映画祭の後に続く、サンセバスチャン映画祭、バジャドリード映画祭、ほかセビージャ、ウエルバなどの各ディレクターたちは、目を皿にして成り行きを見守ることになるでしょう。マラガの責任は実に重い、失敗は許されないでしょう。ともあれ中止ではなく開催に漕ぎつけた関係者一同の努力を感謝したい。


アルモドバルの初短編がベネチア映画祭で上映*ベネチア映画祭20202020年08月16日 15:42

       アルモドバル初となる英語映画「The Human Voice」上映が決定

 

     

       

★去る728日(現地)、第77回ベネチア映画祭202092日~12日)のコンペティション上映作品の発表がありましたが、スペイン語映画は、メキシコのミシェル・フランコNuevo orden20、「New Order」フランスとの合作)の1作だけでした。カンヌ映画祭受賞者常連のフランコ監督、ベネチアは今回が初登場となります。そのほかでは、アンドレイ・コンチャロフスキー(ロシア)、アモス・ギタイ(イスラエル)、クロエ・ジャオ(米)、ジャンフランコ・ロッシ(伊)などの名前がありました。

 

★当ブログで製作発表当時から紹介してきた、ペドロ・アルモドバルの初短編The Human Voice(「La Voz Humana30分)がコンペティション外で上映されることになりました。アルモドバル初短編、初英語映画として話題になっていましたが、新型コロナウイルス感染者拡大で完成が遅れていました。ジャン・コクトーの一人芝居 La Voix humaine1930 の映画化。去ったばかりの恋人からの電話をひたすら待っている絶望を抱えた女性の物語だそうです。英国女優ティルダ・スウィントンを起用しており、彼女はすでに今回のベネチア映画祭で栄誉金獅子賞を受賞することが決定しています。もう一人の受賞者が香港のアン・ホイ監督、女性が受賞するのは今回が初めてというからびっくりする。

La Voz Humana」の紹介記事は、コチラ20200217

  

        

  

   (撮影中の監督と主役ティルダ・スウィントン)

 

★前回栄誉金獅子賞を受賞したばかりのアルモドバルによると「このコロナ感染の特別な年に、ティルダとベネチアに戻ることができて非常に嬉しい。本作は女優としてティルダが残した数多くの実績の一つです」と。それも自分が昨年受賞した栄誉賞をティルダが受賞するので喜びもひとしおのようです。映画祭ディレクターのアルベルト・バルバラも「今年も再びアルモドバル監督を迎えることができるのはとても光栄なことです」と呼応している。

 

★コロナの時代の映画祭は、すべてにおいて例年とは異なる。オンライン上映もあり、リド島以外のベネチアの映画館上映、レッド・カーペットは敷く予定だが、審査委員長のケイト・ブランシェット以外の大物シネアストの登場は予定にない由。コロナが世界の映画祭に及ぼす影響は計り知れない。ともあれクラスターを警戒しながら終了して欲しい。

 

        

              (審査委員長ケイト・ブランシェット)


ダニエル・カルパルソロの最新スリラー*マラガ映画祭2020 ⑫2020年08月22日 06:27

     セクション・オフィシアルにダニエル・カルパルソロのHasta el cielo

 

             

         (ミゲル・エランとカロリナ・ジュステを配したポスター)

 

★仕切り直しをして開催されることになったマラガ映画祭、新型コロナウイリスの第2波拡大は、スペイン含めて欧米諸国を襲っていますが、予告通りいよいよ821日にオープニングとなりました。3月開催のセクション・オフィシアルには含まれていなかったダニエル・カルパルソロHasta el cieloが、今回アナウンスされていました。実際にあった事件にインスパイアされて製作されたフィクション、若手のミゲル・エランを主人公に、カロリナ・ジュステルイス・トサールが脇を固めています。マラガ上映後の828日にスペイン公開が決定しているようです(配給ユニバーサル・ピクチャー・インターナショナル・スペイン)。

 

     

