ラテンビート2015*メインビジュアルが模様替え ①2015年08月14日 16:06

           上映3作品が発表になりました

 

★東京バルト9は、秋10月開催が恒例になりました。今年は108日(木)~12日(月祝日)の5日間、上映作品はまだ3作品だけの発表です。うちカンヌ映画祭「ある視点」部門にノミネーションされたLas Elegidas(メキシコ)が『選ばれし少女たち』の邦題で上映がアナウンスされました。これについては「もしかして、ラテンビート・・・」と考えて、既に作品・監督・製作者・キャストを紹介しております。以下は作品・監督などを簡単にアップいたします。

 


     
     (メインビジュアルは、ハビエル・マリスカルのデザインになりました)

 
1『エイゼンシュテイン・イン・グアナファト』Eisenstein in Guanajuato”(2015

監督ピーター・グリーナウェイ、ロマンチック・コメディ、伝記、オランダ≂メキシコ≂フィンランド≂ベルギー≂仏、英語・西語、105

ベルリン映画祭2013正式出品作品、シアトル映画祭2015監督賞第3

 


 (中央の白背広がエイゼンシュタイン役のE・バック、帽子がパロミノ役のL・アルベルティ)

 

2『選ばれし少女たち』Las Elegidas”(2015)監督ダビ・パブロス
メキシコ、西語、
105

カンヌ映画祭2015「ある視点」の記事は、コチラ⇒2015531

 


        (中央が主役ソフィア役のナンシー・タラマンテス、映画から)

 

3WolfpackThe Wolfpack”(2015)監督クリスタル・モーゼル
ドキュメンタリー、伝記、
米国、英語、90

 


               (アングロ6人兄弟と監督)

 

★これから追い追いアップされていくのでしょうが、全体像が発表されたら個別にぼちぼちご紹介していきます。