コスタリカから女性監督デビュー*サンセバスチャン映画祭2017 ⑪2017年09月22日 16:08

       「ホライズンズ・ラティノ」にコスタリカの新人アレクサンドラ・ラティシェフ

 

「ホライズンズ・ラティノ」の出品作品は、例年8月前半に開催されるリマ映画祭と同じ顔触れになります。コスタリカの新人アレクサンドラ・ラティシェフの長編第1Medea は、リマ映画祭2017の審査員特別メンション受賞作品です。今年はラテンアメリカ10ヵ国17作品が上映され、作品賞にグスタボ・ロンドン・コルドバ La familia(ベネズエラ他)、審査員特別賞にセバスティアン・レリオ La mujer fantástica(チリ他)と、ホライズンズ・ラティノの出品作が選ばれています。 Medea からは主演女優のリリアナ・ビアモンテが審査員特別メンション女優賞を受賞していました。ペルーはコスタリカ同様映画産業は盛んとは言えませんが、本映画祭も今年21回目を迎えています。

 

  

 

   Medea  2016 

製作;La Linterna Films / Temporal Film / Grita Medios / CyanProds

監督・脚本:アレクサンドラ・ラティシェフ

撮影:オスカル・メディナ、アルバロ・トーレス

音楽:スーザン・カンポス

編集:ソレダ・サルファテ

プロダクションデザイン・美術:カロリナ・レテ

製作者:パス・ファブレガ、ルイス・スモク、アレクサンドラ・ラティシェフ、(エグゼクティブ)シンシア・ガルシア・カルボ、(アシスタント)バレンティナ・マウレル

 

データ:コスタリカ=アルゼンチン=チリ、スペイン語、2016年、70分。2016Cine en Construcción 30」、ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2017正式出品、第21回リマ映画祭2017正式出品(リリアナ・ビアモンテ審査員特別メンション女優賞)、サンセバスチャン映画祭「ホライズンズ・ラティノ」正式出品。

 

キャスト:リリアナ・ビアモンテ(マリア・ホセ)、エリック・カルデロン(カルロス)、ハビエル・モンテネグロ(ハビエル)、マリアネイジャ・プロッティ、アーノルド・ラモス、他

 

プロット:マリア・ホセの人生は、単調な大学生活、日頃疎遠な両親、ラグビーのトレーニング、そしてゲイの友人カルロスとの間を動きまわっている。しかしハビエルと知り合い彼と交際しはじめたことで、周囲との連絡を絶つ。<普通の>人生を送るための努力をなにもせずに受け入れるが、誰も考えもしなかった秘密を抱えこンでしまう、彼女は数か月の身重になっていた。

 

★これだけの情報では、タイトルから想像するギリシャ神話のメデイア、またはエウリピデスのギリシャ悲劇「女王メディア」に辿りつけない。夫イアソンの裏切りに怒り、復讐を果たす強い女性像とヒロインのマリア・ホセ像とが結びつかない。マリア・ホセは25歳になるのに未だ大学生、内面的には何かが起こるのを待っているモラトリアム人間にも見える。表面的にはラクビー選手という設定だが、メディアのように本当に強い女性なのか。エウリピデスのメディアは二人の息子も殺害するが、ヒロインが妊娠数か月というのが暗示的だ。女性の<女らしさ>を嫌悪するミソジニーと関係があるのかないのか。ギリシャ悲劇の規範でいえば、英雄は最後には降格する宿命にある。マリア・ホセの最後がどうなるのか全く予想がつかない。

 

   

          (マリア・ホセ役のリリアナ・ビアモンテ、映画から)

 

アレクサンドラ・ラティシェフAlexandra Latishev は、コスタリカのベリタス大学で映画とTV学校で学ぶ。監督、脚本家、編集者、製作者、女優。2011年、短編 LEnfante Fatale を撮る。短編 Irene14)は、トゥールーズ映画祭、アルカラ・デ・エナレス映画祭(作品賞)、フランドル・ラテンアメリカ映画祭(審査員メンション)、ハバナ映画祭(審査員メンション)など多数受賞する。 Medea は長編第1作である。

 

     

 

   

                   (リリアナ・ビアモンテ出演の Irene のポスター

 

★監督によれば、「自分自身とは感じられない体で生きているせいで、自分の所属場所がないという人物を登場させたかった。不可能なリミットまで描きたかった。世間は矛盾で溢れているが、他人と調和して生きたいと考えています。しかし私たちにはそれとは対立した<その他>も居座っています。この映画の中心課題は、社会的に積み上げられてきた<女らしさ>の概念についてのマリア・ホセの闘いです」ということです。これで少しテーマが見えてきました。

