第36回ゴヤ賞2022ノミネーション発表*ゴヤ賞2022 ②2021年12月05日 17:09

      最多ノミネーションの「El buen patorón」は史上初の20

 

      

   

★去る1129日、マドリードの映画アカデミー本部にて第36回ゴヤ賞2022のノミネーションは発表がありました。司会者はナタリエ・ポサとホセ・コロナドでした。作品賞は以下の通りですが、米アカデミー国際長編映画賞のスペイン代表になったフェルナンド・レオン・デ・アラノアEl buen patorónゴヤ賞始まって以来のノミネート20になりました。これまではイマノル・ウリベの『時間切れの愛』(94)の19個でした。イシアル・ボリャインMaixabel14ペドロ・アルモドバルMadres paralelas8、続くはマルセル・バレナMediterráneo72021年のスペイン映画界に大きく貢献したというクララ・ロケ『リベルタード』と、キンキ映画のオマージュというダニエル・モンソンLas leyes de la frontera6です。

 

        

     (ノミネーション・プレゼンターのホセ・コロナドとナタリエ・ポサ)

 

★ノミネーションの数が受賞に正比例するわけではありませんが、一応流れはできたという印象です。うち助演男優賞にEl buen patorón」からセルソ・ブガージョフェルナンド・アルビスマノロ・ソロ3人(!?)、助演女優賞にMadres paralelas」からアイタナ・サンチェス=ヒホンミレナ・スミス2人が同作品から選ばれている。過去に2人はしばしば目にしましたが、3人となるとしらけます。初出には監督名を補いました。(印は作品紹介をしたもの)

   

        36回ゴヤ賞ノミネーション全28カテゴリー

 

作品賞5作品)

El buen patorón 監督フェルナンド・レオン・デ・アラノア

 

     

Maixabel 監督イシアル・ボリャイン

 

     

Madres paralelas 監督ペドロ・アルモドバル

 

     

Libertad 監督クララ・ロケ(邦題『リベルタード』)

 

    

Mediterráneo 監督マルセル・バレナ

 

     

 

監督賞

フェルナンド・レオン・デ・アラノア El buen patorón

マヌエル・マルティン・クエンカ 「La hija(邦題『ザ・ドーター』)

 

      

ペドロ・アルモドバル Madres paralelas

イシアル・ボリャイン Maixabel

 

新人監督賞

カロル・ロドリゲス・コラス 「Chavalas

  


ハビエル・マルコ 「Josefina

  

  

ダビ・マルティン・デ・ロス・サントス 「La vida era eso(邦題『マリアの旅』

   

  

クララ・ロケ「Libertad」(邦題『リベルタード』)

 

オリジナル脚本賞

フェルナンド・レオン・デ・アラノア El buen patorón

クララ・ロケ 「Libertad

イシアル・ボリャイン Maixabel

フアンホ・ヒメネス・ペーニャ&ペレ・アルタミラ 「Tres」監督は脚本に同じ

   

   

脚色賞

フリア・デ・パス・ソルバス&ヌリア・ドゥンホ・ロペス 「Ama

 

     

アグスティ・ビリャロンガ 「El vientre del mar

   

 

ダニエル・モンソン&ホルヘ・ゲリカエチェバリア 「Las leyes de la frontera

 

    

ベニト・サンブラノ&クリスティナ・カンポス 「Pan de limon con semillas de amapola

  

   

主演男優賞

ハビエル・バルデム El buen patorón

ハビエル・グティエレス 「La hija」(邦題『ザ・ドーター』)

ルイス・トサール Maixabel

エドゥアルド・フェルナンデス Mediterráneo

 

主演女優賞

エンマ・スアレス 「Josefina

ペトラ・マルティネス 「La vida era eso」(邦題『マリアの旅』)

ペネロペ・クルス Madres paralelas

ブランカ・ポルティリョ Maixabel

 

助演男優賞

セルソ・ブガージョ El buen patorón

フェルナンド・アルビス El buen patorón

マノロ・ソロ El buen patorón

ウルコ・オラサバル Maixabel

 

助演女優賞

ソニア・アルマルチャ El buen patorón

ノラ・ナバス 「Libertad」(邦題『リベルタード』)

アイタナ・サンチェス=ヒホン Madres paralelas

ミレナ・スミス Madres paralelas

 

新人男優賞

オスカル・デ・ラ・フエンテ El buen patorón

タリク・ルミリ El buen patorón

チェチュ・サルガド 「Las leyes de la frontera

ホルヘ・モトス 「Lucas 監督アレックス・モントーヤ

   