(左から、カロリナ・ジュステ、ルイス・トサール、監督、ミゲル・エラン、アシア・オルテガ)

 

 

   Hasta el cielo(「Sky High」)2020

製作:Vaca Films / RTVE / Movistaar+ / Telemaadrid / Canal+ / Netflix    協賛:ICAA / Programa Media

監督:ダニエル・カルパルソロ

脚本:ホルヘ・ゲリカエチェバリア(『プリズン211』『暴走車 ランナウェイ・カー』)

撮影:ホス・インチャウステギ(『Rec3』『ガン・シティ~動乱のバルセロナ』)

サウンドトラック:カルロス・ジャン(作曲)、C.TanganaDJ Nano

編集:アントニオ・フルトス(Cien años de perdón『インベーダー・ミッション』『ワイルド・レーザー』)

製作者:ボルハ・ペナ(『プリズン211』『エル・ニーニョ』)、(エグゼクティブ)エンマ・ルストレス(『プリズン211』『暴走車 ランナウェイ・カー』)

 

データ:製作国スペイン、スペイン語、2020年、スリラー、実話に基づくフィクション、撮影地マドリード、イビサ、バレンシア、撮影2019年、配給ユニバーサル・ピクチャー・インターナショナル・スペイン、スペイン公開2020828

映画祭・受賞歴:第23回マラガ映画祭2020セクション・オフィシアル正式出品

 

キャスト:ミゲル・エラン(アンヘル)、カロリナ・ジュステ(エストレージャ)、ルイス・トサール(暗黒街のボス、ロヘリオ)、アシア・オルテガ(ロヘリオの娘ソーレ)、パトリシア・ビコ、フェルナンド・カヨ、セサル・マテオ、リカルド・オルメス、Ayax(ラッパー)、Dollar SelmouniRamseys、他多数

 

ストーリー:マドリード育ちのアンヘルの愛の物語。ディスコでエストレージャと知り合った日を境に、アンヘルの人生は永遠に変わってしまった。彼女のボーイフレンドのポリとの諍いで、アンヘルがトラブルに熱しやすい非凡な才能の持ち主であることを見抜いたエストレージャは、マドリード警察のすべてに脅しをかけているショーウィンドウ荒らしのグループに加わるよう促した。アンヘルの野心は、マドリードからイビサに移送する怪しげな仕事を巧みにこなし、腐敗弁護士や胡散臭い取りまきがうごめく強盗団の頂点に立つことだった。彼は周囲の助言を無視して、闇市場を支配するマフィアのボスの一人ロヘリオに近づいていくが、権力の代価が如何に高いものであるかを思い知るだろう。エストレージャとカポの娘ソーレのどちらかを選ばねばならないだろう。もっとも汚れた下町で始まり、最も高い空への旅。

 

       

     (アンヘル役のミゲル・エラン、ロヘリオ役のルイス・トサール、映画から)

 

        激しいエモーション、セクシーで軽快にスペイン社会の深淵を描く

 

ダニエル・カルパルソロ(バルセロナ1968)は、スリラー『インベーダー・ミッション』(12)や『ワイルド・レーザー』(13)が公開されているが、当ブログでは監督の代表作アドベンチャー・スリラーCien años de perdónを記事にした折りに作品&監督キャリア紹介をしています。ルイス・トサールのキャリア紹介も兼ねています。

Cien años de perdón」の紹介記事は、コチラ20160703

 

      

                        (「Cien años de perdón」のポスター)

 

★監督談によると、Hasta el cieloは実話にインスパイアされたもので「強盗事件を軸にしたスリラー映画、激しいエモーション、セクシーで、軽快にスペイン社会の深淵を描いている。不動産バブル時代に成長したチャンスを見逃さない非行少年たちの波乱にとんだ半生が語られる。スペイン社会に提供された喜びと贅沢、しかしそれを享受できたのは一握りの人に限られていた」とコメント。因みにショーウィンドウ荒らしのグループと翻訳した <alunicero> は、ショーウィンドウに車ごと突入させて破壊し強盗する <alunizaje> からの造語。

