『キホーテ 映画に跨って』アスセン・マルチェナ&ハビエル・リオジョ2015年07月04日 16:06

      6月のドン・キホーテの視点 映画上映会

★先日ご案内したセルバンテス文化センター映画上映会の『キホーテ 映画に跨って』を見てきました。20世紀初頭から現代までのドン・キホーテ映画を素材にした、実写からアニメーション、ギニョール、ジャンルはドラマからドキュメンタリー、ミュージカルなど40本近くが網羅されていました。製作国もスペインを始めとして、米国、フランス、ソ連、ドイツ、イギリス他。無声、モノクロ、カラーとそれこそバラエティーに富んでいて、これでは日本語字幕は付けられないと納得。

 

    Quijote, cabalgando por el cine

監督(共同)アスセン・マルチェナ&ハビエル・リオジョ

製作:Junta de Castilla-La Manchaカスティージャラ・マンチャ評議会

プロダクションStom Comunicacion para la Empresa Publica Don Quijote dela Mancha 2005 S.A.

協賛:セルバンテス協会

データ:スペイン、2007、ドキュメンタリー、86分、DVD上映

『機知にとんだ郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』(1605)正編(前編)刊行400周年記念行事の一環として企画されたもの。

 

ドキュメンタリーに登場した目ぼしいドン・キホーテ映画(製作順)

製作国、監督、俳優(キホーテとサンチョ)をメモランダムに列挙:

1933Don Quixote”「ドン・キホーテ」仏英独、英語、モノクロ、ミュージカル、73

監督ゲオルク・ヴィルヘルム・パブスト、キホーテ(フェオドール・イワノヴィッチ・シャリアピン)サンチョ(ジョージ・ロビー)
独英仏語の
3バージョンのうちDVD化されフランス版使用。

1947Don Quijote de la Mancha”『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』スペイン、西語、137分、モノクロ、監督ラファエル・ヒル、キホーテ(ラファエル・リベリェス)サンチョ(フアン・カルボ

1957Don Kikhot”ソビエト連邦、ロシア語、カラー、110分、監督グリゴーリ・コージンツェフ

1965Don Quichotte”カナダ=フランス、フランス語、TVドキュメンタリー

  監督エリック・ロメール

1972Man of La Mancha”『ラ・マンチャの男』イタリア=米国、英語、カラー、129分、公開

監督アーサー・ヒラー、キホーテ(ピーター・オトゥール)、サンチョ(ジェームズ・コ  コ)、ドゥルシネーア(ソフィア・ローレン)
1973Don Quijote cabalga de nuevo”西=メキシコ、コメディ、スペイン語、カラー、132

監督ロベルト・ガバルドン、キホーテ(フェルナンド・フェルナン≂ゴメス)、サンチョ(カンティンフラスことマリオ・モレノ

1992Don Quijote de Orson Welles”(“Orson Welles’ Don Quijote”)「オーソン・ウェルズのドン・キホーテ」スペイン=イタリア=米国、スペイン語、カラー、116

監督オーソン・ウェルズ、ダイアローグ:ハビエル・ミナ&ヘスス・フランコ、キホーテ(フランシスコ・レイゲーラ)サンチョ(エイキム・タミロフ)

2002El caballero Don Quijote”『エル・カバジェロ・ドン・キホーテ』スペイン、119

監督マヌエル・グティエレス・アラゴン、キホーテ(フアン・ルイス・ガジャルド)サンチョ(カルロス・イグレシアス)ドゥルシネーア(マルタ・エトゥラ)

本作の記事はコチラ2015619

 

     自分の中のドン・キホーテを刺激する

 

A: 上記の作品は記憶に残った作品の一部、1回見ただけでは全容はつかめず、かつて見たことのある映像が出ると、「ああ、『オーソン・ウェルズのドン・キホーテ』だ、ラファエル・ヒルの『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』だ」と部分的に分かるだけでした。なにしろ40作近い作品を詰め込んでいるから目まぐるしいことおびただしい。

B: 子供向けに作られたアニメやギニョールの数もかなりありました。クロージングのクレジットに採用した作品のタイトル、製作年、監督名が列挙されていたので、DVDを再見すれば正確な情報が得られます。

 

