ブラジル映画「Benzinho」が金のビスナガ*マラガ映画祭2018 ⑰2018年04月30日 17:31

              ブラジル中流家庭の或る一面を切り取った映画

 

      

★今年はブラジルから2作ノミネートされ、その一つウルグアイとの合作、グスタボ・ピッツィの長編第2Benzinhoが、イベロアメリカ部門の作品賞「金のビスナガ」を受賞した。ピッツィ監督は目下TVミニシリーズ撮影中で来マラガできなかったが、製作者を代表して参加したウルグアイの共同プロデューサー、アグスティナ・チアリノ金のビスナガのトロフィーを受け取りました。サンダンス映画祭2018でワールドプレミア、続いてロッテルダム映画祭、スウェーデンのヨーテボリ映画祭、ウルグアイのプンタ・デル・エステ映画祭などに出品された後、マラガにやってきました。ブラジル中流家庭の日常、新居の購入、息子の自立、母親の子離れの難しさをコメディタッチで描く。いずれにしろ子供は親の知らないうちに大人になってしまうのです。

 

         

      (トロフィーを手に喜びのスピーチをする製作者アグスティナ・チアリノ)

 

Benzinho(「Loveling」)2018

製作:Bubbles Project / Baleia Films / Mutante Cine / TvZERO

監督・脚本・製作者:グスタボ・ピッツィ、脚本クレジットはグスタボ・パッソス・ピッツィ

脚本(共):カリネ・テレス、レイテ・デ・ソウサ・ピッティ

撮影:ペドロ・ファエルステイン

音楽:ダニエル・ロランド、ペドロ・サー、マクシミリアノ・シルベイラ

編集:リビア・セルパ

美術:ディナ・サレム・レヴィ

衣装デザイン:ディアナ・レステ

メイクアップ:ビルヒニア・シルバ

製作者:タティアナ・レイテ(エグゼクティブ)、ロドリゴ・レティエル、アグスティナ・チアリノ(ウルグアイ)、フェルナンド・エプステイン(ウルグアイ)

 

データ:製作国ブラジル=ウルグアイ、ポルトガル語、2018年、コメディ・ドラマ、98分、撮影地リオデジャネイロ近郊のペトロポリス。サンダンス、ロッテルダム、ヨーテボリ、プンタ・デル・エステ、マラガ、各映画祭2018正式出品。マラガ映画祭イベロアメリカ部門の作品賞受賞作品、ブラジル公開823日。配給New Europe Film Saes

キャスト:カリネ・テレス(イレネ)、オタヴィオ・ミュラー(夫クラウス)、アドリアナ・エステベス(ソニア)、コンスタンティノス・サリス(長男フェルナンド)、セサル・トロンコソ(アラン)、ビセンテ・デモリ、ルアン・テレ、アルトゥル=フランシスコ・テレス・ピッツィ(双子の23男)

 

物語:イレネとクラウスが結婚したのは随分前のことだ。イレネは38歳になりクラウスと言えば45歳になった。二人には3人の息子、16歳になる長男と5歳になる双子とリオデジャネイロの近郊ペトロポリスに住んでいる。夫婦で一生懸命働き数年がかりで新居を建てたばかりだった。イレネはハイスクールの卒業証書をもらうための勉強のかたわらセールスの仕事をしていたのだ。一方クラウスは小さなコピーショップを経営、書籍の販売もしている。長男のフェルナンドはハンドボールの有力な選手で、シーズンのハイライトの後、ドイツのプロチームからオファーをうけた。嬉しいニュースには違いないが、家族に微妙なさざ波が、特にイレネが動揺しはじめた。イレネはフェルナンドとこんなに早く離れて暮らすとは考えていなかった。巣立ちするには早すぎる、もう少し後だと思っていたのに、間もなくこの家を出てしまうのだ。フェルナンドのいない新しい生活に順応しなけばならない。子供は知らないうちに大きくなってしまうのだ。

 

       ブラジルの観客は社会的階級を反映した映画を見る習慣がありません。

 

★今回映画祭にはウルグアイ側の製作者アグスティナ・チアリノだけが来マラガした。監督はTVミニシリーズの撮影に入ってしまって出席できなかったということです。プレス会見では「フレッシュで飾らない日常を描いた映画には価値があるのですが、ブラジルの観客には、このような社会的階級を反映した映画を見る習慣がありません」とコメント。これはどこの国にもいえることです。物語が身近すぎるから平凡に感じてしまうのです。カンヌやベルリンで評価されても変わりありません。 

          

      (一人で来マラガしたアグスティナ・チアリノ、プレス会見、419日)

 

★また「脚本を共同執筆した監督と主役を演じたカリネ・テレスは、実生活では夫婦ですが、彼らのビオピックではありません。双子の兄弟を演じた子役は夫妻の実の子供ですから、勿論ストーリーには家族のエッセンスが流れ込んでいます」ということでした。それで撮影中は実生活と映画の線引きがややこしかったこともあったようです。今はどっちのママ?というわけです。

 

           

 (実生活でもドラマでも親子でした。映画から)

 

       

                    (家族揃って参加したロッテルダム映画祭2018

 

  監督キャリア&フィルモグラフィー 

グスタボ・ピッツィGustavo Pizziは、1977年ペトロポリス生れ、監督、製作者、脚本家。リオデジャネイロのフルミネンセ連邦大学UFF映画科卒。2006年ドキュメンタリー「Preterito Perfeito」を撮る。2010年、長編デビュー作Riscado(英題「Craft」)は、XAXW映画祭2011でワールドプレミアした。その後40か所以上の映画祭で上映された。同2010年、共同で監督した短編A Distração de Ivanでは製作も手掛け、カンヌ映画祭と併催の「批評家週間」に出品されている。2012年、ドキュメンタリーOncotoを撮る。本作Benzinhoが長編第2作目になる。TVシリーズの脚本を執筆、現在TVミニシリーズ「Gilda」の撮影中で来マラガできなかった。