 

    

  (製作者シンシア・ガルシア・カルボと監督右、2016Cine en Construcción 30」にて) 

 

リリアナ・ビアモンテLiliana Biamonteは、アレクサンドラ・ラティシェフの短編 Irene に主人公のイレネ役で出演、他にユルゲン・ウレニャの Muñecas rusas14)、アレホ・クリソストモの Nina y Laura15)、アリエル・エスカランテの El Sonido de las Cosas16)などコスタリカ映画に主役級で出演している。本作 Medea でリマ映画祭2017審査員特別メンション女優賞を受賞している。

 

   

     (看護師役のリリアナ・ビアモンテ、El Sonido de las Cosas から)

 

『プラテーロとわたし』のフアン・ラモン・ヒメネスの伝記映画2014年06月19日 17:37

★今年は『プラテーロとわたし』刊行100周年ということで、詩人フアン・ラモン・ヒメネス(18811958)の伝記映画が年末に公開されるようです。とは言っても今月クランクインしたばかりであくまで予定です。原題はLa luz con el tiempoに決定しており、監督はUna pasión singular2002でブラス・インファンテ Blas Infante の伝記映画を撮ったアントニオ・ゴンサロ1951年ラ・リオハ州の県都ログローニョ生れ、監督、脚本家、プロデューサー、映画界入りは俳優でした。 

       (左からAlex O’Dogherty、タマラ・アリアス、アルバレス=ノボア
        *セビーリャで始まった撮影シーンから)

 

6作となるUna pasión singularは、アンダルシア自由党初代党首ブラス・インファンテの伝記映画、フィクションです。現在でも「アンダルシアの父」と慕われている政治家、歴史学者、公証人といくつもの顔をもつアンダルシアのヒーロー、19367月、内戦勃発早々フランコ軍のセビーリャ占拠によって逮捕され、811日にセビーリャ郊外で銃殺刑に処された。同地に立派な記念碑が建立されている。本作は「ウエルバ・ラテンアメリカ映画祭2002」で観客賞を受賞しています。 

                   (観客賞のトロフィーを手にしたゴンサロ監督)

 

★ベニト・サンブラノの『ローサのぬくもり』の<犬と暮らす老人>を覚えていらっしゃいますか。賢い犬は覚えているが、老人のほうはちょっと・・・という方、今度は散文詩『プラテーロとわたし』の著者、ノーベル賞作家のフアン・ラモン・ヒメネスに扮します。カルロス・アルバレス=ノボアが抜擢された理由は晩年の作家に似ているから、まさかね。出会うなり恋に落ち一生涯愛し続けたという妻セノビア・カンプルビーにタマラ・アリアス、セノビアの兄弟ホセにAlex O’Dogherty、ヒメネスの若い時代(1740歳)をMarc Clotet、つまりアルバレス=ノボアは55歳から76歳で死去するまでを演じます。ということはフラッシュバックが多くなりそうです。他に『ローサのぬくもり』で共演したアナ・フェルナンデスもクレジットされています。彼女は、無責任なトラック運転手の子供も身ごもってしまう愚かな娘役でしたが、母ローサの死によって再生します。親は死ぬまで試されるという切ない映画でしたね。

 

     (アナ・フェルナンデスとアルバレス=ノボア*『ローサのぬくもり』から)

 

カルロス・アルバレス=ノボアCarlos Alvarez-Novoaは、『ローサのぬくもり』のカタログでは、セビーリャ生れと紹介されましたが、1940年ラ・フェルゲラ生れのアストゥリアスの人です。しかし30年以上前からセビーリャに住んでいますからセビーリャ人といってもいいかな。作家、舞台監督、俳優、並行して高校で文学教師もしている。法学、ロマンス語学専攻、イスパニア文献学のドクターの学位を取得している。<老人役>で東京国際FF1999の男優賞、ゴヤ賞2000で最高齢の新人男優賞を受賞した。ヒメネスについては「心気症を患い病弱で、思い込みの激しい、陰気で激しやすいエゴイスト・・・しかし一人の女性を愛し続けた感受性豊かな深い人格の持主、少し自分にも似ているところがあり、結局みんな彼に魅了され虜になってしまう」と語っている。というわけでヒメネス役にはぴったりというわけです。

 

★以前ある出版社が、同時代の作家や詩人についてヒメネスにインタビューした記事を読んだことがありますが、いくらなんでもここまであけすけに他人を貶せるかという内容で、全員が死去するまでお蔵入りにしたというものでした。その中にはロルカ、アントニオ・マチャード、ホルヘ・ギジエンなども含まれていました。1936年の内戦勃発で<あるミッション>を携えてスペインを出国して以来戻らなかったが(セノビアの故国プエルトリコで死去)、没後、遺骸は生れ故郷モゲールに二人とも埋葬された。 

