ゴヤ賞2021はマラガ開催*司会者にアントニオ・バンデラス ②2020年07月03日 16:21

             ゴヤ賞2021授賞式は、マラガ227日に決定

 

          

            (総合司会者のアントニオ・バンデラスとマリア・カサド)

 

★第35回ゴヤ賞授賞式の日取り227(土)だけが発表になっておりました。今回開催地は昨年と同じマラガですが、昨年のスポーツ・センターから Soho CaixBank 劇場に変わります。総合司会者も入れ替えになり、マラガ名誉市民、俳優、監督、製作者のアントニオ・バンデラス、カタルーニャ出身のジャーナリストでテレビ・アカデミー会長のマリア・カサドに決定とスペイン映画アカデミーが発表しました。コロナ感染拡大で決定が大幅に遅れましたが、昨年より1ヵ月遅れの開催です。例年なら米アカデミーが行われる時期ですが、オスカーも8週間遅れの425日と大幅にずれ込んでいます。あくまで予定ですから、先のことは分かりません。なお新型コロナウイルスのせいで劇場公開できなかった映画も、第35回に限ってオンライン上映も対象作品になります。

 

★総合司会者のうちアントニオ・バンデラスについての紹介は割愛しますが、ガラ開催のSoho CaixBank 劇場は、20191115日開館したばかりの新しい劇場、出資者は大手銀行カイシャバンク CaixBank、マラガ市、個人出資者がアントニオ・バンデラスのポケットマネーというから驚きです。彼はシネアストの顔以外に辣腕ともいわれる投資家としても有名で、現在のパートナーであるニコール・ケンプルさんはドイツのシュツットガルト出身の投資銀行家です。劇場は今後マラガ市のみならずアンダルシアの文化発信地となります。今年1月にはバンデラス出演の『コーラスライン』も上演されています。バンデラスは「名誉で光栄に思います。スペイン映画界の一大イベントのお役に立ちたい」とコメント。カンヌ映画祭2019で最優秀男優賞を受賞した『ペイン・アンド・グローリー』もル・シネマで公開が始まっています。

バンデラスの主な紹介記事は、コチラ2017092820150215

 

     

 

マリア・カサドはバルセロナ生れ(1978)、バルセロナ自治大学卒、200612年までテレデアリオ会長を務め、201811月よりTV芸術科学アカデミーの会長に選ばれた。しかし20205月に退任して、9月からは朝のプログラムを降板するというニュースが伝わってきた。バンデラスはこのニュースを知ると、さっそくソーホー劇場とつながりのある、ソーホーTV の新しいプロデューサー職を打診をしたようです。いずれマラガに移住してくることになる。今回の総合司会役を務めることについては、「大きな挑戦だが、すべてのレベルで歴史的な授賞式になるよう大きな期待を寄せている」と抱負を語っている。

 

2021年の2月以降は、映画賞ラッシュになる。ゴヤ賞ガラの翌日には、ゴールデン・グローブ賞、イギリス・アカデミーのバフタ賞411日、米アカデミー授賞式424日、1214日開館予定だったハリウッド・アカデミー博物館は、430日になります。


アルモドバル、ペネロペ・クルス主演で新作 「Madres paraleras」を撮る2020年07月04日 12:29

              同じ日に出産した2人の女性の物語

   

           

    (Efeのインタビューを受けるアルモドバル、マドリードの制作会社事務所にて)

 

ペドロ・アルモドバルによると、新型コロナウイルスの感染拡大で自宅自粛をしていた3ヵ月の間に台本執筆に専念した。新作のタイトルはMadres paralerasで、ペネロペ・クルスを念頭において書きすすめ、本人もとても気に入ってくれた由。秋10月にクランクイン、今年中になんとかしたい。

 

★新作は、マドリードを舞台に同じ日に出産した2人の女性の人生が語られるようです。タイトルのパラレルは「平行線の」が語義ですから、似たような、同じような、の意味でしょうか。「幼い子供たちを育てている、今時の母親たちのフェミニンな世界が語られる」とアルモドバル。もう一人の母親役は決まっていないのか発表にならなかった。これだけではどんな映画か想像するしかありませんが、コロナがなければ新作は、初めて挑戦する英語映画、長短編2本のはずでした。

 

 

     ルシア・ベルリンの小説『掃除婦のための手引き書』の映画化は中断

 

★短編はジャン・コクトーが1930年に発表した戯曲 La Voix humaine(スペイン語La voz humana)の映画化、ティルダ・スウィントンの一人舞台で15分程度のもの、4月撮影開始でしたがパンデミアで中断している。まず2週間くらいの撮影を開始するが、目下遅れや中断を心配している。