 

             (長編デビュー作Riscado」のポスター

 

      

         (グスタボ・ピッツイ=カリネ・テレス夫妻、2010年ごろ)

 

★イレネ役のカリネ・テレスは、1978年、監督と同郷のペトロポリス生れの39歳、女優、脚本家、製作者。映画、TVシリーズ、舞台で活躍している。監督長編デビュー作「Riscado」に出演している。ペトロポリスは本作の撮影地、監督が生れ故郷を舞台に選んだのは、子供のころ過ごした好きな町だからです。夫役のオタヴィオ・ミュラーは、1965年リオデジャネイロ生れ、映画にTVにと出演キャリアの長いのベテランです。

 

           

 (イレネとクラウスの夫婦、映画から)

 

         

                 (イレネとソニア役のアドリアナ・エステベス、映画から)

 

         

    (ハンドボールの選手フェルナンド役のコンスタンティノス・サリス、映画から)

 

★出演者は、第1作に出演した俳優が多く、スタッフも重なっている印象でした。ウルグアイのもう一人のプロデューサー、フェルナンド・エプステインは、フアン・パブロ・レベージャ&パブロ・ストールの共同監督「25 Watts」や、公開された『ウィスキー』、同じくフェデリコ・ベイロフ『アクネACNE』やアドリアン・ビニエス『大男の秘め事』、最近ではパラグアイ映画ですが、ベルリン映画祭2018のマルセロ・マルティネシ「Las Herederas」など話題作を手掛けています。ウルグアイは小国で市場も限られているので、隣国アルゼンチンやブラジルとの合作が多い。個人的には金のビスナガを受賞するとは考えておりませんでしたが、もしかするとブラジル映画祭にエントリーされるかもしれません。

Las Herederas」の記事紹介は、コチラ20180216

  

「金のビスナガ」 受賞作 「Las distancias」*マラガ映画祭2018 ⑯2018年04月27日 14:54

         エレナ・トラぺが作品賞「金のビスナガ」と監督賞受賞

 

     

エレナ・トラぺの長編第2Las distancias作品賞(スペイン映画部門)、トラペ自身も監督賞を受賞しました。昨年のカルラ・シモンの『夏、1993』に続いて、カタルーニャの若い女性監督が「金のビスナガ」を受賞したことになります。ESCACの監督科出身、先輩イサベル・コイシェの薫陶を受けているようです。秋の映画祭上映への期待やゴヤ賞2019ノミネーションを考えてアップしておきます。

ESCACEscuela Superior de Cine y Audiovisuales de Cataluña1994年バルセロナ大学の付属上級映画学校として設立された。現在は近郊のタラサに本部を移して活動している。フアン・アントニオ・バヨナ、キコ・マイリョ、マル・コル、ハビエル・ルイス・カルデラなどバルセロナ派の監督の多くが本校の出身者です。

 

        

      (赤絨毯に現れた、左からブルノ・セビーリャ、エレナ・トラぺ監督、

   アレクサンドラ・ヒメネス、マリア・リベラ、ミキ・エスパルベ、マラガ映画祭2018

 

 Las distancias(「Les distáncies」)2018

製作:Coming Soon Films / Miss Wasabi

      協賛 TV3(カタルーニャTV/ RTVE / ICEC / ICAA

監督:エレナ・トラぺ

脚本:エレナ・トラぺ、ミゲル・イバニェス・モンロイ、Josan Hetero

撮影:フリアン・エリサルデ

編集:リアナ・アルティガル

美術:アンヘラ・リベラ

録音:ジョルディ・ロシニョール・コロメル、アルベルト・マネラ

キャスティング:アンナ・ゴンサレス

衣装デザイン:マルタ・ムリーリョ、サラ・クレメンテ

メイクアップ:ダナエ・ガテル

プロダクション・デザイン:バネッサ・Locke、ノラ・ウィリー

助監督:アンナ・カプデビラ

製作者:マルタ・ラミレス、(協力)イサベル・コイシェ、マルセロ・ブッセ

 

データ:製作国スペイン、言語カタルーニャ語・スペイン語、2018年、99分、ドラマ、マラガ映画祭2018正式出品、417日上映、スペイン今秋公開が決定している。配給Sherlock Films

 

キャスト:アレクサンドラ・ヒメネス(オリビア)、ミキ・エスパルベ(コマス)、イサク・フェリス(ギリェ)、ブルノ・セビーリャ(エロイ)、マリア・リベラ(アンナ)他

 

プロット:オリビア、エロイ、ギリェ、アンナの仲間4人は冬のベルリンにやって来る。35歳の誕生日を迎えるコマスを驚かすためだ。しかしコマスは彼らが期待したようではなかった。週末までずっとグループは彼の友情の感じ方に疑問をもちながら次第にばらばらになっていくだろう。彼の生き方が、彼らが若かった頃に共有していたようなものではないことを受け入れ、それぞれ失望に向き合うことになる。

  

     

 (左から、ミキ・エスパルベ、マリア・リベラ、ブルノ・セビーリャ、トラペ監督、

 アレクサンドラ・ヒメネス、プロデューサーのマルタ・ラミレス、417日マラガにて)

 

           永遠にはつづかない壊れやすい友情についての物語

 

★ストーリーからは特別なハプニングが起きる印象を受けませんが、見た目にそうであっても実は深層では登場人物が葛藤しているという作品があるから未見では判断できない。というのは中心人物コマスの寡黙さが逆に雄弁に感じられるからです。若者たちが30代半ばになり、友情の美名のもとに邂逅する。ところが彼らがかつて描いていた夢の挫折に直面すると、美名に隠れていたフラストレーションが引き起こされ徐々に覆いが外されていく。友情は永遠にはつづかない。コマスを演じたミキ・エスパルベ1983バルセロナ)はコマスと同世代、マラガ映画祭2016コンペティション部門に出品されたマルク・クレウエトの辛口コメディEl rey tuercoの主役を演じている。