 

        

            (ショーウィンドウ荒らしを実行する強盗団)

   

★脚本を執筆したホルヘ・ゲリカエチェバリア(アストゥリアス1964)は、ダニエル・モンソン『プリズン211(「Celda 211」)でゴヤ賞2010脚色賞を受賞、ゴヤ賞関連ではモンソンの『エル・ニーニョ』、アレックス・デ・ラ・イグレシアのデビュー作『ビースト 獣の日』『13みんなのしあわせ』『オックスフォード連続殺人』、カルパルソロの「Cien años de perdón」などでノミネートされている。

 

★アンヘル役のミゲル・エランは、ダニエル・グスマンのデビュー作A cambio de nadaでゴヤ賞2016新人男優賞を受賞NetflixTVシリーズ『ペーパー・ハウス』のリオ役、同じく『エリート』のクリスティアン・バレラ役で若い俳優にしては認知度は高い。エストレージャ役のカロリナ・ジュステは、ラテンビート2018でも上映されたアランチャ・エチェバリア『カルメン&ロラ』でゴヤ賞2019助演女優賞を受賞している。

 

       

  (ゴヤ賞2016新人男優賞のミゲル・エラン)

   

     

                     (ゴヤ賞2019助演女優賞のカロリナ・ジュステ)

 

★ソーレ役のアシア・オルテガは、Netflixで配信されたミゲル・アンヘル・ビバスの『息子のしたこと』に出演している。パトリシア・ビコ2005年にカルパルソロと結婚、「Cien años de perdón」に出演している。フェルナンド・カヨJ.A.バヨナの『永遠のこどもたち』、アルモドバル『私が、生きる肌』、TVシリーズ『ペーパー・ハウス』など。

A cambio de nada」の作品紹介は、コチラ20150412

『カルメン&ロラ』の作品紹介は、コチラ20180513

 

★キャスティングのために街中でのスカウト作戦をして見つけた、ラッパーのAyaxは本作でデビュー、他に音楽シーンで参加したミュージシャンたちDollar SelmouniRamseysは、本作が映画初出演ということです。Netflixが一枚噛んでいるようなので、もしかしたら本邦でも配信されるかもしれない。


異例ずくめで開幕したマラガ映画祭2020 ⑬2020年08月23日 20:03

           コロナ時代のマラガ映画祭、異例ずくめで発進

 

      

   (話題作の看板が設置されたマラガのラリオス通りをぶらつく散策者、819日正午

 

821日、3月開催だった 23回マラガ映画祭2020 がおよそ5ヵ月遅れで開幕しました。メイン会場のセルバンテス劇場3階では、作業員たちが開幕前日の20日まで仕上げに奔走、やっと開幕に漕ぎつけたということです。マラガ県では連日180人くらいの感染者がいることから、マスク着用を義務付け、してない人は警官から尋問されるという厳しさ。今年はレッド・カーペットも敷かれず、スターたちとファンとの出会いを大切にするマラガの呼び物、サイン会や自撮り写真、勿論握手などもってのほかです。

  

★有名スターたちが宿泊するACマラガ・パラシオでは、入り口に群がるファンたちをシャットアウトするため2列のプランターを設置して通せんぼしているとか。ここでも3密が徹底しているようです。以前ならエレベーターに偶然乗り合わせるチャンスを狙って、ACマラガ・パラシオの宿泊代を親に払わせていた子供たちがいたそうですが、これもダメです。昔はこういうファンをちょちょろするので映画祭の <ネズミ> といったのですが、大声を出したりイケメン・スターを突ついたりするので <カモメ> と言うようになっていましたが、これも叶いません。

 

★マラガ出身で本映画祭に多額の出資をしているアントニオ・バンデラスが、コロナ検査で陽性だったことを公表しました。目下隔離生活をしているようですが、場所は明らかにしていません。810日に60歳になったばかりです。数年前に心臓のステント手術をしていることもあり、比較的軽症とはいえ心配です。マラガ名誉市民の一人で、メラニー・グリフィスとの離婚後、市内に家を購入しています。来年のゴヤ賞2021のメイン司会者にも決定しているから、一日でも早い回復を祈ります。