 

★長編は、ルシア・ベルリンの小説『掃除婦のための手引き書』の映画化でしたが、これは中断するしかない。「この映画は少し複雑なうえ、ロケ地がアメリカ、言語は英語だから、一時的に中断するしかない」と監督。もともと彼は浮気っぽくて予告通りに製作してないこと往々にしてある。「製作できない映画やシリーズ物もあるが、少しずつ立ち直っていくと思う。自分は楽観主義者で、例を挙げると、週末には映画館に出かけるつもりです」。お気をつけて。

短編&長編の紹介記事は、コチラ20200217

 

       

         (ルシア・ベルリン著『掃除婦のための手引き書』の表紙)


ウディ・アレンの新作で開幕*サンセバスチャン映画祭2020 ①2020年07月06日 09:17

   ウディ・アレンの新作はロマンティック・コメディ「Rifkin's Festival

 

   

 

ヴィゴ・モーテンセンドノスティア賞栄誉賞受賞のニュースを読んでも、ウディ・アレンの新作Rifkin's Festivalがオープニング作品に選ばれたニュースを読んでも、本当にやれるのかなぁと半信半疑でしたが、セクション・オフィシアル作品の発表に至っては、さすがに重い腰を上げざるを得なくなった。日本からも河瀨直美『朝が来る』1023日公開)と秋田県出身の新人監督佐藤快磨(さとう たくま)『泣く子はいねぇが』1120日公開)の2作が選ばれている。『朝が来る』は中止になったカンヌ映画祭の流れで選ばれると思っていました。『泣く子はいねぇが』は、ドノスティア栄誉賞受賞者の是枝監督が一枚噛んでいるようなのでその線かもしれない。まだ6作だけなので全容はもう少し待たねばならない。

 

             

       (前列左から、ウディ・アレン、製作者ジャウマ・ロウレス、

 後列セルジ・ロペス、ジーナ・ガーション、エレナ・アナヤ、ウォーレス・ショーン)

 

  

★第68回サンセバスチャン映画祭のオープニング作品「Rifkin's Festival」は、アメリカ、スペイン、イタリア合作映画。映画よりウディ・アレン自身の性的スキャンダルが先行しているようだ。サンセバスチャン映画祭に訪れたアメリカ人(ジーナ・ガーション)、映画祭に参加したフランス人監督(ルイ・ガレル)に、スペインからエレナ・アナヤセルジ・ロペスを絡ませたロマンティックコメディのようです。昨年夏のバスク自治州ギプスコア県のサンセバスチャンでの撮影は大掛りなもので、撮影は『地獄の黙示録』や『ラストエンペラー』などでオスカー像を受賞しているヴィットリオ・ストラーロが手掛けている。サンセバスチャン映画祭上映を視野に入れているのはバレバレですね。ただしコンペティション外上映で金貝賞には絡みません。他にウディ・アレン映画でお馴染みのウォーレス・ショーンクリストフ・ヴァルツなどが共演、メディアプロのCEOジャウマ・ロウレスがプロデュースしている。

 

       

                       (ジーナ・ガーションとルイ・ガレル)

   

      

            (エレナ・アナヤとウォーレス・ショーン)

 

         

     (撮影中のクリストフ・ヴァルツ)

 

★日本では、#MeToo運動の煽りかコロナのせいか、公開が危ぶまれていたロマンティックコメディ『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(19)が公開されたばかりです。本作の撮影監督もヴィットリオ・ストラーロ、彼も80代入りしたはずです。老いてますます盛んなお二人です。

  

     

          (ウディ・アレンとヴィットリオ・ストラーロ)

    

ヴィゴ・モーテンセンにドノスティア栄誉賞*サンセバスチャン映画祭2020 ②2020年07月08日 16:57

         ヴィゴ・モーテンセンにドノスティア栄誉賞の発表

 

      

 

★去る622日、第68回サンセバスチャン映画祭2020918日~26日)の栄誉賞ドノスティア賞の発表がありました。開催自体を危惧してアップしないでおきましたが、どうやら動き出しました。栄誉賞受書者は、最近では複数(2人か3人)が多いので、もう一人くらい選ばれるのではないでしょうか。アメリカの俳優ヴィゴ・モーテンセンは、ピーター・ジャクソン『ロード・オブ・ザ・リング』三部作(0103)のアラゴルン役で多くのファンを獲得しました。アメリカ映画は日本語版ウイキペディアに詳しいので紹介要りませんので、スペイン語映画を中心にアップいたします。当ブログではリサンドロ・アロンソ『約束の地』14)の劇場公開に合わせて作品&キャリアを紹介しております。

