第9回フェロス賞2022*受賞結果発表2022年02月05日 16:49

     作品賞はコメディ部門「El buen patrón」とドラマ部門「Maixabel」が受賞

 

        

 

★去る130日、9回フェロス賞2022の授賞式がマドリードからサラゴサ・オーディトリアムに舞台を移して開催されました。ゴヤ賞前哨戦という立ち位置ですが、結果は以下の通りになりました。作品賞は下馬評通り「Maixabel」(2賞)と「El buen patrón」(3賞)になりましたが、監督賞が当ブログではノーマークだったロドリゴ・コルテスの「El amor en su lugar」となりました。第二次世界大戦中の劇場への個人的なオマージュということです。コルテス監督といえばその斬新な切り口でファンを驚かせた「Buried」(10、英語・アラビア語)の監督、国際的に大ヒットして、我が国でも『リミット』のタイトルで公開されました。

 

★アルモドバル監督も主演のペネロペ・クルスも赤絨毯を踏みませんでしたが、「Madres paralelas」は、アイタナ・サンチェス=ヒホンが助演女優賞、アルベルト・イグレシアスがオリジナル音楽賞、ハビエル・ハエンのポスター賞の3賞をゲットしました。TVシリーズ(ドラマ部門)のアナ・ルハスとクラウディア・コスタフレダの「Cardo」受賞は番狂わせとか。主役を演じたアナ・ルハスは主演女優賞も受賞しました。カテゴリーの数も種類もゴヤ賞とは異なり、こちらのほうが視聴者の目線に近いかもしれない。コメディ部門は2作しか紹介できませんでしたが、スペイン人のコメディ好きは相変わらずです。

     

   

(PCR 検査をする、総合司会者のナチョ・ビガロンド監督とコメディアンのパウラ・プア)

 

★昨年新設された二つの特別賞(フィクション&ノンフィクション)がFeroz Arrebato 賞となり、「激しい爆発」という意味なので、一応「フェロス爆発賞」と訳しておきます。今回はドラマ部門の作品賞にもノミネートされたチェマ・ガルシア・イバラのロカルノ映画祭特別賞受賞作SFコメディと、アドリアン・シルベストレのトランスジェンダーの心の傷を描いたドキュメンタリーが受賞しました。国内ネットワークでは放映されませんでしたが、YuoTubeで楽しめたようです。降格されてもフェロス賞は生き残る必要があるということです。以下が受賞結果、脚本賞以下は受賞者のみをアップ、ゴチック体が受賞者、は当ブログで作品紹介をしたものです。

 

 

       9フェロス賞2022受賞結果

 

作品賞(ドラマ部門)

Esritu sagrado  監督チェマ・ガルシア・イバラ

Libertad       クララ・ロケ 邦題『リベルタード』  

Madres paralelas   ペドロ・アルモドバル  

Tres        フアンホ・ヒメネス・ペーニャ&ペレ・アルタミラ

Maixabel          イシアル・ボリャイン  

製作者はコルド・スアスアフアン・モレノギジェルモ・セムペレ。ウルコ・オラサバルの助演男優賞の2冠に終わりました。オリジナル音楽賞ダブル・ノミネートのアルベルト・イグレシアスはアルモドバル映画で受賞、フェロス賞女優賞受賞者のブランカ・ポルティーリョなどは残念でした。

   

 

            (イシアル・ボリャイン)

 

 

                    (左側が製作者コルド・スアスア)

 

作品賞(コメディ部門)

El cover        監督セクン・デ・ラ・ロサ  

Chavalas           カロル・ロドリゲス・コラス

Seis días corrientes        ネウス・バリュス

Un efecto óptico        フアン・カベスタニー

El buen patrón         フェルナンド・レオン・デ・アラノア 

製作はレオン・デ・アラノアジャウマ・ロウレスハビエル・メンデス・ソリとの共同製作、フェロス賞受賞は初めて。  

   

   

 (左から2人め、ハビエル・バルデム、レオン・デ・アラノア監督、セルソ・ブガージョ、

  アルムデナ・アモール)

 