A: 上記のように『機知にとんだ郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』(1605)正編(前編)刊行400周年記念行事の一環として企画された。だから商業映画として製作されたものではなく、DVDのコピーも2000部、半分が世界各国にあるセルバンテス協会支部用に、残りが公共図書館などに寄贈されたようです。商業用でないので国際映画データベースIMDbから情報を入手することができませんでした。

B: 今回の上映もそのDVDで上映されたはず。

 

   (ロベルト・ガバルドンの「ドン・キホーテ」カンティンフラスとフェルナン≂ゴメス)

 

A: ゲオルク・ヴィルヘルム・パブストの「ドン・キホーテ」は、以前参加した映画講座で教材として上映されたのを見ました。

B: ラファエル・ヒルはセルバンテス文化センターで上映したばかり、マヌエル・グティエレス・アラゴン作品は、5月の「ドン・キホーテの視点映画上映会」で英語字幕で上映されたようです。

A: グティエレス・アラゴン監督は1991年にTVミニシリーズで原作の正編(前編)を撮っている。これはそれに続く続編(後編)として企画された。キホーテにフアン・ルイス・ガジャルド、ドゥルシネーアにマルタ・エトゥラ、公爵夫人にエンマ・スアレスなど現在活躍中の俳優が出演している。 

   ゲオルク・ヴィルヘルム・パブストの「ドン・キホーテ」F・シャリアピン

 

B: ガジャルドは残念ながら2012年に鬼籍入りしてしまっています。

A: イネス・パリスの“Miguel y William”(2007)でミゲル・デ・セルバンテスに扮した。セルバンテスとシェイクスピアが同じ女性に恋してしまうロマンティック・コメディ。カルロス・サウラの『タンゴ』にも出演していたが、結構重要な役だったのにカタログでさえ無視されてしまった()

B: アレックス・デ・ラ・イグレシアの『刺さった男』(2011)が遺作になるのかな。

 

         (カルロス・イグレシアスとフアン・ルイス・ガジャルド)

 

A: オーソン・ウェールズの「オーソン・ウェールズのドン・キホーテ」は、ウェールズが最後まで監督できず(1985没)ダイアローグを執筆したヘスス・フランコが引き継いで1992年に完成させた。フランシスコ・レイゲーラ(キホーテ)もエイキム・タミロフ(サンチョ)も故人でしたから、アーカイブ・フッテージ使用です。主従ボイスをペペ・メディアビジャとフアン・カルロス・オルドネスが担当した。 

                     (「オーソン・ウェールズのドン・キホーテ」)

 

B: まだ旧ソ連時代にグリゴーリ・コージンツェフが「ドン・キホーテ」を撮っていた。

A: 彼はシェイクスピアの『リア王』や『ハムレット』を撮った監督、これは日本でも公開されたからオールドファンには懐かしい名前です。「ドン・キホーテ」はやはりというか、未公開です。

B: エリック・ロメールがTVドキュメンタリーを撮っていたなんて。

A: それぞれ自分の中のドン・キホーテ像をもっていて刺激されるのでしょう。ピーター・オトゥールと言えば『アラビアのロレンス』ですが、コメディも得意としたからキホーテ役は意外じゃない。スペインのフェルナンド・フェルナン≂ゴメスのキホーテも何度かスクリーンに登場した。実際は40作以上撮られていて、ここに登場したのもその一部というわけです。今後も作られつづけるでしょう。

 

     テリー・ギリアムの「ドン・キホーテ」

 

A: キホーテ映画に執念を燃やし続けている監督の一人がテリー・ギリアム。20009月にクランクインした「ドンキホーテを殺した男」は諸般の事情で未完に終わった。事情とは、ロケ地が洪水という災害に見舞われ撮影機材が損害を受け、ロケ地の景観も変わってしまった。おまけにキホーテ役のジャン・ロシュフォールが椎間板ヘルニアの持病持ちで、それが悪化して馬に乗れなくなった。

B: 彼は姿かたちがキホーテにそっくり、乗馬も得意でキホーテ役にはもってこい、英語も一生懸命ベンキョウして準備していたのでした。今度は7度目の挑戦とか。

 

        (撮影中のジャン・ロシュフォールとギリアム監督、2000

 