『約束の地』の記事は、コチラ20150701

 

       

     (リサンドロ・アロンソの『約束の地』の原題「Jauja」から)

 

★本映画祭で初監督作品Falling(カナダ=イギリス合作)が上映されます。サンダンス映画祭2020のクロージング作品、カンヌ映画祭2020のコンペティションにも選ばれました。ベテランのランス・ヘンリクセンと彼自身が親子を演じたほか、脚本も自ら執筆した。父と息子の確執、受け入れ、許しが語られるようです。102日スペイン公開も予定されています。

     

    

       

   (監督デビュー作Falling」で親子を演じた、ランス・ヘンリクセンとヴィゴ

 

ヴィゴ・モーテンセン1958年ニューヨークのマンハッタン生れ、俳優、脚本家、詩人、写真家、画家、ミュージシャン、出版社パーシヴァル・プレス(Perseval Presse2002年設立)経営者、今年Falling」で監督デビューも果たした。父親はデンマーク人の農業経営者、母親は米国人(ヴィゴ11歳のとき離婚、共同親権)、父親の仕事の関係で特に幼少年期にはベネズエラ、アルゼンチンで育ったことからスペイン語が堪能、父親の母語デンマーク語、加えて母親がノルウェー語ができたのでノルウェー語、ほかスウェーデン語、フランス語、イタリア語もできる。

 

    

 

1985年、ピーター・ウィアー『刑事ジョン・ブック/目撃者』のアーミッシュ役でスクリーンに本格デビューした。米アカデミー賞主演男優賞ノミネート3回、デヴィッド・クローネンバーグ『イースタン・プロミス』07)、マット・ロス『はじまりへの旅』16)、ピーター・ファレリー『グリーンブック』18)がある。クローネンバーグとは『ヒストリー・オブ・バイオレンス』05)や『危険なメソッド』11)でもタッグを組んでいる。

 

     

          (クローネンバーグの『イースタン・プロミス』から)

 

★スペイン語映画ではアグスティン・ディアス・ヤネス『アラトリステ』06)のディエゴ・アラトリステ役、アルゼンチン映画では、双子の兄弟を演じたアナ・ピターバーグ『偽りの人生』12)、上記のリサンドロ・アロンソの『約束の地』(14、アルゼンチン、デンマーク合作)のグンナー・ディネセン大尉役など。

    

    

      

 (ディエゴ・アラトリステ役のヴィゴ・モーテンセン)

 

★他にショーン・ペーンの初監督作品『インディアン・ランナー』91)、ブライアン・デ・パルマ『カリートの道』93)、ジェーン・カンピオン『ある貴婦人の肖像』96)、リドリー・スコットG.I. ジェーン』97)、エド・ハリスの監督2作目となるウエスタン『アパルーサの決闘』08)、コーマック・マッカーシーのベストセラー小説をジョン・ヒルコートが映画化した『ザ・ロード』09)、ブラジル仏合作のウォルター・サレス『オン・ザ・ロード』12)、アルベール・カミュの短編の映画化、監督のダヴィド・オールホッフェンが、ヴィゴを念頭において台本を執筆したという『涙するまで、生きる』14)などなど数えきれない。モーテンセンのような経歴の持主はそうザラにはいないのではないか。

 

        

       (フランス映画『涙するまで、生きる』のポスター

 

★私生活では、12年前から『アラトリステ』で共演したアリアドナ・ヒルとマドリードのダウンタウンに在住している。現在のパートナーに映画同様永遠の愛を捧げているとか。お互い再婚同士、当時アリアドナはダビ・トゥルエバと結婚しており2人の子供もいた。ヴィゴの一人息子ヘンリーはドキュメンタリー作家。またサッカー・ファンでもあり、『約束の地』の脚本家で詩人のファビアン・カサスとクラブチーム「サンロレンソ・デ・アルマグロ」の熱狂的なサポーターである。カサスの詩集を自分が経営するパーシヴァル・プレスから出版したのが縁ということです。

 

     

      (ヴィゴの息子ヘンリー、ヴィゴ・モーテンセン、アリアドナ・ヒル、

   『グリーンブック』で主演男優賞にノミネートされた米アカデミー賞2019の授賞式)

パブロ・ララインの新作はダイアナ・スペンサーのビオピック2020年07月12日 12:31

        短編コレクションHOMEMADEホームメード』をプロデュース       

 