El rey tuerco」の紹介記事は、コチラ20160505

 

★もう一人の主役オリビア役で女優賞を受賞したアレクサンドラ・ヒメネス1980サラゴサ)は、目下引っ張り凧の女優の一人、バレリーナとして15歳でプロデビューしたという抜群のプロポーション、本映画祭でもベストドレッサーとしてメディアの注目を浴びていた。公開作品はナチョ・G・ベリジャの『シェフズ・スペシャル』(08)、ハビエル・ルイス・カルデラ『最終爆笑計画』(09、未公開DVD『ゴースト・スクール』(12SPY TIME スパイ・タイム』15)、パコ・レオンKIKI~恋のトライ&エラー』など比較的公開作品が多く、コメディ・ファンにはお馴染みです。未公開ですがフアナ・マシアスのコメディ「Embarazada」では、パコ・レオンとタッグを組み、40代で子供を持とうと奮闘する夫婦役を演じた。夫とは子供願望度に温度差があり次第に食い違っていく妻役が高評だった。バレリーナから転向後、マドリードのEscuela Superior de Artes TAI1970年創立)で演技を学んだという努力家でもある。

SPY TIME スパイ・タイム』の紹介記事は、コチラ20160202

KIKI~恋のトライ&エラー』の紹介記事は、コチラ20160605

 

      

        (ミキ・エスパルベとアレクサンドラ・ヒメネス、映画から)

 

30代後半というのは微妙な年齢で、自分に合った仕事、夢見るような愛などの限界が見えてしまう世代だから生き辛い。彼らの望みは次第にしぼんでいき、見た目ほどにはお気楽な独身生活を送っているわけではないのだろう。青春時代の確固たる友情は脆く、冬のベルリンで各自失望や幻滅を味わうことになる。セリフを極力ふるい落とし、5人はしぐさや視線での演技を要求され、充分それに応えたという。このことも作品賞受賞に繋がったのかもしれない。目の演技は役者にとって難問、却って途切れなく続くセリフで意思伝達をするほうが易しい。舞台を寒々とした冬のベルリンに選んだのはトラぺ監督の希望だったそうですが、これもなにかのメタファーと思われます。

 

    

   (コマスを訪ねてベルリンにやってきた、エロイ、オリビア、マリア、ギリェ、映画から)

  

  監督キャリア&フィルモグラフィー

エレナ・トラぺ Elena Trapé は監督、脚本家。バルセロナ自治大学で芸術史を専攻、バルセロナ大学Gestió Culturalのマスター卒。2004ESCAC監督科を出る。2003年短編「Dónde París」、2006年「No quiero la noche」、2008年「Pijamas」、同年TV映画「La Ruïna」はガウディ賞2009にノミネートされた。2010年長編デビュー作Blogはサンセバスチャン映画祭「サバルテギ」部門に正式出品「Otra Mirada」を受賞した。2015年のドキュメンタリーPalabras, mapas, secretos, otras cosasは、イサベル・コイシェ監督についてのポートレート、一種のロード・ムービー、コイシェ監督の友人、家族、ジャーナリストへのインタビューからなる。マラガ映画祭2015で上映された。本作Las distanciasが長編2作目となる。

 

    

                    (エレナ・トラぺ、マラガ映画祭2018 授賞式にて)

 

        

     (長編デビュー作Blog」のポスター

 

第21回マラガ映画祭2018*結果発表 ⑮2018年04月25日 14:55

     エレナ・トラぺの「Las distancias」とグスタボ・ピッツィの「Benzinho」が作品賞

 

422日、マラガ映画祭が閉幕いたしました。昨年からスペイン映画とイベロアメリカ映画の2本立てを一本化して、しかしそれぞれに作品賞である「金のビスナガ」を授与する方針に変更されました。スペイン映画は エレナ・トラぺの第2Las distancias、イベロアメリカ映画はグスタボ・ピッツィBenzinhoに、それぞれトロフィーが渡されました。エレナ・トラぺの監督賞受賞は意外でしたし、後者はもしかしたら観客賞をとるかなと思っていましたが、金賞受賞は個人的にはサプライズでした。いずれご紹介する予定です。取りあえず主な受賞結果をお知らせします。金賞は作品賞だけで、あとは全て銀賞です。

 

「金のビスナガ」(スペイン映画作品賞)副賞12,000ユーロ

 Las distancias監督エレナ・トラぺ

 

    

     (左から、トラぺ監督、スピーチするプロデューサーのマルタ・ラミレス)

 

「金のビスナガ」(イベロアメリカ映画作品賞)副賞12,000ユーロ

 BenzinhoVOSE 監督グスタボ・ピッツィ ブラジル、ウルグアイ)

 

    

審査員特別賞銀賞

 Casi 40監督ダビ・トゥルエバ(スペイン)

 

    

 The Queen of FearLa reina del miedo

  監督ヴァレリア・ベルトゥチェッリファビアナ・ティスコルニア

   (アルゼンチン・デンマーク)

 

    

監督賞銀賞

 エレナ・トラぺ Las distancias

      

 

  女優賞銀賞Hotel AC Málaga Paracio

 ヴァレリア・ベルトゥチェッリ The Queen of Fear」(「La reina del miedo

 

   

 アレクサンドラ・ヒメネス Las distancias

 

    

男優賞銀賞VIBUK

 ハビエル・レイ 「Sin fin」監督セサル=ホセ・エステバン・アレンダ

 

    

                (右は共演者のマリア・レオン)

助演女優賞銀賞

 カルメン・フロレス 「Mi querida cofradía」監督マリア・ディアス・デ・ロペ(スペイン)

