セクション・オフィシアル作品19作*マラガ映画祭2021 ⑪2021年05月27日 16:50

          マドリードでセクション・オフィシアルのプレゼンテーションを開催

 

   

  (マラガ映画祭2021のプレゼンテーション、525日ドマリードのCBAにて)

 

525日、マラガからマドリードのシルクロ・デ・ベジャス・アルテスCBAに舞台を移して、映画祭代表ディレクターのフアン・アントニオ・ビガル、選考委員会メンバーであるフェルナンド・メンデス=レイテが出席して、セクション・オフィシアルにノミネートされた23作の監督、製作者などが参加してプレゼンが行われました。移動が制限されているので集まれたのはスペイン側だけでしたが、17名が参加、出席できなかったシネアストはオンラインまたはビデオレターで参加しました。CBA1880年に設立された非営利団体の民間文化センターです。

  

★参加者15名のうち、セクン・デ・ラ・ロサ「El cover」の製作者キコ・マルティネス、オスカル・アイバル「El sustituto」の製作者ヘラルド・エレーロ、アウトコンペ上映のビセンテ・ビジャヌエバ「Sevillanas de Brooklyn」の製作者で共同脚本家のナチョ・ラカサの3人以外は監督でした。以下列挙すると、カロル・ロドリゲス、エセキエル・モンテス、マカレナ・アストルガ、アグスティ・ビリャロンガ、アイノア・ロドリゲス、フリア・デ・パス、ウーゴ・マルティン・クエルボ、ダニ・デ・ラ・トーレ、クラウディア・ピント、カルロス・テロン、アナ・ムルガレン、Judith Colell ジュディス・コレルの15名。小さい写真でほとんど識別できませんが・・・

 

★オンライン参加はルカス・トゥルトゥルTurturro、フアン・パブロ・フェリックス、ハビエル・フエンテス=レオン、ヘンリー・リンコンの4名、ビデオレター参加は、カルロス・キュアロン、Djin Sganzerla、ホアキン・マウアド、ハビエル・フェセルの4名でした。以下にタイトル、国名、監督名、製作年、ジャンル、上映時間などの順で列挙しておきます。

 

             セクション・オフィシアル19

   

1)El cover」スペイン=ポルトガル、セクン・デ・ラ・ロサ2020年、コメディ、90

*オープニング作品、作品紹介は、コチラ20210518

 

 

 

2)「15 horas」ドミニカ共和国=スペイン、Judith Colell ジュディス・コレル、2020年、80

バルセロナ出身の監督、スペイン映画アカデミー副会長を務めた。(201115)、代表作は2010年の「Elisa K

 

 

  

3)「Años luz」ウルグアイ、ホアキン・マウアド2021年、ドラマ、81

1990年モンテビデオ生れ、監督、脚本家、製作者。ウルグアイ映画学校、キューバの映画TV学校で学ぶ。2017年「El sereno」でデビュー。本作は離れ離れに暮らしていた3人の姉兄が、亡父の残した古い家を売却するため、子供時代を過ごした故郷で再会する物語。

作品紹介は、コチラ⇒2021年05月30日

   

  

 

4)「Ama」スペイン、フリア・デ・パス・ソルバス2020年、ドラマ、90

監督、脚本家、バルセロナのカタルーニャ映画視聴覚上級学校ESCACで学ぶ。母親たちの孤独をフィクションとドキュメンタリーの中間の手法で語る、長編デビュー作。

  

 

  

 

5)「Amalgama」メキシコ、カルロス・キュアロン2020年、コメディ、92

作品紹介は、コチラ2021050513

 

    

 

6)「Cómo mueren las reinas」アルゼンチン、ルカス・トゥルトゥル)、2021年、83

長編映画デビュー作、1983年ブエノスアイレス生れ、ドキュメンタリーを多数撮っている

 

  

 

7)「Chavalas」スペイン、カロル・ロドリゲス・コラス2020年、91

長編映画デビュー作、Cornella生れ、バルセロナに移住、写真家としてキャリアをスタートさせる。短編を多数撮っている。離れがたい4人の女の子の友情が語られる。

 

  

 

8)「Con quién viajas」スペイン、ウーゴ・マルティン・クエルボ2021年、87

長編映画デビュー作、1987年マドリード生れ、2005年広告会社で働き始めるが、翌年録音助手として映画界入りする。本作は見知らぬ同士の4人の旅人が1台の車でムルシアに向かう話。面白そうなので作品紹介を予定しています。

  

 

  

 