        

    

★新型コロナウイルスの拡大でサンチャゴの自宅に監禁状態だったパブロ・ラライン1976)の辞書に休暇という単語はありません。43歳になる彼はサンティアゴに監禁中も、弟のフアン・デ・ディオスと設立した制作会社「ファブラFábula」製作の17人の監督からなる短編コレクションHOMEMADEホームメード』をプロデュースしておりました。彼自身も初めてというコメディ「ラスト・コール」に挑戦、ベテランのメルセデス・モランとハイメ・バデルを起用しました。監督1人当たり45分から11分ぐらいで、自宅にある撮影機材や携帯電話を利用してソーシャルディスタンスを守っての撮影です。つまり全作が2020年前半コロナの時代に撮影されました。収益はコロナ禍への支援に充てられる。コロナが否応なく世界を変えつつあることを感じさせます。Netflix 630日から配信が始まっています。

 

      

    (メルセデス・モランとハイメ・バデル、ララインの「ラスト・コール」から)

 

★企画はザ・アパートメントCEOロレンツォ・ミエリとパブロ・ララインの呼びかけで始まった。企画に賛同して出品したシネアストの面々は、『レ・ミゼラブル』に登場した少年が飛ばしたドローンでロックダウンの街を撮影したラジ・リ(仏)、世界で最も孤独な二人の老人、ローマ教皇とイギリス女王の恋の行方を人形劇で描いたパオロ・ソレンティーノ(ローマ)、デヴィッド・マッケンジー(グラスゴー)、レイチェル・モリソン(ロサンゼルス)、『存在のない子供たち』のナディーン・ラバキーハーレド・ムザンナル(ベイルート)、『カセット・テープ・ダイアリーズ』のグリンダ・チャーダ(ロンドン)、『ヴィクトリア』のゼバスチャン・シッパー(ベルリン)、ジョニー・マー(メキシコ)、アナ・リリ・アミールポアー(ロサンゼルス)、ルンガーノ・ニョニ(リスボン)、『ダークナイト』の女優マギー・ギレンホール(バーモント)、ヴァンパイアー・サガ『トワイライト』主演のクリステン・スチュワート(ロサンゼルス)、『ナチュラルウーマン』のセバスティアン・レリオ(サンティアゴ)、日本からは河瀨直美(奈良)などがが参加している。監督18人による17作品、なお()内は撮影地。

 

      

      (ローマ教皇と英国女王、笑い続けたソレンティーノの人形劇から)

 

 

       プリンセス・オブ・ダイアナが離婚を決意したクリスマス休暇の3日間

 

★さて本題、パブロ・ララインが短編コレクションと同時に準備していたのが長編Spencerである。旧姓ダイアナ・スペンサー、プリンセス・オブ・ウェールズのビオピックですが、ラライン映画ではダイアナの死は語られないダイアナ妃があるクリスマス休暇をノーフォークのサンドリンガム邸で王室の人々と過ごした3日間に限られる。「この人たちとはこれ以上一緒に暮らすことはできないと気づいた」3日間、これがチャールズ皇太子との最後のクリスマスとなる。別居が公式に発表されるのは1992129日だからその前年あたりと思われる。もっとも二人の関係悪化は1984年の次男ヘンリー誕生あたりと言われているのでもっと以前かもしれない。

 

★誰がダイアナ妃に扮するのか、オリバー・ヒルシュビーゲルの『ダイアナ』のナオミ・ワッツでも、ドラマシリーズ『ザ・クラウン』のエマ・コリンでもなかった。上記のHOMEMADEホームメード』で監督デビューも果たしたクリステン・スチュワート(ロス1990)を予想した人はいなかったでしょう。イギリスのダイアナ・ファンは、「なんでチリの監督でハリウッド女優なの!」と、いたくオカンムリなのですが、ゴシップの絶えないクリステン起用は大方にとって驚きだったでしょう。くっついたり離れたりしていたステラ・マックスとは完全に切れたらしく、去年の秋頃から新恋人として脚本家のディラン・マイヤーとのツーショットが目立つようになっている。上記の短編コレクションの脚本にも彼女は参加していて、ボイス出演までもしているのです。どうやら今度は本気らしい。

 

     

                  (二人のダイアナ) 

 