 

      

            (カルメン・フロレス、4月17日マラガ映画祭にて)

  

助演男優賞銀賞

 ウラジミール・クルス 「Los buenos demonios」監督ヘラルド・チホーナ(キューバ)

 

    

脚本賞銀賞

 ダニエル・ディアス・トーレスアレハンドロ・エルナンデス 「Los buenos demonios

 

音楽賞銀賞

 エデシオ・アレハンドロ 「Los buenos demonios

 

   

    

撮影賞銀賞DELUXE

 ギジェルモ・ニエトNo dormirás」監督 G.エルナンデス(アルゼンチン、西、ウルグアイ)

 

   

編集賞銀賞

 パブロ・スマラガ 「No dormirás

 

観客賞銀賞GAS NATURAL FENOSA

 Mi querida cofradía

 

    

 

以上がコンペティション部門の主な受賞作品です。以下は映画製作にコラボした製作会社、TV局、協力団体、企業などに付属賞が贈られました。受賞作品と同じですので作品名を列挙しておきます。

Benzinho

Casi 40」 

Las distancias

Los buenos demonios

Mi querida cofradía

No dormirás」 

Sin fin」 

The Queen of Fear」(「La reina del miedo) 

印が当ブログ紹介作品です。

 

★ノミネーションはアップしませんでしたが、Zonazine部門の

作品賞

Amb el ventCon el viento)監督Meritxell Colell (スペイン映画部門)

Casa Coraggio監督バルタサル・トクマンBaltazar Tokman (イベロアメリカ映画部門)

 

監督賞

 バルタサル・トクマンCasa Coraggio

 

★今年のマラガ映画祭の観客動員数は、141,000人、昨年より2.5%増加、5%の増益だったそうです。第22回マラガ映画祭2019は、例年に戻って315日~24まで10日間がアナウンスされました。


第201回マラガ映画祭2018*最新フォト ④2018年04月23日 11:44

     「ビスナガ・シウダ・デル・パライソ」授賞式、モニカ・ランダル

 

419日、モニカ・ランダルを迎えて「ビスナガ・シウダ・デル・パライソ」授賞式がありました。

モニカ・ランダルの紹介記事は、コチラ20180330

 

    

  

 

 「マラガ才能賞-La Opinión de Málaga」授賞式、ロドリゴ・ソロゴジェン

 

420日、「エロイ・デ・ラ・イグレシア」改め、今年から「マラガ才能賞-La Opinión de Málagaとなりました。受賞者ロドリゴ・ソロゴジェンをむかえて授賞式がありました。

ロドリゴ・ソロゴジェンの紹介記事は、コチラ20180326

 

     

 

 

         ロレアルの「Belleza Comprometida」賞にバルバラ・レニー

 

419日、今年で第8回目となる、スランスの「ロレアル・プロフェッショナル」が選ぶBelleza Comprometida賞が、バルバラ・レニーに授与されました(副賞6000ユーロ)。20163月からロレアル・プロフェッショナルの総支配人を務めているJuditフディト・デ・ラ・フエンテから渡されました。ロレアルはエイズ予防財団を設立、エイズ予防の教育活動に力を入れており、本賞もその宣伝の一環として設けられたようです。

バルバラ・レニーの紹介記事は、コチラ20160215

 

     

(左から、デ・ラ・フエンテ、バルバラ・レニー、映画祭総指揮者フアン・アントニオ・ビガル)

 

★昨年の受賞者はマリベル・ベルドゥでしたが、今までにはアルモドバルの『ジュリエッタ』主演アドリアナ・ウガルテ、ビガス・ルナの『女が男を捨てるとき』主演ベロニカ・エチェギ、デ・ラ・イグレシアの「Perfectos desconocidos」出演のフアナ・アスコナ、今年ノミネートされた「Sin fin」主演のマリア・レオンなど、いずれも才色兼備の女優たちが受賞しています。


第21回マラガ映画祭2018*最新フォト ③2018年04月22日 16:05

    「金の映画」ペドロ・オレアの「Un hombre llamado Flor de Otoño」上映

 

★もう映画祭も終盤、日本時間で明日朝には結果が分かるはずです。作品紹介の続きは、結果発表後に秋の映画祭あるいは公開が期待できそうな作品を選んでアップいたします。マラガ映画祭の特別賞としてご紹介したペドロ・オレアの「金の映画」、モニカ・ランダルの「ビスナガ・シウダ・デル・パライソ」、ロドリゴ・ソロゴジェンの「マラガ才能賞-ラ・オピニオン・デ・マラガ」の授賞式の模様を簡単にアップしておきます。

 

          

          (「Un hombre llamado Flor de Otoño」のポスター)

 

★公開40周年を記念して「金の映画」に選ばれた、ペドロ・オレア8作目Un hombre llamado Flor de Otoñoが、マラガのピカソ美術館で上映、オレア監督、主役のホセ・サクリスタン、作家・ジャーナリストのルイス・アレグレ、歴史家・映画評論家フェルナンド・メンデス・レイテ、ジャーナリスト・TV司会者エレナ・サンチェス、「シネマニア」誌編集長アンドレア・G・メルメホを交えてシンポジウムが開催されました。

 

     

     (中央の二人がオレア監督とサクリスタン、416日のシンポジウム)

      