新人女優賞

アンヘラ・セルバンテス 「Chavalas」 

アルムデナ・アモール El buen patorón

ニコル・ガルシア 「Libertad」(邦題『リベルタード』)

マリア・セレスエラ Maixabel

 

オリジナル作曲賞

Zeltia Montes El buen patorón

Fatima Al Qadiri 「La abuela 監督パコ・プラサ

  

  

アルベルト・イグレシアス Maixabel

アルナウ・バタジェール Mediterráneo

 

オリジナル歌曲賞

“Burst Out” 作曲家アンヘル・レイロ、ジャン=ポール・Dupeyron、ハビエル・カペリャスAlbum de posguerra」(ドキュメンタリー)監督アイリー・マラガル&アンヘル・レイロ

  

 

“Que me busquen por dentro” 同アントニオ・オロスコ、

ジョルディ・コレル・ピニリョス 「El cover 監督セクン・デ・ラ・ロサ

  

 

“Las leyes de la frontera” 同アレハンドロ・ガルシア・ロドリゲス、アントニオ・モリネロ・レオン他  Las leyes de la frontera

“Te espera el mar” 同マリア・ホセ・リェルゴ Mediterráneo

 

長編アニメーション賞

Gora automatikoa」 カルロス・ゲレーロ、ダビ・ガラン・ガリンド、ほか

  

      

Mironins」 アレックス・セルバンテス、アンヘル・コロナド、ほか

  

      

Salvar el árbol (Zutik!)」 カルメロ・ビバンコ、エゴイツ・ロドリゲス、ほか

  


Valentina」 ブランダン・デ・ブラノ、チェロ・ロウレイロ、ほか

  

    

ドキュメンタリー賞

El retorno: La vida después del ISIS」 アルバ・ソトラ、カルレス・トラス、

   ベスナ・クディク  監督アルバ・ソトラ

 

      

Héroes, silencio y rock and roll」 ホセ・パストル、ミゲル・アンヘル・ラマタ、ほか

 監督アレシス・モランテ

 

     

Quién lo impide ハビエル・ラフエンテ、ラウラ・レナウ、ロレナ・トゥデラ

 監督ホナス・トゥルエバ

  

       

Un blues para Teherán アレハンドラ・モラ・ペレス、ルイス・ミニャロ

 監督ハビエル・トレンティノ

  


   

短編映画賞

Farrucas」 イアン・デ・ラ・ロサ

  

  

Mindanao」 ボルハ・ソレル

  

     

Totem Loba」 ベロニカ・エチェギ

 

  

Votamos」サンティアゴ・レケホ

  

      

Yalla」 カルロ・ドゥルシ

  


   

短編ドキュメンタリー賞

Dajla: Cine y olvido」 アルトゥーロ・ドゥエニャス

 

     

Figurante」 ナチョ・フェルナンデス

  


Mama」 パブロ・デ・ラ・チカ

 

  

Ulises」 ジョアン・ボヴェル

   


  

短編アニメーション賞

Nacer」 ロベルト・バリェ

  

  

Proceso de selección」 カルラ・ペレイラ

   

      

The Monkey」 ロレンソ・デグルイノセンティ、ホセ・サパタ

  

    

Umbrellas」 アルバロ・ロブレス、ホセ・プラツ

  

    

 

撮影賞

パウ・エステベ・ビルバ 「El buen patorón

グリス・ジョルダナ 「Libertad

ホセ・ルイス・アルカイネ「 Madres paralelas

キコ・デ・ラ・リカ 「Mediterráneo

 

録音賞

イバン・マリン、ペラヨ・グティエレス、バレリア・アルシエリ 「El buen patorón

セルヒオ・ビュルマン、ライア・カサノバス、マルク・オルス 「Madres paralelas

アラスネ・アメスロイ、フアン・フェロ、カンデラ・パレンシア 「Maixabel

ダニエル・フォンロドナ、オリオル・タラゴ、マルク・ビー、マルク・オルス「Tres

 

編集賞

アントニオ・フルロス 「Bajocero」 監督リュイス・キレス(『薄氷』Netflix

   

  

バネッサ・L・マリンベル 「El buen patorón

ミゲル・ドブラド 「Josefina

ナチョ・ルイス・カピリャス 「Maixabel

 