監督賞

ペドロ・アルモドバル Madres paralelas

イシアル・ボリャイン Maixabel 

フェルナンド・レオン・デ・アラノア El buen patrón 

クララ・ロケ Libertad 

ロドリゴ・コルテス  El amor en su lugar

 

     

               (第5作目で受賞者となったロドリゴ・コルテス)

 

主演男優賞

ロベルト・アラモ Josefina  

リカルド・ゴメス  El sustituto 

エドゥアルド・フェルナンデス Mediterráneo  

ルイス・トサール Maixabel 

ハビエル・バルデム El buen patrón

フォルケ賞は受賞がほぼ決定していましたが欠席、今度はさすがに出席しました。フェロス賞は『誰もがそれを知っている』(18)でノミネートされただけで今回が初受賞です。

 

    

            (下馬評通りの受賞者ハビエル・バルデム)

 

主演女優賞

タマラ・カセリャス Ama   

ペネロペ・クルス  Madres paralelas

マルタ・ニエト    Tres

ブランカ・ポルティーリョ Maixabel 

ペトラ・マルティネス La vida era eso『マリアの旅』

           (ダビ・マルティン・デ・ロス・サントス) 

60年のキャリアを持つペトラに今宵もっとも大きな拍手喝采が送られました。「私の同僚の女優たちはみんな素晴らしいのです。しかし最高の女優は私です」と、お茶目なスピーチをして満場を沸かせたそうです。

 

    

          77歳とは思えない受賞者ペトラ・マルティネス) 

 

 

助演男優賞

セルソ・ブガージョ  El buen patrón  

ペレ・ポンセ  El sustituto 

チェチュ・サルガド Las leyes de la frontera  

マノロ・ソロ  El buen patrón 

ウルコ・オラサバル  Maixabel 

 

     

              (ウルコ・オラサバル)

 

助演女優賞

アルムデナ・アモール  El buen patrón    

アンナ・カスティーリョ La vida era eso

ミレナ・スミット      Madres paralelas 

カロリナ・ジュステ  Chavalas (カロル・ロドリゲス・コラス)  

アイタナ・サンチェス=ヒホン Madres paralelas

 

    

           (大人の気品あふれる受賞者アイタナ)  

 

 

脚本賞

フェルナンド・レオン・デ・アラノア El buen patrón 

 

   

                2冠達成のフェルナンド・レオン・デ・アラノア)

 

オリジナル音楽賞

アルベルト・イグレシアス  Madres paralelas

 

    

        (トロフィーを手にしたアルベルト・イグレシアス)

 

ポスター賞

ハビエル・ハエン  Madres paralelas 

 

     

              (ハビエル・ハエン)

 

予告編賞

ミゲル・アンヘル・トゥルドゥ  La abuela  パコ・プラサ監督   

2015年の 『マジカル・ガール』 ノミネート以来7回目、2019年の 『シークレット・ボイス』、2020年のパコ・カベサスの 「Adiós」 と2回受賞しているベテラン、今回の受賞で3勝目となった。

      


          (ミゲル・アンヘル・トゥルドゥ)

 

 

TVシリーズ作品賞(ドラマ部門)

Cardo 創作者アナ・ルハスクラウディア・コスタフレダ 

製作Suma Latina(ハビエル・カルボ&ハビエル・アンブロッシ)/ Atresmedia Television

プロデューサーのハビエル・アンブロッシはステージで「若い才能に声をかけたら、彼らに任せてください。彼ら自身に物語を語らせてください」と懇願しました。ロス・ハビスは『ホーリー・キャンプ!』を共同で監督しました。125分のミニシリーズ(全6話)

 


                (アナ・ルハス、クラウディア・コスタフレダ)

       

     

 

    

      (80年代ファッションを着たハビエル・カルボとハビエル・アンブロッシ)

 

TVシリーズ作品賞(コメディ部門)

Venga Juan 創作者ディエゴ・サン・ホセ  製作TNT España / 100 Bala

昨年の第2シーズン「Vamos Juan」に続いて受賞した、政治家フアン・カラスコを主役にした政治コメディ。長寿TVシリーズの第3シーズン。脚本家ディエゴ・サン・ホセは、「オーチョ・アペジードス」シリーズを手掛けたベテランです。