★フランコ体制後の民主主義移行期に製作されたホモセクシュアルをテーマにした最初の映画だった。ホセ・サクリスタン扮するルイス・デ・セラカントの物語、彼はバルセロナ上流階級に属しており、昼間は弁護士、夜はキャバレーの歌手として女装をして舞台に立つという二つの顔をもっていた。元は舞台用に書かれたホセ・マリア・ロドリゲス・メンデスの戯曲を映画化したもの。オレア監督によると自分以外にリカルド・フランコ、ハイメ・カミノ、ガルシア・ベルランガなどが候補に挙がっていたが、結局自分になったこと、戯曲家のロドリゲス・メンデスが脚本には自分が参画しないこと、執筆がラファエル・アスコナだったことに激怒したという。それは「舞台と映画のセリフは別のものと考えていたからだ」と。しかし、最後までアスコナに介入してきたそうです。また、マドリードやバルセロナのゲイからも話を聞き、そのときに未来の大監督となるペドロ・アルモドバルとも知り合ったと語っていた。

 

        

             (オレア監督とホセ・サクリスタン)

      

     

                (今は亡きラファエル・アスコナ)

 

★ホセ・サクリスタンは、本作のルイス役でサンセバスチャン映画祭で最優秀男優賞を受したのですが、「本当は男優賞ではなくて最優秀女優賞を与えるべきだったんですよ」と冗談を飛ばしていたようです。またオレア監督と名脚本家ラファエル・アスコナについての「Pedro Orea, Azcona Y un lobo」という著書の紹介がありました。ベルナルド・サンチェス&チェチュ・レオンの共同執筆です。監督にとって思い出深い映画祭になったことでしょう。

 

      

        (監督を挟んで二人の著者、各自著書を携えている、417日)

  

エステバン・アレンダ兄弟のデビュー作「Sin fin」*マラガ映画祭2018 ⑭2018年04月21日 17:24

       現在、過去、そして未来を飛び越えて旅するSFトーンのロマンス

     

     

 419日、セサル・エステバン・アレンホセ・エステバン・アレンダ兄弟の長編デビュー作Sin finが上映されました。父親は映画プロデューサーで配給を手掛けるホセ・エステバン・アレンダ(息子と同名)、1983年、スペインに初めてアカデミー賞外国語映画賞をもたらしたホセ・ルイス・ガルシの『黄昏の恋』のプロデューサーとして知られている。兄弟二人は子供のころから、この父親の影響を受けて育った。既に短編では国際的に多くの受賞歴の持ち主です。ストーリーが時間を飛び越えて進むので、不自然にならないよう編集に多くの時間を割いた、とプレス会見で語っていた。主人公ハビエルとマリアの愛と失われた愛の物語。2014年、兄弟二人で撮った同じタイトルの短編がもとになっており、主役の二人も同じハビエル・レイマリア・レオンが演じている。

 

      

          (右がセサル、左がホセ、マラガに現れた兄弟監督)

 

Sin fin」 2018

製作:Producciones Transatlanticas / Solita Films / Elamedia Estudios /

      協賛RTVE / ICAA / Canal Sur / Crea SGR / アンダルシア評議会文化部

監督・脚本:セサル・エステバン・アレンダ&ホセ・エステバン・アレンダ

撮影:アンヘル・マモロス

音楽:セルヒオ・デ・ラ・プエンテ

編集:セサル・エステバン・アレンダ

美術:ロシオ・ペーニャ

製作者:ホセ・エステバン・アレンダ、フェリックス・ブルゴス、ホセ・アントニオ・エルゲタ、ロベルト・ブトラゲーニョ

 

データ:製作国スペイン、スペイン語、ドラマ、SF97分、撮影地マドリード、マラガ、カディス(コニル・デ・ラ・フロンテラ)、マラガ映画祭2018正式出品419日上映、配給フィルマックス・インターナショナル

 

キャストハビエル・レイ(ハビエル)、マリア・レオン(マリア)、フアン・カルロス・サンチェス(70代のハビエル)、マリ・パス・サヤゴ(マリ・カルメン)、パコ・オチョア(アントニオ)、ロベルト・カンピジョ(ペドリート)、アセンシオ・サラス(祖父)、パコ・モラ(チャーリー)、クリスティアン・ガメロ(ルカス)、ほか

 

プロット:ハビエルはマリアへの失われた愛を取り戻すために未来からやって来る。一緒に知り合った魅惑的な日を思い出す。明け方にマドリードを発ち夕暮れどきのアンダルシアの海岸にやって来る。すべては、マリアがかつて愛しあった頃の活気あふれる女性に戻れるようにするためだ。マドリード、マラガ、カディスを巡る一種のロード・ムービー。

 

   

                       (カディスの浜辺の二人)

     

     

(かつてのマリアとハビエル)

 

★マリアを演ずるマリア・レオン1984セビーリャ)は、「マリアは旅が決して終わらないことを望んでいる」とプレス会見で語っている。ハビエル・レイ(ガリシア生れ)は、「マリア・レオンはマリアというとても複雑な人格を演じるのに相応しかった。この作品は時間の飛躍がずっと続くせいで、異なった側面をその都度切り替えて演じなければならなかった。綿密に検討しながら、結果的には満足したものになった」と語っている。マリア・レオンの公開作品は、ベニート・サンブラノの『スリーピング・ボイス~沈黙の叫び~』に出演、サンセバスチャン映画祭2011女優賞、ゴヤ賞2012新人女優賞を受賞している。批評家からは「映画はさておき、マリア・レオンという逸材を発掘した」と、その演技力が絶賛された。ハビエル・レイは、マリア・レオンの実兄パコ・レオンの『KIKI~愛のトライ&エラー』(16、ラテンビート上映)に小さな役で出演している。

 

『スリーピング・ボイス~沈黙の叫び~』の紹介記事は、コチラ20150509

KIKI~愛のトライ&エラー』の紹介記事は、コチラ20161008

  

     

               (現在のマリアとハビエル)

 

 監督キャリア&フィルモテカ

ホセ・エステバン・アレンダ(・ロドリゲス)は、監督、脚本家、製作者、俳優(クレジットはホセ・エステバン・ジュニア)。2003年ビジネス・スクールMEGAMaster Europeo en Gestion Audiovisual)卒業。セサル・エステバン・アレンダは、監督、製作者、脚本家、編集者。建築学を専攻。2004年、兄弟二人でアニメーション製作を主にした「Solita Films」を設立した。主な短編6作で500ヵ所の映画祭、100以上の受賞歴があるということです。他にドキュメンタリーなど他の監督作品を製作している。