特殊効果賞

ラウル・ロマニリョス、ミリアム・ピケル 「El buen patorón

ラウル・ロマニリョス、フェラン・ピケル La abuela

アレックス・ビリャグラサ 「Mediterráneo

パウ・コスタ、ラウラ・ペドロ 「Way Down」「The Vault」 監督ジャウマ・バラゲロ

   

   

美術賞

セサル・マカロン 「El buen patorón

バルテル・ガリャル 「Las leyes de la frontera

アンチョン・ゴメス 「Madres paralelas

ミケル・セラーノ「Maixabel

 

衣装デザイン賞

アルベルト・バルカルセル 「El amor en su lugar」 監督ロドリゴ・コルテス

  

  

フェルナンド・ガルシア 「El buen patorón

Vinyel Escobal Las leyes de la frontera

クララ・ビルバオ「Maixabel

 

メイクアップ&ヘアー賞

アルムデナ・フォンセカ、マノロ・ガルシア 「El buen patorón

サライ・ロドリゲス、ベンハミン・ぺレス、ナチョ・ディアス 「Las leyes de la frontera

エリ・アダネス、セルヒオ・ぺレス・ベルベル、ナチョ・ディアス 「Libertad

 監督エンリケ・ウルビス


     

カルメレ・ソレル、セルヒオ・ぺレス・ベルベル Maixabel

 

プロダクション賞

オスカル・ビヒオラ 「El amor en su lugar

ルイス・グティエレス 「El buen patorón

グアダルーペ・バラゲル・トレリス 「Maixabel

アルベルト・エスペル、コスラス・セアキアナキス 「Mediterráneo


    

イベロアメリカ映画賞

Canción sin nombre(邦題『名もなき歌』)(ペルー、19)監督メリナ・レオン

 

  

La cordillera de los sueños(邦題『夢のアンデス』)ドキュメンタリー(チリ、19

  監督パトリシア・グスマン

 

   

Las siamesas」 監督パウラ・エルナンデス(アルゼンチン、20

   

     

Los lobos」 監督サムエル・キシ(メキシコ、19

  


       

ヨーロッパ映画賞(原題、英題、西題、邦題の順)

Adieu les cons」「Bye Bye Morons」「Adiós, idiotas」(フランス、20) 

監督アルベール・デュポンテル、セザール賞2021作品賞・脚本賞ほか受賞

  

 

Ich bin dein Mensch」「Im Your Man」「El hombre perfecto」『私はあなたの男です』

 (ドイツ、21)監督マリア・シュラーダー、ベルリンFF俳優賞マレン・エッゲルト、

94回米アカデミー2022国際長編映画賞ドイツ代表作品

   

 

Dunk」「Another Round」「Otra ronda」『アナザーラウンド』(デンマーク、20

監督トマス・ヴィンターベア、SSIFF2020銀貝俳優賞(マッツ・ミケルセン以下4名)

オスカー賞2021国際長編映画賞受賞、デンマーク・アカデミー賞5冠、ほか受賞歴多数

   

  

  
Promising Young Woman」「Una joven prometedora」『プロミシング・ヤング・ウーマン』 (イギリス20)監督エメラルド・フェネル、オスカー賞2021オリジナル脚本賞(E・フェネル)

    

 

 

栄誉賞

ホセ・サクリスタン

 

★以上が全28カテゴリーのラインナップです。脚本賞にアルモドバルの「Madres paralelas」が選ばれなかったり、期待していたアイノア・ロドリゲスのデビュー作も、Mediterráneo」と『マリアの旅』に出演していたアンナ・カスティーリョの名前も見当たりませんでした。クララ・ロケとエンリケ・ウルビスのタイトルが同じ「Libertad」だったりと紛らわしかった。

  

★イベロアメリカ映画賞とヨーロッパ映画賞は、2021年中にスペインで公開された作品が対象なのでかなりのタイムラグが生じています。パウラ・エルナンデスの「Las siamesas」はノーチェックでしたが、いずれ作品紹介をしたい。サムエル・キシの「Los lobos」は、スペインの映画祭にはノミネートされませんでしたが、ベルリンFF(ゼネレーション部門)の作品賞受賞を初めとして、メキシコを含めた国際映画祭の受賞歴が多数あります。ゴヤ賞のほかホセ・マリア・フォルケ賞2022にもノミネートされています。

 

★ゴヤ賞2022の授賞式は、ガルシア・ベルランガ生誕100周年を記念して、出身地バレンシアのPalau de les Arts 2022212(土)に開催、これまでのように総合司会者はおかないガラになるようです。これをもって <ベルランガ年> が締めくくられます。