     (ヒメネスの肖像が入った2000ペセタ紙幣、まだペセタだった1982年発行)

 

★『ローサのぬくもり』はオール・セビーリャでしたが、Marc Clotetはカタルーニャの出身です。セビーリャっ子のタマラ・アリアスTamara Arias1980生れ)はセノビア役について「最初から有利な条件のもとで始まりました。彼女が少女時代からアメリカ、キューバ、故国プエルトリコ各時代に渡って書き続けていた日記を読むことができたからです。そのほかフアン・ラモン、友人、知識人に宛てた書簡類には、彼女のイデオロギー、文学的趣向、矛盾も書かれていて特に役立ちました。彼女は実に自立心が強く、進取の気性に富み、自尊心の高い女性でした」とインタビューで語っていました。代表作はマリア・リポルのコメディTu vida en 65 minutos2006)ほか。演技の勉強のためロスに滞在しておりましたが、今回帰国してセノビア・カンプルビーに挑戦しています。

 

   (ソロゴイェンのStockholmで紹介したハビエル・ペレイラとタマラ・アリアス
    *
Tu vida en 65 minutosから)

 

★まだ未完成の映画、しかし激動の時代を生きた風変わりな詩人の生涯は興味ありますから、いずれ完成したらUPしたいと考えています。製作にはセノビア=フアン・ラモン・ヒメネス財団の資金援助を受けている。

 

グスタボ・ファジャス*モントリオール国際映画祭①2013年09月05日 14:23

★日本でも田中光敏の『利休にたずねよ』の芸術貢献賞受賞で盛り上がったモントリオール国際映画祭、スペイン語映画も収穫がありました。グスタボ・ファジャスのデビュー作“Puerto padre”(2013、コスタリカ/メキシコ、英題“Port Father”)が「ファースト・フィルム」部門の銀賞を獲得いたしました。

★グスタボ・ファジャスGustavo Fallasはコスタリカ出身。カナダのケベック大学で映画と脚本を学んだ。受賞にはこれが幸いしたかもしれない。本作は監督が長年あたためていた脚本をPrograma Ibermediaからの資金援助($150,000)をもとに、最終的には概算で$550,000の援助を受けて実現させた。コスタリカではプンタレナス州の州都プンタレナスでの撮影開始から話題になっていた。古びたLas Hamacasホテルを舞台に4人の登場人物が繰り広げるドラマ。監督によるとこのホテルに出会うことで構想が生まれたそうです。どうやらホテルも重要な役割を担っているらしい。

★漁師のダニエル(ジェイソン・ペレス)に両親はなく祖母とチラ島で暮らしていた。16歳になったダニエルはこの小島に希望はないと、プンタレナスにいるという自分の名付け親ミゲルを頼って故郷を後にする。しかし母の行きつけだったホテルの支配人チコ(ガブリエル・レテス)から既にミゲルは死んだと素っ気なく告げられる。しかしチコはダニエルに仕事を世話してくれ、ダニエルは調理場で働く若いシングルマザーのソレダ(アドリアナ・アルバレス)に想いを寄せていく。チコの父親でもあるホテルのオーナーのパト(アルバロ・マレンコ)は、今や衰弱して見捨てられたようにベッドに臥せっていた・・・

★このホテルには何やら秘密がありそうです。ハリケーンの目の中に巻き込まれてしまったダニエル役のジェイソン・ペレスはこれがデビュー作、西アフリカのリベリア出身、マリンバが得意とか。チラ島での撮影が短期間ではあったが役の掘り下げに役立ったと。ソレダ役のアドリアナ・アルバレスはコスタリカ出身、既にエステバン・ラミレスの第2作“Gestacion”(2009、英題“Gestation”)の演技で高い評価をうけている。

★チコ役のガブリエル・レテスはメキシコからの参加、メキシコ映画ファンならお馴染みの監督にして俳優のベテラン、“Flores de papel”(1977、英題“Paper Flowers”)がベルリン映画祭1978のコンペに選ばれている。また“El bulto”(1992)、2008年の“Arresto domiciliario”が代表作。彼はファジャスの才能に惚れこんで出演したというから楽しみです。パト役のアルバロ・マレンコはコスタリカでは有名なベテラン俳優ということですが、1作も見ておりません。出演した作品のIMDb(インターネット・ムービー・データベース)評価は高いですね。そういえば、本作のIMDbは今のところアップされておりません。
(写真:ダニエル役のペレスとソレダ役のアルバレス)