 

主なフィルモグラフィーは以下の通り。

2008Manolo marca registrada」(9分、アニメ)監督・脚本セサル、製作ホセ

2008La increible historia del hombre sin sombra」(9分、アニメ)監督・脚本・製作ホセ、

   撮影・編集セサル。ゴヤ賞2009短編アニメーション賞受賞、

2010El orden de las cosas」(20分)共同監督・脚本・製作、ゴヤ賞短編映画賞ノミネート、

   エルチェ映画祭監督賞、、ワルシャワ映画祭短編賞スペシャル・メンション、

   ナント・スペイン映画祭短編賞、他受賞歴多数

2011Matar a un niño」(9分、アニメ)共同監督・脚本・製作、

   マラガ映画祭2011短編銀のビスナガ国際シネマ・バイア・デイズ短編賞受賞

2012Inertial Love」(6分)マラガ映画祭2013短編銀のビスナガ

   夕張ファンタスティック映画祭2014短編賞、他

2014Not the End」(29分)長編「Sin fin」のもとになった短編、

   ヒホン映画祭、セビーリャ・ヨーロッパ映画祭上映

2018Sin fin」省略

 

  

(左がホセ・エステバン・アレンダ、右セサル、ゴヤ賞2009短編アニメーション賞を受賞)

 

   

(アニメーション「La increible historia del hombre sin sombra」のポスター)

  

グスタボ・エルナンデスの「No dormirás」*マラガ映画祭2018 ⑬2018年04月19日 21:08

          ウルグアイの監督グスタボ・エルナンデスのサイコ・スリラー

 

  

★映画祭も後半に入りラテンアメリカからもベテラン、新人シネアストの来マラガで賑わっている。グスタボ・エルナンデスの長編第3No dormirás(「You Shall Not Sleep」)は415日に上映され、主役の一人ベレン・ルエダがプレス会見でテーマについて語りました。監督本人は来マラガしていないようでした。本作は製作国のアルゼンチン、ウルグアイほかブラジルで既に公開されているという珍しいケースです。観客のツイートでは「ホラーでもないし、スリラーでもない」というのが散見していますが、ベレン・ルエダのコメントからそれが最重要テーマでないことが分かりました。

 

 No dormirás(「You Shall Not Sleep」)2018

製作:Pampa Films / FilmSharks International(アルゼンチン)/ Tandem Films(西)/

    Mother Superior(ウルグアイ)、INCAA / ICAA他多数、

監督:グスタボ・エルナンデス

脚本:Juma Fodde

撮影:ギジェルモ・ニエト

音楽:アルフォンソ・ゴンサレス・アギラル

編集:パブロ・スマラーガ

美術:マルセラ・バッサノ

製作者:マルタ・エステバン、クリスティナ・スマラーガ、Guido Rud(以上エグゼクティブ)、アグスティン・ボッシ、パブロ・ボッシ、イグナシオ・ククコヴィッチ、他

 

データ:製作国アルゼンチン=ウルグアイ=スペイン、スペイン語、2018年、ホラー、サイコ・スリラー、106分、撮影地ブエノスアイレス、カナリア諸島ラス・パルマス。マラガ映画祭2018正式出品415日上映、アルゼンチン及びウルグアイ111日同時公開、ブラジル218日、16歳以上。

 

キャスト:エバ・デ・ドミニシ(ビアンカ)、ベレン・ルエダ(アルマ・ベームAlma Bühm)、ナタリア・デ・モリーナ(セシリア)、ヘルマン・パラシオス(作家)、フアン・マヌエル・ギレラ(フォンソ)、エウヘニア・トバル(サラ)、スサナ・オルノス(ドラ)、マリアノ・Smolarczuk(新聞記者)、他

 

プロット1984年、今では廃屋になっている精神科病院、そこで前衛的な演劇グループが20年前に患者のグループによって創作された作品の舞台化の準備のために不眠症を体験している。数日間眠らないことで知覚の限界に達すると、活力や隠されていた過去に向き合うことになった。有望な女優と目されるビアンカは、主役抜擢を願って参加していた。それは仕事や他の仲間たちへの強い思い入れだけでなく、ビアンカや仲間たちを駆り立てていた未知の力が、彼らを悲劇的な結末へと引き寄せていく。

 

★ストーリーは、前衛的な演劇グループの極端な製作過程と立派だが打ち捨てられた屋敷という要素を組み合わせて進行していくが、恐怖や精神的インパクトはそれほど多くないようだ。力点は登場人物の心理状態に置かれているから、恐怖目的のホラー・ファンには物足らないのかもしれない。ベレン・ルエダがプレス会見で「ホラーが基本的なテーマではない。しかし人物のシチュエーションが観客をそこへ誘い込む。恐怖するための恐怖を求める映画ではなく、現実と私たちの頭の中で起こることの相関関係が描かれている」と語ったように、求めているものに隔たりがあるようです。 

   

       (上映後のプレス会見、中央がベレン・ルエダ、415日)

 

ベレン・ルエダは脚本家アルマ・ベームを演じる。傷つきやすさや感受性を高めるために、出演者に数日間睡眠をとらない不眠症体験をさせる、神秘的で残酷な性格の役柄。スペインから参加したナタリア・デ・モリーナは、ビアンカの仲間の一人セシリア役になる。今回コンペティション部門で金のビスナガ作品賞を競うダビ・トゥルエバ『「ぼくの戦争」を探して』でゴヤ賞2014助演女優賞を受賞したほか、マラガ映画祭2015ではフアン・ミゲル・カスティージョTecho y comidaのシングル・マザー役で女優賞、翌年のゴヤ賞では主演女優賞まで受賞してしまった強運の持ち主、スペイン若手ホープの一人。