  

   

                        (中央がディエゴ・サン・ホセ)

 

TVシリーズ主演男優賞

ハビエル・カマラ  Venga Juan

主役の政治家フアン・カラスコに扮して、昨年逃したトロフィーを手にした。今回は相棒のマリア・プハルテも助演女優賞を受賞した。

   

      

    

      (昨年トロフィーを逃したハビエル・カマラ、マリア・プハルテ) 

 

TVシリーズ主演女優賞

アナ・ルハス  Cardo  

 

    

         (デュオールのドレスで登壇したアナ・ルハス)

 

TVシリーズ助演男優賞

エンリク・アウケル Vida perfecta (監督レティシア・ドレラ)

ゴヤ賞2020新人男優賞受賞から注目されている若手俳優、フェロス賞2020に続く2度目の受賞。目が離せなくなった個性派です。

 

     

        1970年代に流行した幅広のパンタロン姿で登壇した)

 

TVシリーズ助演女優賞

マリア・プハルテ Venga Juan

 

     

            (マリア・プハルテ)

 

フェロス爆発賞賞(フィクション部門)

Esritu sagrado 監督チェマ・ガルシア・イバラ

            

              

                       (チェマ・ガルシア・イバラ)

 

フェロス爆発賞(ノンフィクション部門)

Sedimentos (ドキュメンタリー) 監督アドリアン・シルベストレ

6人のトランスジェンダーの女性の人生について欄外から描いたドキュメンタリー。タイトルは心の傷、わだかまりの意。

 

       

           (左側、アドリアン・シルベストレ)

 

フェロス栄誉賞

セシリア・バルトロメCecilia Bartolomé1940年アリカンテ生れ

監督、脚本家、プロデューサーとして、スペインの女性たちに課せられたタブーに挑戦した映画業界のパイオニア的存在。鬼籍入りしているピラール・ミロや未だ現役の先輩ジョセフィナ・モリーナ監督などと協力して、女性シネアストの地位向上に尽くしている。別途キャリア紹介を予定しています。コチラ⇒2022年02月09日

   

 

 


             (多くの女性シネアストたちが登壇して祝福しました)

 

★以下は話題を呼んだレッドカーペット上のファッション・ショー、若手の男性たちのルックスは、黒のジャケットを脱ぎ捨てて以前とは大分変わりました。女性の人気ファッションは相変わらずモノクロが多かった印象です。

   

   

       (毎回ベストドレッサーに選ばれるクララ・ラゴ)

  

  

TVシリーズ「La fortuna」で主演女優賞ノミネートのアナ・マリア・ポルボロサ)

 

   

  (「Madres paralelas」で助演女優賞ノミネートのミレナ・スミット)

 

   

     (TVシリーズの助演男優賞プレゼンターのインマ・クエスタ)

 

  

            (カルメン・アルファト)

 

   

    (「Chavalas」で助演女優賞ノミネートのカロリナ・ジュステ)

 

  

              (「Tres」で主演女優賞ノミネートのマルタ・ニエト)

 

   

  (『マリアの旅』で助演女優賞ノミネートのアンナ・カスティーリョ)

 

  

TVシリーズ『ペーパー・ハウス』で助演女優賞ノミネートのナイワ・ニムリ)

 

   

  (TVシリーズ「Hierro」で主演女優賞ノミネートのカンデラ・ペーニャ)

  


 (「El buen patrón」で助演女優賞ノミネートのアルムデナ・アモール)


   

        (「Vida perfecta」の監督レティシア・ドレラ)

 

 

(エレガントなAICA会長マリア・ゲーラ、ポデモス統一のヨランダ・ディアス)


★アルモドバルは国内では振るいませんでしたが、イギリスのアカデミー賞と言われるバフタ賞 BAFTA(英語以外の映画部門)にノミネートされ、濱口竜介、セリーヌ・シアマ、パオロ・ソレンティーノなどと競います。