A: この不運続きの顛末をドキュメンタリーにしたのが『ロスト・イン・ラ・マンチャ』(2002)です。その損害額1500万ドルを保険会社が支払ったわけです。

B: それでも夢醒めやらず、またぞろジョン・ハートをキホーテ役に撮るそうですが。リンチの『エレファント・マン』、ハリポタのオリバンダー老人役、英語はできるから()改めて勉強の必要はない。

A: お蔵入りした前作の脚本は保険会社が所有していて、リベンジにはその関係もあるのかしら。来年初めにクランクインする予定ですが、最近の報道によるとハートに膵臓癌が見つかって目下治療中、そうなるとどうなるのでしょう。難しい癌だし、トビー役のジョニー・デップも断ったそうだし。

B: 病に勝って再びスクリーンで馬上のキホーテ姿を見られたらと思います。スペイン以外の俳優のキホーテ役は多くないですからね。


                   

フェルナンド・フランコ”La herida”*ゴヤ賞2014ノミネーション2014年01月31日 14:22

★作品賞ノミネーションの「落ち穂拾い」、以下の2作品はゴヤ賞ノミネーション以前にご紹介しておりますが、少し追加いたします。

 

  La herida Wounded

★サンセバスチャン映画祭2013の正式出品作、主演のマリアン・アルバレスが女優賞を受賞しました。その記事はコチラです。またフォルケ賞については結果のみお知らせしましたが(1月14日)、本作は作品賞とマリアン・アルバレスが女優賞を受賞しました。

  


★ゴヤ賞ノミネート:作品賞
コワルスキ・フィルム、S.L. コルド・スアスア他)、新人監督賞(フェルナンド・フランコ・ガルシア)、オリジナル脚本賞(監督とエンリク・ルファス)、主演女優賞マリアン・アルバレス)、録音賞(アイトル・ベレンゲル・アバソロ、ハイメ・フェルナンデス、ナチョ・アレナス)、編集賞(ダビ・ピニリョス)の6部門

 

下馬評では最有力候補のようですが、新人監督賞と主演女優賞の受賞は間違いないでしょう。録音賞のハイメ・フェルナンデスはLa gran familia españolaとのダブル・ノミネートです。

 

  *CaníbalCannibal

★トロント国際映画祭2013の参加作品としてご紹介した記事はコチラです。気になる贔屓監督として早々とアップ致しました。主演のアントニオ・デ・ラ・トーレについてもご紹介しています。本作はダニエル・サンチェス・アレバロのLa gran familia españolaと同様、2014年オスカー賞スペイン代表作品の最終候補作品でしたが、結果はガルシア・ケレヘタの15 años y un díaになりました。

  


★ゴヤ賞ノミネート:作品賞(ラ・ローマ・ブランカP.C.S.L. マヌエル・マルティン・クエンカ他)、監督賞(マヌエル・マルティン・クエンカ)、オリジナル脚色賞(監督、アレハンドロ・エルナンデス)、主演男優賞アントニオ・デ・ラ・トーレ)、新人女優賞(オリンピア・メリンテ)、撮影監督賞(パウ・エステベス・ビルバ)、 録音賞(エバ・バリーニョ他) 美術賞(イサベル・ビニュアレス)の8部門

 


好き嫌いがはっきり分かれる映画なので作品賞は難しいかなと思いますが、ハイメ・ロサーレスの『ソリチュード 孤独のかけら』のようなサプライズを思い出すと一概に言えません。

今年の主演男優賞は演技派揃い、デ・ラ・トーレは器用貧乏というかカメレオン俳優というか、星の巡り合わせも悪くて賞に恵まれない。「今までのなかで役作りが一番難しかった」とインタビューに答えていました。エドゥアルド・フェルナンデスはフォルケ賞を受賞したから、スペイン・アカデミーの皆さん、今回はハビエル・カマラかデ・ラ・トーレに投票してね。
(写真:主演の二人 サンセバスチャン映画祭にて)

 

