オープニング・セレモニー*サンセバスチャン映画祭2020 ⑫2020年09月21日 17:45

           マスクを付けたり外したり、なにかと忙しいオープニング・セレモニー

    

        

   (ライトアップされた第68回サンセバスチャン映画祭のメイン会場クルサール)

 

918日、オープニングにあわせて宿泊ホテルのマリア・クリスティナに到着したスターたちには、少し肌寒いのか、思い思いのマスク着用のジャケット姿が目に付いた。さすがにフォトコールにはマスクを外してカメラにおさまっていた。例年ならホテル前もヤジウマやパパラッチでいっぱいでしたが、今年は柵の中は撮影を許可されたカメラマンのみでした。

 

★ジャスト2100から開始されたオープニング・セレモニーの司会者は、司会者としては超ベテランの女優カエタナ・ギジェン・クエルボ、バスク州ギプスコア出身の女優ミレン・ガスタニャガ、マドリード生れの女優インマ・クエバス、『アルツォの巨人』で巨人ホアキンを演じたエネコ・サガルドイ4人。それぞれ癖のある実力者を選んでいた。ミレンはバスク・テレビの番組で「スペイン人は田舎者で、文化的には時代遅れの人」と評して話題になった女優。歯に衣着せぬ人らしく今回も自由奔放な司会者ぶりだった。

 

       

   (左から2人目が貫禄のカエタナ・ギジェン・クエルボ、右端がミレン・ガスタニャガ)

 

★開催を断念したカンヌ映画祭のディレクターであるティリー・フレモーも来セバスティアンして登壇、カンヌでノミネーションされた17作品が上映されることへの感謝の辞を述べた。

   

      

  (流暢なスペイン語で感謝の辞を述べるカンヌFFディレクター、ティエリー・フレモー)    

 

    

  (左端は本映画祭ディレクターのホセ・ルイス・レボルディノス、ティリー・フレモー)

 

★オフィシャル・セレクション部門の審査員5人が登壇、委員長ルカ・グァダニーノが挨拶のスピーチをした。TVシリーズWe Are Who We Areがコンペティション外で特別上映される。メキシコの監督ミシェル・フランコ、イギリスの俳優ジョー・アルウィン、プロデューサーのマリサ・フェルナンデス・アルメンテロス、衣装デザイナーのレナ・Mossum 5審査員。

 

     

 (左から、フェルナンデス・アルメンテロス、フランコ、グァダニーノ、Mossum、アルウィン

   

      

              (審査委員長ルカ・グァダニーノ)

 

    

  (ペルラス部門の開幕作品「Nuevo orden / New Orden」が上映されるミシェル・フランコ)

 

       

                           (ジョー・アルウィン)

 

      

   (マリサ・フェルナンデス・アルメンテロス)

 

     

                            (レナ・Mossum

 

★セクション・オフィシアル部門のオープニング作品Rifkin's Festivalの主演者、米国のジーナ・ガーションエレナ・アナヤ、製作者のジャウマ・ロウレス3人が登壇、疲れ知らずの監督と言われるウディ・アレンは不参加でした。監督と共演者ウォーレス・ショーンは、上映後のプレス会見ではニューヨークからテレマティクスで参加していた。

 

   

    (左から、エレナ・アナヤ、ジャウマ・ロウレス、ジーナ・ガーション)

 

(エレナ・アナヤ)

  

     

(ジーナ・ガーション)

   

                        

 

   

         (テレマティクス参加のウディ・アレン監督)

 

★ミュージックやダンスなどでつなぐのは例年通りだが、入場者が半分ほどに制限されているせいか、客席は概してお行儀よかった。司会者が客席の通路に降りるときは、マスクをするのでなかなかシュールでした。米国のシングソングライター、ピート・シガーの不朽の名曲、世界一有名な反戦歌とも称される「花はどこへ行った」が演奏されるなどした。予定通りの50分で終了した。

 

★以下は17日から20日にかけて配信された、その他のフォト(順不同)。出演者の他、プレゼンターとして参加するシネアストたちです。ジョニー・デップのように海外勢も結構名前が挙がっており、国際映画祭らしい雰囲気が漂ってきました。ジョニーはイギリスの監督ジュリアン・テンプルのドキュメンタリー「Crock of Gold: A Few Rounds with Shane MacGowan」(コンペティション)に「Pogues」のリードシンガーでソングライターのシェン・マガウアンと共演しているほか、製作者でもある。コロナ感染者が連日1万人増加では、終幕後がどうなっているか心配してもしようがないようです。

 

 

       

 (ミレン・ガスタニャガ) 

          


    

           (カエタナ・ギジェン・クエルボ)

    

(インマ・クエバス)

 

 

   

     (19日、マリア・クリスティナ・ホテルに到着したバルバラ・レニー)

   

      

     

(相変わらず人気の高いジョニー・デップ、パパラッチがいないからトラブルもなく・・・)

    

   

   (セクション・オフィシアルの「Akelarre」監督のパブロ・アグエロ、19日)

 

 (アマイア・アベラストゥリ、出演者)

   

                  

  (A・ブレンデミュール、同)

  

  

 

   

      (「El verano que vivimos」監督のカルロス・セデス、20日)

 

 (ブランカ・スアレス、出演者)

                         

                    

   

(ハビエル・レイ、同)

    

(マリア・ペドラサ、同)

     

             

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aribaba39.asablo.jp/blog/2020/09/21/9297879/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。