★美貌だけが売りの女優でないことは、『WASPネットワーク』でオリヴィエ・アサイヤス監督のキャリア紹介をしたおりに、クリステンが『アクトレス 女たちの舞台』14)で好演、翌年のセザール賞を受賞したことを記事にしたばかりです。アサイヤスとはサイコスリラー『パーソナル・ショッパー』にも出演しています。ヴァンパイアー・サガ『トワイライト』の成功で名声と莫大な資産を両手にしました。評判はイマイチだった『スノーホワイト』、ウディ・アレンの『カフェ・ソサエティ』、昨年は『チャーリーズ・エンジェル』(リメイク版)にも声が掛かった。

 

★周囲を驚かせたクリステン起用についてラライン監督は、「成功させるには映画の核に、とても重要な何かが必要なのです、それは神秘的な何かです。クリステンにはそれがある。私たちが求めていたのは、とても謎めいていて壊れやすいが強さも兼ね備えた女優でした。それらの要素を持ち合わせている女優として私たちはクリステンを思い起こしました。彼女が台本にどのように反応したか、どのように登場人物に近づいて行ったかが重要なのです。彼女なら不信と不穏な何かを同時にやり遂げるだろうと思います。自然に湧き出る強さです」と期待をにじませる。

 

★ララインにとって、クリステンは現時点での「最高の演技者の一人」なのでしょう。過去には、ナタリー・ポートマンにジャッキー・ケネディを演じさせベネチア映画祭に持って行くことができた。果たしてクリステンをダイアナ・スペンサーに化けさせられるか、その力量が試される。おとぎ話を読んで、やがて訪れてくるだろう王子さまを夢見ていた女性たち、歴史的な女性神話に興味をもつ多くの観客の心を掴むことができるでしょうか。

 

     

   (ナタリー・ポートマンと監督、第73回ベネチア映画祭2016のフォトコールから)

 

★スティーヴン・キング自らが自作 Liseys Story を脚色したTVシリーズ『リーシーの物語』(8話、米国・チリ合作、翻訳あり)をニューヨークで撮影中、終了次第ヨーロッパに渡って、来年早々にクランクインの予定だそうです。IMDb情報では、脚本を『イースタン・プロミス』を手掛けたスティーヴン・ナイトが執筆、製作者はラライン・ブラザーズの他、『つぐない』でアカデミー賞作品賞ノミネートのポール・ウェブスターなどがクレジットされているだけです。キャストはクリステン・スチュワート以外未発表、コロナの影響をうける可能性もゼロではないからカンヌに間に合うかどうか。監督自身も「撮影前に作品の説明はできません。なぜなら映画製作は思わぬリスクと背中合わせだからです。私の最大の喜びは映画を撮ること、アイデアが明確になり作品として完成されていく過程です。もし言ってよければ、こうして仕事を続けられるのは特権であり喜びです」と。

 

       

        (弟フアン・デ・ディオスと監督、ラライン・ブラザーズ)


ウィレム・デフォーが映画祭の顔に*サンセバスチャン映画祭2020 ③2020年07月24日 10:14

            68回サンセバスチャン映画祭のポスターが発表になりました

 

      

          (ウィレム・デフォーをあしらった映画祭ポスター)

 

★去る717日、第68回サンセバスチャン映画祭の顔にアメリカの俳優ウィレム・デフォー(ウィスコンシン州1955)が選ばれました。カンヌ映画祭のように、映画祭の顔を決めるようになったのは、2018年のイザベル・ユペールからで、昨2019年はペネロペ・クルスと女優が続きました。ポスターの制作者は、ニューヨークを拠点に活躍する写真家マーティン・ショレールです。有名無名を問わない肖像写真を得意としているということです。今回のポスターは意表をついた素敵な出来上がりです。

 

★ウィレム・デフォーは、2005年、本映画祭の栄誉賞ドノスティア賞受賞者です。本国アメリカではアカデミー賞はノミネートだけです。『プラトーン』(86)アカデミー賞助演男優賞ノミネート、『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』(00)、『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(17)、いずれも同じノミネートです。2018『永遠の門 ゴッホの見た未来』18)でゴッホを演じ、ベネチア映画祭2018最優秀男優賞を受賞、しかしアカデミー賞主演男優賞もゴールデン・グローブ賞もノミネートに終わりました。

 

      

          (ドノスティア賞の栄誉賞受賞、サンセバスチャン映画祭2005授賞式にて)

   

       

   (ベネチア映画祭2018、ゴッホ役で最優秀男優賞)

 

★他にもカテゴリーごとのポスターが発表になっています。新型コロナ・ウイリスの感染者拡大で、当然のことながら各映画祭は盛り上がりに欠けています。今年は当ブログもお休み状態、落穂拾いでお茶を濁すことになりそうです。

 

       

         (小さくてよく分からない、各カテゴリーのポスター一覧)