ゴヤ賞2021の記事は、コチラ20200703

 

     

       (ゴヤ賞2021のもう一人のメイン司会者マリア・カサドとバンデラス)

 

21日、イシアル・ボリャインのコメディLa boda de Rosaで開幕しました。出演者のカンデラ・ペーニャセルジ・ロペスナタリア・ポサパウラ・ウセロなども来マラガしてプレス会見に出席した。

La boda de Rosa」の紹介記事は、コチラ20200321

 

(ロサ役のカンデラ・ペーニャ)

   

      

       

(ソーシャルディスタンスを守って並んだ出席者、中央がボリャイン監督、プレス会見)

 

★壇上のほうはソーシャルディスタンスを守っていますが、記者席は大分密状態の印象です。プレス会見場に入れる記者は、警備員がマスク着用のほか、検温、手の消毒などをチェックしているはずですが、どうもあやしい。マラガに続いて、9月のベネチア、サンセバスチャンと大きな映画祭が控えています。各映画祭のディレクターたちも偵察に現地を訪れているということですから、失敗は許されないのではないでしょうか。

 

★映画上映会場の観客席は、アンダルシア州の勧告に従って、例年の65%に減らしているということです。もっと削減したほうがベターだと、ディレクターのフアン・アントニオ・ビガルは語っています。座席は座れないように一部撤去し、取り外しできない背もたれだけにしている由。スペインの映画祭は日本と違って座席指定はなく先着順のオール自由席です。まったく異例ずくめですが、個人的には <コロナ後> は、23年先になると思っているので、当分は <ウィズコロナ> 対策で乗り切るしかありません。

 

★経済的効果はチケット代を半額にしたうえ、今まで不要だったコロナ対策費や人件費がかさみ、あまり期待できません。例年と比較しても意味がありませんが、スペインでも「Go To トラベル」キャンペーンに似た「♯映画館で映画を観よう」があって、もともとの「♯ステイホーム」も同時に叫ばれており、市民は「どっちにすればいいの」と困惑している。


海外勢スター不在の映画祭も折り返し点*マラガ映画祭2020 ⑭2020年08月27日 08:23

              新型コロナウイリスがもたらした前例のない冷淡さと隔たり

   

     

(左からキティ・マンベール、ベルナベ・リコ監督、フアナ・アコスタ、824日フォトコール)

 

★メイン会場であるセルバンテス劇場前に設えられるレッド・カーペットなしのマラガ映画祭も折り返し点になりました。ラテンアメリカ諸国からの海外スターたちが来られないこともあって、フォトコールさえ写真のようにまばらです。例年だとフォトコールは1作品につき1ダースほどの関係者が参加する。大挙して押し寄せるスターやスタッフ陣の整理や予定通り登場しないことで長く待たされたりと翻弄されていたカメラマンたちも、今年はのんびりゆったりしているようです。そのうえ参加メディアも制限されて大幅に減少したからです。

 

★上記の写真は、ベルナルベ・リコ(セビーリャ1973)のデビュー作El inconveniente(セクション・オフィシアル)のフォトコールに臨んだ、キティ・マンベール(女優、マラガ1953)、フアナ・アコスタ(コロンビアのカリ1976、スペイン在住)と監督の3人。他の出演者ホセ・サクリスタン、カルロス・アレセス、ダニエル・グラオなどは不参加。マスク着用が原則ですが屋外ということでマスクなし、ソーシャルディスタンスを守っていた。キティ・マンベールはマラガの特別賞の一つビスナガ・シウダ・デル・パライソ賞の受賞者、フアナ・アコスタはオープニングのプレゼンターを務めていたが、国内移動ということで来マラガできました。

 

      

    (ビスナガ・シウダ・デル・パライソ賞を受賞したキティ・マンベール、824日)