 

  

                       (ベレン・ルエダ、マラガ映画祭にて)

 

   

       (エバ・デ・ドミニシとナタリア・デ・モリーナ、映画から)

 

★主役のビアンカ役は、アルゼンチンのエバ・デ・ドミニシ(ドミニチか)、1995年ブエノスアイレス生れ。本作では娘は親の支配下にあるべきという、父親からのトラウマと暴力から逃れ、生き残るために舞台女優として自立したい女性を演じた。モデル出身だが2006年からTVシリーズで活躍、エルナン・ベロンSangre en la boca16)でレオナルド・スバラグリアとタッグを組み女性ボクサーを演じた。本作出演後もオファーが目白押し、来年公開の「Bad Water」でアメリカ映画にも進出することになった。

 

             

 (エバ・デ・ドミニシ、映画から)

 

  グスタボ・エルナンデスのキャリア&フィルモグラフィー

グスタボ・エルナンデス、ウルグアイの監督、脚本家、製作者。長編デビュー作La casa muda10)は、カンヌ映画祭と併催される「監督週間」に正式出品された後、国際映画祭でも上映された。翌年ハリウッドでクリス・ケンティス&ローラ・ラウ監督によって「Silent House」としてリメイクされ、日本でも『サイレント・ハウス』の邦題で公開されたホラー・スリラー、エルナンデス監督は脚本を共同執筆した。第2作目はDios local14)は、シッチェス映画祭、ファンタスティックフェスト、リオデジャネイロ映画祭、プチョン市の韓国ファンタジー映画祭などで上映された。第3作目が「No dormirás」です。

 

   

    (「No dormirás」公開時、インタビューを受けるグスタボ・エルナンデス)

 

        

             (デビュー作「La casa muda」のポスター)


第21回マラガ映画祭2018*最新フォト ②2018年04月18日 16:18

        「自惚れでアーティストと思っています」とパコ・デルガド

 

         

415日、特別賞の一つリカルド・フランコ-マラガ映画祭アカデミー賞の授賞式がありました。この賞は主に技術面で活躍しているシネアストに贈られる賞。今年の受賞者は衣装デザイナーのパコ・デルガド、昨年の受賞者メイクアップアーティストのシルヴィ・インベールもお祝いに馳せつけました。他にもマリサ・パルデスナタリア・ベルベケソニア・イスラホルヘ・カルボ、その他マリベル・ベルドゥはお祝いのメッセージをビデオで送ってきました。

  

  

    (ジャスミンの花束を象ったトロフィーを手にしたパコ・デルガド)

 

★パコ・デルガドの受賞スピーチは「私のしていることは職人仕事と言われていますが、自惚れでアーティストと思っています。・・・この賞がカメラの背後で仕事をしている人々に与えられるというのは素晴らしいことです」と。登壇した女優さんたちからも、それぞれ感謝のスピーチを受けたようです。

パコ・デルガドの紹介記事は、コチラ20180328

 

      

           (シルヴィ・インベールやパレデスの姿も・・・)

 

      「ハリウッドは五つ星ホテル、スペイン映画は我が家」とJ. A. バヨナ

 

415日夜、レトロスペクティブ-マラガ・オイ賞の授賞式もありました。J. A. バヨナ「ハリウッドで映画を制作することが一つの夢だった。ハリウッドは五つ星ホテルにいるような感じでしたが、スペインでの映画は我が家のように感じます」と挨拶、「映画を作ることを夢見ているすべての人々に、この賞を捧げたい」とスピーチした。バヨナはマラガ映画祭には縁がないと思っていましたが、1999年の短編デビュー作「Mis vacaciones」は、始まったばかりのマラガ映画祭で上映されたらしく、本賞受賞で再びマラガに戻ってきたことになるようです。

 

   

         (ベレン・ルエダとフアン・アントニオ・バヨナ)

 

★お祝いに駆けつけたのは長編第1作『永遠のこどもたち』のヒロイン、ベレン・ルエダ、バヨナの「母子三部作」すべての製作に携わったプロデューサーのベレン・アティエンササンドラ・エルミダ、『インポッシブル』のモデルになったバルセロナの医師マリア・ベロン、プレゼンターは女優で監督のレティシア・ドレラでした。バヨナは「望めば独立して映画を作れること」をみんなに証明してくれた。「我々には才能があり余っている」のだからと、スペイン映画の限界に対する全ての先入観を打ち砕いてくれたのがバヨナだったとレティシア・ドレラはスピーチした。一方、ベレン・ルエダはバヨナの作品に対する思いの強さ、「印象的なやり方で作品への愛情を伝播させ、それをチーム全体に広げてしまう」と語った。

フアン・アントニオ・バヨナの紹介記事は、コチラ20180324

  

   

(バヨナの右から、レティシア・ドレラ、ベレン・ルエダ、二人の製作者とマリア・ベロン)

俳優パウ・ドゥラの監督デビュー作*マラガ映画祭2018 ⑫2018年04月17日 13:18

      ホセ・サクリスタンが自由を求めて生きる老いたヒッピーを演じる

   

   

パウ・ドゥラは、アルゼンチンの「La reina del miedo」を初監督したヴァレリア・ベルトゥチェッリ同様、俳優としてのキャリアが長い。デビュー作Formentera Ladyは、名優ホセ・サクリスタンを主人公にして70年代からヒッピーとしてフォルメンテラ島で暮らしている老人サムエルの物語。タイトルのFormentera は、地中海のバレアレス諸島の一つフォルメンテラ島のことで、渡航ルートは、1999年世界遺産に登録されたイビサ島からだけという不便な島です。イビサ島から大型フェリーが出ていて日帰りで楽しめるが、観光地としては美しいビーチがある以外何もないようです。

