ホナス・トゥルエバ新作カルロヴィ・ヴァリ映画祭でFIPRESCI賞受賞2019年07月22日 18:18

           ホナス・トゥルエバの「La virgen de agosto」が国際批評家連盟賞を受賞

 

      

★大分古いニュースになりましたが、第54回カルロヴィ・ヴァリ映画祭201976日ガラ)でホナス・トゥルエバLa virgen de agostoが国際批評家連盟賞 FIPRESCI審査員スペシャル・メンションを受賞しました。父親フェルナンド・トゥルエバ監督と製作者の母親クリスティナ・ウエテ、叔父ダビ・トゥルエバ監督と恵まれた環境でありながら、現在は親に頼らず映画作りをしている。「この賞は謙虚で慎ましい映画に贈られる。世界のポジティブな見方をたもって、色調豊かな感情表現に取り組んだ一連のテーマも、それに相応しいものでした」というのが審査員の授賞作に選んだ理由でした。

 

     

 (カルロヴィ・ヴァリ映画祭に勢揃いしたスタッフ&キャスト、左から4人目が監督)

 

         

          (ホナス・トゥルエバとイチャソ・アラナ、授賞式にて)

 

★既に本作の作品紹介&監督フィルモグラフィー、主演女優イチャソ・アラナを含むキャスト紹介をしております。スペイン公開予定815日がアナウンスされています。

La virgen de agosto」の作品紹介は、コチラ20190603

 

          

            (ヒロインのイチャソ・アラナ、映画から)

 

 

★スペイン語映画では、他にチリのフェリペ・リオス・フエンテスのデビュー作El hombre del futuro(チリ=アルゼンチン合作)も審査員スペシャル・メンションを受賞しました。チリのパタゴニアを舞台にした、父(ホセ・ソーサ)と娘(アントニア・ギーセンGiessen)の一種のロード・ムービーのようですが、かなり興味を惹かれました。いずれご紹介するとして目下は受賞報告だけにとどめます。キャストは他にパブロ・ララインの『ザ・クラブ』や『ネルーダ』の出演者ロベルト・ファリアスセバスティアン・レリオの『ナチュラルウーマン』のアンパロ・ノゲラ他、アルゼンチンからはルクレシア・マルテルの『ラ・ニーニャ・サンタ』のマリア・アルチェなどがクレジットされています。

 

        

 

          

 (アントニア、プロデューサーのジャンカルロ・Nasi、監督、映画祭にて)

 

       

                    (ホセ・ソーサとアントニア・ギーセン、映画から)

 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aribaba39.asablo.jp/blog/2019/07/22/9132070/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。