 

       

     (ベルナベ・リコの長編デビュー作、マンベールとアコスタを配したポスター)

 

        

        (棺桶に寝転がっているのがカルロス・アレセス、映画から)

 

 

825日、セルバンテス劇場でアルトゥーロ・リプスタインレトロスペクティブ賞―マラガ・オイの受賞式がありました。勿論メキシコから来マラガできませんからビデオ参加、受賞への感謝、パンデミックのせいで授賞式に立ちあえなかったことを述べた後、「私の作った映画のすべてが、議論の余地なく、私の自伝的なものといえます。実際にそうなのです」と告白、つまり老人の性と欲望をテーマにしたセクション・オフィシアル上映の最新作El diablo entre las piernasも自伝だということでしょう。「映画館に行くために学校をさぼり、その口実に実に多くの伯父伯母、祖父母に死んでもらいました」と。さすがに両親は二人だし直ぐバレるから避けたらしい。

El diablo entre las piernasの作品紹介は、コチラ20200411

   

    

                  (ビデオでの授賞式、セルバンテス劇場、825日) 

 

    

    (ビデオ参加でのプレス会見の様子)

  

      

     (El diablo entre las piernas」をバックにしたリプスタイン監督

 

★映画祭は地味ながら粛々と進行しているようですが、その盛り上がりの欠如、少し寒々した距離感は否めないようです。


マラガ才能賞にカルロス・マルケス=マルセ*マラガ映画祭2020 ⑮2020年08月29日 13:42

       「映画の殿堂セルバンテス劇場で賞をいただけるのは望外の喜び」

 

        

   (受賞スピーチをするカルロス・マルケス=マルセ、824日、セルバンテス劇場)

 

★去る824日、第23ビスナガ・マラガ才能賞の授与式がセルバンテス劇場でありました(プレゼンターは女優のノエミ・ルイス)。受賞者カルロス・マルケス=マルセ(バルセロナ1983)は監督、脚本家、編集者、6年前の201410.000 kmで華々しくデビュー、金のビスナガ賞(作品賞)と監督賞他を受賞した。翌年のゴヤ賞2015では新人監督賞を受賞している。また昨年のマラガ映画祭2019に出品されたカタルーニャ語のEls dies que vindranでも、金のビスナガ賞と監督賞を受賞するなど、本映画祭との関りは深い。

10.000 km」の作品&キャリア紹介は、コチラ20140411

Els dies que vindran」の作品紹介は、コチラ20190411

 

★デビュー作から製作を手掛けている20年来の親友にしてプロデューサーのセルジ・モレノも登壇、また「10.000 km」のヒロインを演じたロンドンっ子のナタリア・テナは来マラガできないことから、お祝いをビデオメッセージで送ってきた。彼女は英国人だが両親がスペイン出身、スペイン語が堪能で、本作出演で銀の最優秀女優賞を受賞したのでした。

 

       

 (金のビスナガ賞受賞の「10.000 km」のナタリア・テナとダビ・ベルダゲルのカップル)

 

★今回はセクション・オフィシアル出品はありませんでしたが、マラガ・プレミア部門に2020年製作のカタルーニャTVのドラマLa mort de Guillemが上映された(25日にアルベニス映画館)。1993411日、バレンシア州カステリョンの町モンタネホスで極右グループに暗殺されたアンチ・ファシストのギリェム・アグリョ(1974)の死をめぐるTVドラマ。実話に基づいているドキュメンタリー・ドラマ、つづめてドクドラと称している。1995年にネオナチのペドロ・クエバス1人が禁固14年の刑を受けただけで他のグループ全員は無罪、クエバスも4年服役しただけで自由の身になったという不可解な政治的事件。既に27年が経っておりますが、非常に複雑な事案で未だに未解決事件ということです。現在でも不正に苦しむ家族(両親が健在)や関係者に対する嫌がらせが続いているという。

   

      

(19歳だったギリェム・アグリョ)

     

 

       