マヌエル・マルティン・クエンカ”Canibal”*トロント国際映画祭①2013年09月08日 21:38


★モントリオールが閉幕したらトロントと秋のカナダは忙しい。カナダ最大の都市で開催されるトロント国際映画祭が
95日から始まりました(15日閉幕)。上映作品約300、入場者30数万人以上という大規模な映画祭(TIFF)です。映画祭のポリシーが「ノン・コンペティション」ということで、観客賞がいわゆるグランプリに当たります。最近は英語圏の作品が受賞することが多いのですが(例えば『英国王のスピーチ』、『スラムドッグ$ミリオネア』)、以前はスペイン語圏でもルイス・プエンソの『オフィシャル・ストーリー』、アルモドバルの『神経衰弱ぎりぎりの女たち』、わが国では北野武の『座頭市』が受賞しています。次の年のアカデミー賞ノミネートへの近道なんだそうです。

 

★部門別に「ガラ・プレゼンテーション」、「スペシャル・プレゼンテーション」がメインセクション。今年はスペインからも10作が選ばれ、「EU域内の重病人」との悪口をはね返して文化省も力を入れているようです。920日から始まるスペイン最大の国際映画祭サンセバスティアン(SIFF)が近づいたらご紹介しようと思っていたのが“Caníbal”(2013英題“Cannibal”)でした。スペイン代表作品としてSIFFのオフィシャル部門に選ばれ、今回TIFFのスペシャル・プレゼンでの上映も決定しました。同じケースがデニス・ビジェネウベの“Enemigo”(同“An Enemy”)ですが、ここでは2011年の製作発表から話題になっていた“Caníbal”に絞ってご紹介します。

 

★監督紹介:1964年アンダルシアのアルメリア生れ。グラナダ大学の文献学、マドリードのコンプルテンセ大学で情報科学を専攻。2001年製作のドキュメンタリー“El juego de Cuba”(英題“The Cuban Game”)がマラガ映画祭ドキュメンタリー部門銀のジャスミン賞」受賞した。長編第1作“La flaquesa del bolchevique”(2003同“The Weakness of the Bolshevik”)もヨーロッパ・ファースト・フィルム映画祭で観客賞を受賞。第4作がウンベルト・アレナルの短編を自由に翻案して映画化したサイコ・スリラー“Caníbal”です。

 

Caníbal  2013

監督:マヌエル・マルティン・クエンカ

 脚本:アレハンドロ・エルナンデス/ラファエル・デ・ラ・ルス

 キャスト:アントニオ・デ・ラ・トーレ(カルロス)/オリンピア・メリンテ(ニナ)/マリア・アルフォンサ・ロッソ(アウロラ)他

 製作国:スペイン/ルーマニア/ロシア/フランス

 ○言語スペイン語、ロケ地グラナダ、カラー、スペイン公開20131011

 

プロット42歳になるカルロスはグラナダでも指折りの仕立屋、彼の日常は物静かに洋服を仕立て食べて寝るという繰り返しであった。しかし彼には罪の意識もなく良心の呵責もなく若い女性を殺害して食すという別の秘密の顔をもっていた。しかしニナというルーマニアからの女性が彼の人生に現れることですべてが変わってしまうだろう。彼は生れて始めて恋を知る・・・

 

★カルロスは精神病質者ではなくホルモン調整不良に苦しむ繊細な人間らしく、彼の主治医の精神分析医は不治の病であると告げている。ニナは突然行方不明になった姉を探し求めているという設定、つまり姉はカルロスの餌食になっているわけです。1年に3人、子供と妊婦は食べないとか彼なりのルールもあり、メタファーが複雑です。ハネケの『ファニー・ゲーム』、ジョナサン・デミの『羊たちの沈黙』のレクター博士、コーエン兄弟の『ノーカントリー』の殺人鬼シガーなどに繋がっている印象です。これらの映画が持っている哲学は人によって解釈が異なると思いますが、本作のテーマは「愛の物語」だと監督は語っているんです。

 

★カルロス役のデ・ラ・トーレは既にちょこちょこご紹介していますが、最近の活躍振りは異例のことです。紹介済みの“Grupo 7”、アルモドバル“Los amantes pasajeros”(ラテンビート上映決定)、ダニエル・カルパルソロの『インベーダー』(2014公開)、サンチェス・アルバロ“La gran familia española”と話題作に顔を出しています。来年のゴヤ賞こそ、と思っています。本作については、「自分のキャリアの中で最も難しかった役の一つだった。カルロスは略奪者であるが、儀礼、生き残り、情動的かつ食への欲望が彼には必要だった」とコメントしています。

(写真:カルロスとニナ、映画のワンシーン)