ホライズンズ・ラティノ部門12作*サンセバスチャン映画祭2017 ③2017年08月24日 14:12

             ベルリン、カンヌ、ベネチアなどに重なるラインナップ

 

  

 

★ラテンビートに関係の深い作品群がこの「ホライズンズ・ラティノ」、製作国がラテンアメリカに特化している部門です。12作品で決定のようです。取りあえず映画の原題、監督名、製作国を列挙しておきます。12作中半分の6がカンヌ映画祭などで既にアップ済みです。サンセバスチャンは9月末と三大映画祭後の開催ということもあって、なかなかワールド・プレミア作品を選ぶのは難しい。また今年目立ったのが、サンセバスチャン映画祭201516Cine en Construcción部門に参加した作品が7作もあったことでした。この部門の受賞者には、副賞として35,000ユーロの賞金が与えられます。

 

 1)Una mujer fantástica  監督セバスティアン・レリオ チリ=ドイツ=スペイン=米国

  1. ベルリン映画祭2017銀熊脚本賞、テディー賞ほか受賞作品、トロント映画祭2017出品 

    内容&監督キャリア紹介は、コチラ2017126222

  2.  

  1.  

      

  2. 2)La familia 監督グスタボ・ロンドン・コルドバ ベネズエラ=チリ=ノルウェー 

    カンヌ映画祭2017「批評家週間」正式出品 

    Cine en Construcción 30参加作品

    内容&監督キャリア紹介は、コチラ2017428

  3.  

  1.  

       

    3La novia del desierto 監督セシリア・アタンバレリア・ピバト アルゼンチン=チリ

    カンヌ映画祭2017「ある視点」正式出品

    Cine en Construcción 31参加作品 

    内容&監督キャリア紹介は、コチラ2017514 

  2.  

  1.  

       

  1. 4)Las hijas de Abril ミシェル・フランコ メキシコ  

    カンヌ映画祭2017「ある視点」審査員賞受賞作品

    内容&監督キャリア紹介は、コチラ201758526

  2.  

  1.  

      

  2. 5)Los perros マルセラ・サイド チリ=フランス 

    カンヌ映画祭2017「批評家週間」正式出品

    Cine en Construcción 31参加作品

    内容&監督キャリア紹介は、コチラ201751

  3.  

     

  1.     

  1. 6)Temporada de caza ナタリア・ガラジオラ アルゼンチン 監督  

    ベネチア映画祭2017「国際批評家週間」正式出品

    Cine en Construcción 31参加作品

    内容&監督キャリア紹介は、コチラ2017812

  2.  

  1.  

    以上6作は新たなアップは割愛いたします。

     

    7Al desierto 監督ウリセス・ロセル アルゼンチン=チリ

     

  1.  

  2.     

    8Arábia / Araby 監督アフォンソ・ウチョアジョアン・ドゥアン ブラジル

  3.   

  4.  

  1.  

  2.      

  1. 9)Cocote ネルソン・カルロス・デ・ロス・サントス・アリアス 

      ドミニカ共和=アルゼンチン=ドイツ=カタール 長編初監督作品 

      

  1.   

     

  2. 10)La educación del rey 監督サンティアゴ・エステベス アルゼンチン=スペイン 

      Cine en Construcción 30参加作品 長編初監督作品

  3.     

  1.   

     

  2. 11)Las olas アドリアン・ビニエス ウルグアイ=アルゼンチン 

    Cine en Construcción 30参加作品

      

  1.   

     

  1. 12)Medea アレクサンドラ・ラティシェフ コスタリカ=アルゼンチン=チリ 

      Cine en Construcción 30参加作品 長編初監督作品

  2.   

  1.  

     

    ★ナンバー(7)以降は、何作可能か分かりませんが、賞に絡みそうな作品からプロット、監督紹介を予定しています。今年のラインナップは粒ぞろいの印象、エントリー(8)番のブラジル映画 Arábia / Araby は、年初開催のロッテルダム映画祭で話題になって以来、既に世界各地の映画祭で上映されて受賞もしています。予告編からも「これは・・・」と思わせる凄さがあります。多分何かの賞に絡むでしょう。エントリー(11)番 Las olas のアドリアン・ビニエスは、アルゼンチン出身ですが現在はウルグアイで活動しています。ラテンビート2010で『大男の秘め事』が上映されている監督の長編3作目です。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aribaba39.asablo.jp/blog/2017/08/24/8655000/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。