第70回ロカルノ映画祭2017*ノミネーション発表2017年07月30日 17:26

    

         古稀を迎えた小規模ながら世界有数の国際映画祭ロカルノ

 

   

             (82日水曜日、いよいよ開幕されます)

 

70回目で思い出すのは、戦後間もない1946年に始まったカンヌ映画祭です。ロカルノ映画祭もカンヌと同じ年に生まれました。カンヌやベネチア、ベルリンやトロントのような大規模な映画祭ではありませんが、芸術と商業のバランスを上手く取りながら、今では夏本番8月に開催される世界有数の国際映画祭としてレベルAに成長しました。ベネチアやトロント、サンセバスチャンなど秋開催の先陣を切って開催され、特に新人監督に広く門戸を開いています。スイス南部イタリア語圏のロカルノ市という立地条件の良さ、世界最大の野外スクリーン「ピアッツア・グランデ」(7500席)の上映などで人気を集めています。しかしどの映画祭も直面しているのが資金難と若い人の映画に対する考え方の変化です。今年のカンヌでも感じたことですが、未来に向けての新しい戦略が待たれるところです。

 

   

    (1968年よりグランプリ作品には、トロフィー金豹が授与されるようになった)

 

★第1回のオープニング作品は、ロベルト・ロッセリーニの『無防備都市』(Roma, Citta Aperta 1945)だったそうです。既にカンヌ映画祭でワールド・プレミアされていたが、特別賞を受賞しました。グランプリはルネ・クレールの『そして誰もいなくなった』で、ロッセリーニ自身も1948年に戦争三部作の第3作目『ドイツ零年』で受賞しています。彼のネオレアリズモと言われる映画手法は、スペインの若手シネアスト、ガルシア・ベルランガやアントニオ・バルデムにも大きな影響を与えました。日本も1954年に衣笠貞之助の『地獄門』が受賞しています。スペインは非常に遅くアルベルト・セラのHistoria de la meva mort2013、カタルーニャ語)が初めて受賞しました。

アルベルト・セラの金豹賞受賞の記事は、コチラ2013825

 

    

          (金豹賞のトロフィーを手にしたアルベルト・セラ)

 

★さて2017年のコンペティション部門には、ブラジル映画、フリアナ・ロハスマルコ・ドゥトラ As boas maneirasGood Manners 仏合作)と、チリのラウル・ルイスバレリア・サルミエント La telenovela erranteThe Wandering Soap Opera1990)の2作がノミネーションされています。後者の監督ラウル・ルイスは2011年に亡くなっており、サルミエントはルイス監督夫人で編集者だった。1973年のピノチェトの軍事クーデタ以降フランスに亡命しており、ピノチェト失脚後に帰国した。その帰国後の第1作が本作である。199011月にたったの6日間で撮影したままの未完成作品をこの度サルミエントが完成させた。米国やチリなどにばらばらに保管されていたネガを編集したようです。多作家だったラウル・ルイスの第121番目の作品になるはずです。彼はロカルノでは、長編第2作となる1968年の Tres tristes tigres が、翌年金豹賞を受賞している。そんな経緯もあって今回ノミネーションされたのかもしれない。

 

   

  (ラウル・ルイスとバレリア・サルミエント)

 

 (本作撮影中のルイス監督)

      

                         

 

(出演のパトリシア・リバデネイラ、フランシスコ・レイェス、ルイス・アラルコン、映画から)

 

アルベルト・セラ、ロカルノ映画祭で金豹賞に輝く2013年08月25日 14:18

★スペインの受賞者としては初めての快挙。受賞作は彼の長編7作目になる“Historia de la meva mort”2013、西仏合作、原題はカタルーニャ語です(西題“Historia de mi muerte”、英題“Story of My Death”)。7作も撮っているのに日本には紹介されていないけど、シネマニアの間ではコアなファンが多い。ロカルノは実験的な映画にシフトしている映画祭だと思うが、日本での受賞者が小林政宏の『愛の予感』(2007)だと聞けば納得していただけるかな。本作の前評判は★★★★☆と上々で受賞の予感がありました。

★プロットの前にAlbert Serraの経歴をちょっと。1975年カタルーニャ州ジローナ県のバニョラス生れ。1992年バルセロナ・オリンピックの際にバニョラス湖が漕艇競技の会場になったところ。バルセロナ大学では哲学と比較文学を専攻。“Crespia, the Film not the Village”(2002)でデビュー。第2作“Honour of the Knights (Quixotic)”(2006、西題“Honor de cavalleria”、つまり騎士物語ドン・キホーテがテーマ。こちらは2007年『カイエ・デュ・シネマ』のベストテン入りを果たしました。最も話題になったのが“El cant dels ocells”(2008、英題“Bard Song”、西題“El canto de los pajaros”)、カンヌがワールド・プレミア、受賞こそしなかったがロカルノのコンペにも選ばれた。だから今回受賞の下地は出来ていたのかもしれない。また2009年から始まった「ガウディ賞」の最優秀作品賞にも選ばれたのでした。

★ストーリー:18世紀のヴェネツィア人、女性遍歴によって知られるジャコモ・カサノヴァの人生最後の日々が語られる。合理主義者のカサノヴァが新しい召使を雇い、放蕩の限りを尽くした18世紀風のシャトーを後に旅に出る。永遠のパワーをもつドラキュラ伯爵のロマン主義的、暴力的、秘教的な新しい力に直面してカサノヴァのハイソサエティな世界は破綻する。抽象的で哲学的な要素がミックスされたプロットのようですね。カサノヴァの旅は148分にもおよぶ長尺なもの、勿論タイトルはカサノヴァの『我が生涯の物語』(“Histoire de Ma Vie”邦題『カサノヴァ回想録』)に合わせたのでしょうね。

★セラによると、18世紀の合理主義的な啓蒙運動の時代は、合理主義的な考えが幅を利かしている今のヨーロッパ社会に似ているという。ヨーロッパはますますドラキュラ的な暗い方向に向かって行くと感じるとも。こういう大賞を貰うと次回作は、「行儀がよくなって高額な大作になりがちだけど、皆さんご心配なく、次回作はこれ以上にクレイジーなものになるはずだから」ですと。
(写真:金豹を手にしたアルベルト・セラ)