第20回マラガ映画祭2017*ノミネーション発表2017年03月09日 16:27

               オフィシャル・セクションに大きな変更がありました

 

 

★昨年秋から五月雨式に発表になっていたオフィシャル・セクションの全容が、3月に入ってやっと見えてきました。大きな変更というのは、前回までスペインとイベロアメリカ諸国にざっくり分かれていたのを一つにまとめたことです。昨今のように1国だけで製作することが資金的に難しくなっていることが背景にあるのかもしれません。どうしても合作になるから、どちらに振り分けるか迷う作品が多くなってきていた。ということでオフィシャル・セクションは23が最終的に残り、うちコンペティションは17、コンペ外が6です。正式出品作品のうち、一応スペインが製作国なのは9、イベロアメリカが8とほぼ半分ずつになりました。以下、作品名監督名・主なる製作国、今年は珍しいことに公開作品も含まれているので邦題も入れました。

 

     コンペティション17(順不同、ゴチック体は紹介済み作品)

 

Selfie ビクトル・ガルシア・レオン85分、2017年、スペイン)

 

Nieves Negra マルティン・オダラ Hodara87分、2017年、アルゼンチン=西)

 

Amar エステバン・クレスポ 100分、2016年、スペイン)

 

La niebra y la doncella アンドレス・M・コペル 104分、2017年、スペイン)

 

No sé decir adiós リノ・エスカレラ 96分、2016年、スペイン)

 

Brava ロセル・アギラル 91分、2016年、スペイン)

  追加で紹介記事をアップ、コチラ⇒2017年3月11日

 

La mujer del animal ビクトル・ガビリア120分、2016年、コロンビア)

 

Verano 1993 カルラ・シモン97分、2015年、スペイン、カタルーニャ語、吹替)

 紹介記事は、コチラ2017222

 

El otro hermano イスラエル・アドリアン・カエタノ

    (113分、アルゼンチン・ウルグアイ・スペイン・フランス)

 『キリング・ファミリー 殺し合う一家』の紹介記事は、コチラ2017220

 

Ültimos días en La Habana フェルナンド・ぺレス92分、2016年、キューバ)

 紹介記事は、コチラ201738

 

Plan de fuga イニャキ・ドロンソロ 105分、2017年、スペイン)

 『クリミナル・プラン 完全なる強奪計画』の紹介記事は、コチラ201734

 

Pieles エドゥアルド・カサノバ 74分、2016年、スペイン)

 

El jugador de ajedrez ルイス・オリベロス 98分、2016年、スペイン)

 

 El candidato ニエル・エンドレル84分、2016年、ウルグアイ=アルゼンチン)

 

Me estas matanto Susana ロベルト・スネイデル101分、2016年、メキシコ)

 紹介記事は、コチラ2016322

 

La memoria de mi padre ロドリゴ・バシガルーペ Bacigalupe (87分、2016年、チリ)

 

Redemoinho ホセ・ルイス・Villamarim100分、ブラジル、ポルトガル語、吹替)

 

 

       コンペティション外6

 

El Intercambio イグナシオ・ナチョ (84分、2016年、スペイン)

 

Señor, dame paciencia アレバロ・ディアス・ロレンソ2016年、スペイン)

 

El bar アレックス・デ・ラ・イグレシア102分、2017年、スペイン) オープニング作品

 『クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的』の記事は、コチラ2017226

 

Maniac Tales キケ・メサロドリゴ・サンチョ、他 (107分、2017年、スペイン)

 

Gilda, no me arrepiento de este amor ロレーナ・ムニョス118分、2016年、アルゼンチン)

 

Me casé con un boludo フアン・タラトゥトTaratuto (2016年、アルゼンチン)

 

★今回はとりあえずラインナップだけアップ、時間が許す限り、賞に絡みそうな、または初監督の話題作などをご紹介していきます。23作中女性監督が3人とは寂しい限り、手始めにバルセロナ派のロセル・アギラルBravaを紹介したい。2007年のオペラ・プリマLa mejor de miをロッテルダム映画祭に正式出品、ヒロインのマリアン・アルバレスが最優秀女優賞を受賞したほか、アギラル監督もサンジョルディ賞、トゥリア賞などを受賞したが、スペインでの評価は分かれた。

 

★美男俳優として活躍しているエドゥアルド・カサノバのデビュー作Pielesも不思議な印象を残す作品、今年のゴヤ賞ガラに初めて出席して、その妖しげな雰囲気で話題を集めた。

 

★マラガ賞(俳優オナルド・スバラグリア)、レトロスペクティブ賞(監督フェルナンド・レオン・デ・アラノア)、エロイ・デ・ラ・イグレシア賞(監督クラウディア・リョサ)、リカルド・フランコ賞(メイクアップ・アーティスト、シルヴィ・インベール)他、各賞は既にアナウンスされています。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aribaba39.asablo.jp/blog/2017/03/09/8398027/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。