 

  「Formentera Lady2018

製作:Fosca Films / Good Machine Films / Sunrise Picture / La Periferica Produccions

監督・脚本:パウ・ドゥラ

撮影:ミゲル・リョレンス

音楽:ジョアン・アラベドラ

編集:ルカス・ノリャ

衣装デザイン:クリスティナ・マルティン

メイクアップ&ヘアー:ビセン・ベティ、フィナ・エスペルト

製作者:ラミロ・アセロ、ダビ・シウラナ、ナチョ・テヘドル、(アシスタント)クルス・ロドリゲス

 

データ:製作国スペイン、スペイン語、2018年、コメディ・ドラマ、85分、撮影地フォルメンテラ島、バレンシア、バルセロナなど。マラガ映画祭2018正式出品VOSE上映416日、スペイン公開629

 

キャスト:ホセ・サクリスタン(サムエル)、サンドロ・バリャステロス(サムエル孫マルク)、ノラ・ナバス(サムエル娘アンナ)、ジョルディ・サンチェス(トニ)、フェラン・ラニェ(ジョアン)、ペパ・フアン(グレタ)、ミレイア・ロス(マリサ)、フリ・ミラ(パコ)、トニ・ミソ(サンティ)、ヌリア・メンシア、パウ・ドゥラ、他

 

物語1970年代にヒッピーだったサムエルは、フォルメンテラにやってきて以来、そこへ住み着いてしまった。浜辺の家には電気がなく、賭博場でバンジョーを弾いて暮らしを立てている。ある日のこと、娘のアンナと孫のマルクが訪ねてくる。娘はしばらく前から失業していたが、フランスで仕事が見つかり引き受けることにしたが、一人が条件だという。老いたヒッピーは最初拒絶するが、娘は助けてくれるよう懇願する。意志の弱い風変わりなヒッピーもほだされ、孫を預かろうと決心する。しかし、それは彼をどこか陰のある過去へ連れ戻す。黄昏への旅になるだろうが、それは期待にふくらむ未知への遭遇であるかもしれない。

 

     

           (サムエルとアンナ、後ろ姿がマルク、映画から)

 

★タイトルの「Formentera Lady」は、1971年に発売されたキング・クリムゾンのアルバムからとられたようです。サムエル役のホセ・サクリスタン1937、チンチョン)は、マラガ映画祭2014レトロスペクティブ賞受賞者、今年の「金の映画」に選ばれたペドロ・オレアUn hombre llamado Flor de Otoñoの主人公を演じている。カルロス・ベルムトの『マジカル・ガール』(14)公開で、日本でも遅ればせながら知名度を挙げました。娘役ノラ・ナバスは、ビリャロンガの『ブラック・ブレッド』の母親役、ガストン・ドゥプラット&マリアノ・コーンの『笑う故郷』(「名誉市民」)では、ノーベル賞作家の秘書を演じていた。二人ともゴヤ賞主演男優賞、女優賞の受賞者です。孫役のサンドロ・バリャステロスは、TVシリーズ出演の経験はあるが、長編映画は本作が初めてである。 

ホセ・サクリスタン紹介記事は、コチラ⇒2016年04月22日

 

      

                     (サムエル役ホセ・サクリスタン、映画から)

 

     

 (マルク役サンドロ・バリャステロス、映画から)

 

パウ・ドゥラは、1972年バレンシアのアルコイ生れ、俳優、監督、脚本家、製作者。短編デビュー作「Praeludium」(09)、「El hombre」(11)、「L'audífon」(13)、「El cerdo」(15)のほか、TV映画「Tocant el mar」(12)を撮る。俳優デビューは1994TVシリーズ、映画はアグスティ・ビラのコメディ「Un hombre en el parque」(99)、セスク・ゲイ「Krámpack」(00、『ニコとダニ』)、マヌエル・ウエルガ『サルバドールの朝』(06)、昨年のマラガに正式出品されたリノ・エスカランテ「No sé decir adiós」など多数。TVシリーズ出演が多い。最近では舞台演出も手掛けている。

 

     

416日の上映後のプレス会見では「無条件の自由を求めて生きている男の物語ですが、現実的にはありえません。しかし、この島には今でも70年代から住みついているヒッピーがいます」と監督、サムエルがバンジョーを演奏する賭場がいくつかあるようです。自分の信念を曲げないで生きている人物を描くのに遅すぎるということはない。高齢ながらどこかに少年の心をもつホセ・サクリスタンは「映画に登場するのは男たちだが、非常に女らしい物語です。だから少年は家庭とか家族とかを結ぶ懸け橋の象徴でもある」とサクリスタン。「偉大な俳優と一緒の映画に出られて感激」とサンドロ。観客を魅了できたでしょうか。

 

     

       (サンドロ、監督、サクリスタン、上映後のプレス会見、416日)


第21回マラガ映画祭2018*最新フォト ①2018年04月15日 17:49

         

413日、マラガ市のセルバンテス劇場で開幕されました。入手できた写真をお届けします。

 

  

         (赤絨毯が敷きつめられたセルバンテス劇場前)

 

  

(オープニング上映となったマテオ・ヒルの「Las leyes de la termodinámica」面々)

 

   

(マラガ-スール賞のトロフィーを手にしたギレルモ・デル・トロ、左はキューバ映画

Sergio & Serguéi」出演のロン・パールマン、ゴヤ賞2018栄誉賞受賞者のマリサ・パレデス)

 

   

(海沿いのアントニオ・マチャード遊歩道に建てられた記念碑前のギレルモ・デル・トロ、

 大賞マラガ-スール賞受賞者が建てて貰える)

 

  

(アルゼンチンから到着した「La reina del miedo」の監督ヴァレリア・ベルトゥチェッリ)