 (ギリェム・アグリョ役のヤニス・コリャドとギリェムの両親)

       

 

               (プレス会見に臨むカルロス・マルケス=マルセ監督、825日)


金のビスナガは「Las ninas」と「Summer White」*マラガ映画祭2020 ⑯2020年08月31日 11:51

     金賞はピラール・パロメロとロドリゴ・ルイス・パターソンのデビュー作

 

829日、第23回マラガ映画祭2020の受賞結果が発表になりました。「文化を正常化する」をモットーに開催されたマラガ映画祭もいよいよ閉幕となります。金のビスナガ賞(作品賞)は、スペイン映画はピラール・パロメロの「Las niñas」、イベロアメリカ映画はメキシコのロドリゴ・ルイス・パターソンの「Summer White」が受賞しました。共に長編デビュー作、本映画祭はイスパノアメリカ映画の登竜門的な存在ですが、今年はその通りの新人が勝利しました。審査員は、アルバロ・ブレッヒナーアデルファ・カルボアルバロ・セルバンテスチュス・グティエレスパブロ・レモン5名です。以下はセクション・オフィシアルの受賞作品リストです。ブレッヒナーはウルグアイの監督ですが現在はマドリード在住です。

   

 

金のビスナガ(スペイン)副賞12.000ユーロ

Las niñas 監督ピラール・パロメロ

 ICAA / ICEC / RTVE / TV3 / Movistar/ アラゴンTV / Media / Ibermedia

作品&監督キャリア紹介は、コチラ20200316

  

 

     

金のビスナガ(イベロアメリカ)副賞12.000ユーロ

Summer White(「Blanco de verano」)メキシコ 監督ロドリゴ・ルイス・パターソン

 Capacitación Cinematográfica / A.C. / FOPROCINE / IMCINE

     

     

 

審査員特別賞(銀のビスナガ)以下すべて銀賞

La boda de Rosaスペイン、監督イシアル・ボリャイン

 RTVE / A Punt / Movistar/ ICAA / IVAC / ICEC

作品紹介は、コチラ20200321

 

      

 

監督賞

アルトゥーロ・リプスタイン、メキシコ、映画「El diablo entre las piernas

作品&監督キャリア紹介は、コチラ20200411

 

    

 

女優賞「ホテルACマラガ・パラシオ」(今回2名)

キティ・マンベール、スペイン、映画「El inconveniente」、監督ベルナベ・リコ

レジェナ・カセ、ブラジル、映画「Tres veranos」、監督Sandra Kogut

 

  

男優賞(今回2名)

アルベルト・アンマン、スペイン

パブロ・エチャリ、アルゼンチン

 映画「El silencio del cazador」アルゼンチン、2019、監督マルティン・デ・サルボ

 

  

 

助演女優賞

ナタリエ・ポサ、スペイン、映画「La boda de Rosa

 

助演男優賞

ファビアン・コレス、メキシコ、映画Summer White

 

脚本賞

ロドリゴ・ルイス・パターソンラウル・セバスティアン・キンタニジャ、メキシコ

 映画Summer White

 

音楽賞

パスカル・ゲーニュ(フランス出身サンセバスチャン在住)

 映画「Malpaso」ドミニカ共和国、2019、監督エクトル・バルデス

   

   

 

撮影賞

ダニエラ・カヒアス、スペイン、映画「Las niñas

 

編集賞

パウラ・ルポロ、アルゼンチン、映画「El silencio del cazador

 

観客賞

El inconvenienteスペイン、監督ベルナベ・リコ

 

     

 

ICEC (カタルーニャ文化事業協会)

 FOPROCINE(クオリティ映画製作基金)

 IVAC(バレンシア文化協会)

 

★以上がセクション・オフィシアルの受賞作品リストです。2019年製作の作品の中には他の映画祭での受賞作、公開されているものが混じっています。マラガがプレミアでないということです。入手できたポスターをアップしておきました。24回マラガ映画祭2021は、64日~13とアナウンスがありましたが、あくまで予定です。