ペネロペ・クルスにドノスティア賞*サンセバスチャン映画祭2019 ㉘2019年10月04日 20:25

           史上最年少45歳のドノスティア賞受賞者、ペネロペ・クルス 

 

         

      (純白のドレスに身を包んで誇りに満ち輝いていたペネロペ・クルス)

 

★映画祭最終日の928日、ギリシャ出身のフランスの監督コスタ・ガヴラス、カナダ出身の俳優ドナルド・サザーランドに続いて栄誉賞ドノスティア賞が、U2ボノによってペネロペ・クルスの手に渡されました。アイルランドのボーカリストは彼女の親しい友人の一人ということでしたが、ボノの登場には会場から驚きの声が上がりました。栄誉賞のプレゼンターは映画祭総ディレクターのホセ・ルイス・レボルディノスと決まっていたから当然でした。ボノは会場の脇から出し抜けに現れ、涙の受賞者がいる壇上に登ったのでした。アイルランドの歌手は「スクリーンの中のペネロペの人生は私を惹きつける、なぜなら家族ドラマだから。私を含めて我々のようなアーティストは自分自身を見失います。ペネロペは他人になって迷うので、我々は彼女の中で迷うことになる」とスピーチした。 

 

         

       (プレゼンターのボノと抱き合う受賞者ペネロペ・クルス)

 

★受賞者は受け取ったトロフィーを「わたしの夫ハビエル・バルデムと二人の子供たちに」とスピーチ、会場にいたバルデムは立ち上がって拍手、妻を祝福していました。彼女を育ててくれた、ビガス・ルナペドロ・アルモドバルフェルナンド・トゥルエバへの感謝の言葉に続いて、スペインでは2019年に夫や恋人によるDVで死亡した女性が44人もいたことに触れ、スペインの社会的病根マチスタの横行を批判しました。受賞スピーチとしてはちょっと破格だったかもしれませんが、彼女らしかったともいえます。

 

     

            (受賞スピーチをするペネロペ・クルス) 

 

14歳でのデビュー、今は亡きビガス・ルナに見いだされ『ハモンハモン』を撮ったのは18歳、続くフェルナンド・トゥルエバがアカデミー外国語映画賞を受賞した『ベルエポック』92)、アルモドバルが同じオスカー賞を受賞した『オール・アバウト・マイ・マザー』99)、カンヌ映画祭女優賞をグループで受賞した『ボルベール<帰郷>06)、アカデミー助演女優賞を受賞したウディ・アレン『それでも恋するバルセロナ』08)の出演など運にも恵まれましたが、運も実力のうちでしょう。3個のゴヤ賞、フランスのセザール栄誉賞、英国のバフタ助演女優賞など受賞歴も煌びやかです。45歳という破格の若さでの受賞も、その長い芸歴や国際的な活躍を考えれば、反論の余地がないということです。

 

 

主なペネロペ・クルスの関係記事

セザール栄誉賞受賞の記事は、コチラ20180308

最近のキャリア紹介記事は、コチラ20190520

アスガー・ファルハディの『誰もがそれを知っている』は、コチラ20190623

アルモドバルのDolor y gloriaは、コチラ20190422


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aribaba39.asablo.jp/blog/2019/10/04/9161155/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。