9)「Destello bravío」スペイン、アイノア・ロドリゲス、コメディ、2021年、98

作品紹介は、コチラ20210513

   

 

  

 

10)「El sustituto」スペイン、オスカル・アイバル2020年、117

バルセロナ生れ、監督、脚本家、代表作はサンティアゴ・セグラを起用した「El gran Vázquez」(10)、本作はリカルド・ゴメス主演のアクション・アドベンチャー。

 

   

 

11)「El ventre del mar / El vientre del mar」スペイン、アグスティ・ビリャロンガ

  2021年、78分、カタルーニャ語スペイン語字幕入り上映。

作品紹介は、コチラ20210509

 

   

 

12)「Homble muerto no sabe vivir」スペイン、エセキエル・モンテス2021年、105

長編映画デビュー作、マラガ生れ、監督、製作者、短編多数、「Este amor es de otro planeta」(19)ほかをプロデュースしている。第2作が進行中。

 

   

 

13)「Karnawal」アルゼンチン=ブラジル=メキシコ=チリ=ノルウェー=ボリビア、

  フアン・パブロ・フェリックス、2020年、97

アルゼンチン生れ、監督、脚本家、TVシリーズを多数手掛けている。本作はグアダラハラ映画祭2020で監督賞と主演のアルフレッド・カストロが男優賞、カストロはトゥールーズ映画祭でも男優賞を受賞している。

作品紹介は、コチラ⇒2021年06月13日

 

  

 

14)「La casa del caracol」スペイン=ペルー=メキシコ、マカレナ・アストルガ

     2020年、103分、サイコスリラー

作品紹介は、コチラ20210509

 

   

 

15)「La ciudad de las fieras」コロンビア=エクアドル、ヘンリー・リンコン2021年、93

監督、脚本家、製作者。2016年「Pasos de héroe」でデビュー、本作は2作目。

 

   

 

16)La consecuencias」スペイン=オランダ=ベルギー、

  クラウディア・ピント・エンペラドール2021年、96分、第2作目

ベネズエラ生れ、監督、脚本家、製作者。デビュー作「La distancia más larga」(13)は、第1回イベロアメリカ・プラチナ賞2015で初監督賞を受賞他、受賞歴多数、TVシリーズも手掛けている。

デビュー作&監督キャリア紹介は、コチラ2013090520150207

 

   

 

17)「Las mujeres famililias」ペルー=コロンビア、ハビエル・フエンテス=レオン

     2020年、99

作品紹介は、コチラ20210513

 

    

 

18)Live is life」スペイン、ダニ・デ・ラ・トーレ2020年、109

1975年ガリシアのルゴ生れ、監督、脚本家、製作者。代表作El desconocido」(『暴走車 ランナウェイ・カー』)、「La sombra de la Ley」(『ガン・シティ~動乱のバルセロナ』)など。新作は1985年半ばのガリシアを舞台にした5人の少年の冒険物語。

作品紹介は、コチラ⇒2021年06月11日

 

 

 

19)「Mulher oceano / Mujer océano」ブラジル、Djin Sganzerla2020年、99

ポルトガル語、スペイン語字幕入り上映。1977年リオデジャネイロ生れ、女優、監督、製作者。本作は東京に移住したブラジルの作家が、日本の経験をベースに新作を書こうとする。

 

    

 

             アウトコンペティション4

  

20)「García y García」スペイン、アナ・ムルガレン2021年、コメディ、98

*クロージング作品。作品紹介は、コチラ20210521

    

      

                 

 

21)「Historias lamentables」スペイン、ハビエル・フェセル2020年、コメディ、129

代表作『だれもが愛しいチャンピオン』『モルタデロとフィレモン』などヒット作多数。今年のビスナガ特別栄誉賞受賞者。

 

      

 

22)「Operación Camarón」スペイン、カルロス・テロン2020年、コメディ、105

1978年サラマンカ生れ、監督、製作者(短編でゴヤ賞受賞)、TVシリーズを多数手掛けている。

   

 

     

23)Sevillanas de Brooklyn」スペイン、ビセンテ・ビジャヌエバ2020、コメディ、97

2011年長編デビュー、2017年の「TOC TOC」は100万人が観たというヒット作

 

 

 

★以上23作です(うち女性監督が8人)。例年に比べてスペイン映画、コメディが多い印象ですが、これも新型コロナウイルスの影響かもしれません。次回からデビュー作を中心に作品紹介を予定しています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aribaba39.asablo.jp/blog/2021/05/27/9381873/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。