3人の失業仲間が奮闘する笑えないコメディ 「El plan」」2020年02月22日 09:32

      同名戯曲の映画化、お先真っ暗なパコ、ラモン、アンドラデの人生設計

 

 

ポロ・メナルゲスEl planは、アントニオ・デ・ラ・トーレチェマ・デル・バルコラウル・アレバロのベテラン3人が登場する。働いていた警備会社が閉鎖、お決まりの失業者の仲間入り、日がな一日、今後を議論しているが光は射してこない。イグナシ・ビダルの戯曲をベースにして映画化された。昨年のバジャドリード映画祭2019 SEMINCIに正式出品(1022日)、続くセビーリャ・ヨーロッパ映画祭でも上映された(1112日)。主演3人は人気の高い中堅演技派を揃えていますが、監督のポロ・メナルゲスは当ブログ初登場です。

   

   

        (ポロ・メナルゲス監督、第64回バジャドリード映画祭SEMINCIにて

   

    

 (左から、ラウル・アレバロ、監督、アントニオ・デ・ラ・トーレ、チェマ・デル・バルコ)

 

ポロ・メナルゲス Carlos Polo Menárguezは、監督、脚本家、製作者、編集者ほか撮影も手掛けるマルチ人間、マドリードのカルロス3世大学で情報メディア、視聴覚コミュニケーションを専攻(200610)、スペイン国営テレビRTVEオフィシャル研究所で養成を受けた(201011)。2009年短編La culona16分)を撮る。母親を殺された事件を機に故郷を離れていた若い娼婦ルシアが、数年後リベンジのため帰郷する。独り暮らしの伯母カルメンを手助けする必要もあったのだが、伯母の助言は役に立つだろう。カルメン役にベテランのマリア・アルフォンソ・ロッソが扮した。長編映画としてはDos amigos1396分)があり、これはフィクションとドキュメンタリーをミックスしたような作品。トゥールーズ映画祭2013初監督部門とセビーリャ・ヨーロッパ映画祭に正式出品された。音楽を担当したルイス・エルナイスがテネリフェ映画音楽フェスでオリジナル・スコア賞を受賞した。本作El planを長編デビュー作と紹介する記事もあるが2作目になります。

  

     

                      (長編デビュー作Dos amigos」のポスター

 

★セルビアを舞台にしたドキュメンタリーInvierno en Europa70分)は、バジャドリード映画祭2017に正式出品され、翌年のゴヤ賞の作品・監督・脚本・編集など8部門に候補として選ばれていたが、最終ノミネーションには残れなかった。新作El plan」もSEMINCIの愛称でより親しまれているバジャドリード映画祭でプレミアされている。

  

    

                 (ドキュメンタリーInvierno en Europa」のポスター

 

 

 El plan2019

製作:Capitán Araña / Elamedia Estudios

監督:ポロ・メナルゲス

脚本:ポロ・メナルゲス、原作イグナシ・ビダル

音楽:パブロ・マルティン・カミネロ

撮影:アレハンドロ・エスオアデロ

編集:バネッサ・Marimbert

プロダクション・マネージメント:ビルヘニア・エルナンド

衣装デザイン:イラチェ・サンス

メイク&ヘアー:クルス・プエンテ

製作者:ナチョ・ラ・カサ、ララ・テヘラ(エグゼクティブ)

 

データ:製作国スペイン、スペイン語、2019年、コメディ・ドラマ、79分、スペイン公開2020221

映画祭・受賞歴バジャドリード映画祭2019 SEMINCI、セビーリャ・ヨーロッパ映画祭2019に正式出品される。

キャスト:アントニオ・デ・ラ・トーレ(パコ)、チェマ・デル・バルコ(ラモン)、ラウル・アレバロ(アンドラーデ)

 

ストーリー:パコ、ラモン、アンドラーデの3人は、働いていた警備会社が閉鎖して失業、負け犬の不運を日がな一日かこつことになる。しかしある日のこと、朝の9時に3人は、新しい<プラン>を実行することに決心する。プランはすべてを一新するはずだったが、何やかや不慮の出来事が起きて、家から出発できず、またもや堂々巡りの議論が始まって・・・それぞれの個人的な生活やマドリード郊外の下町の隣人たちによるフラストレーションから、3人の友情と憎しみが炸裂するだろう。

 

★監督によると「トーンはコメディと辛口ドラマの中間、ホームドラマというのは諍いは日常的で、どんな時でも一触即発の危機にある」ということです。進行につれて悪くなる予感がしてくるが「それは見方によるだけ」で、作品はいかなる解釈も正当化もきっぱりと拒絶している。

 

★舞台劇の映画化では登場人物の選考は難しい。アントニオ・デ・ラ・トーレラウル・アレバロは、ラテンビート2009で上映された、ダニエル・サンチェス・アレバロの『漆黒のような深い青』、『デブたち』、『マルティナの住む街』、短期間だが公開されたアルベルト・ロドリゲスの『マーシュランド』、そしてアレバロ初監督の『物静かな男の復讐』の主役はデ・ラ・トーレでした。二人ともゴヤ賞ノミネートの常連、紹介俳優ベストテンにはいる。ラモン役のチェマ・デル・バルコは、ダニエル・モンソンの『エル・ニーニョ』(14)の工場長役や Netfix 配信のTVシリーズ『ペーパーハウス』などに出演している。

アントニオ・デ・ラ・トーレのフィルモグラフィー紹介は、コチラ20180827

ラウル・アレバロのフィルモグラフィー紹介は、コチラ20170109

 

    

         (日がな一日、議論ばかりしている敗残兵、アンドラーデ、パコ、ラモン

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aribaba39.asablo.jp/blog/2020/02/22/9216480/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。