短編のベテラン、フアンホ・ヒメネスの新作*カンヌ映画祭2016 ④2016年05月14日 08:54

     ベテラン短編作家の“Timecode”がパルムドールに挑戦

 

★「短編」部門のもう1作が、フアンホ・ヒメネスの新作Timecodeです。「短編は長編映画の跳躍台と考えている人が多いが、私はそう思っていない。短編を作ることが好きなんです」と短編に拘るヒメネス監督。今回は自身が教鞭をとるレウス映画学校ECIRの学生が撮影に参加している。今年の応募作品は5008作、昨年より458作多い。2014年が3450だったから年を追うごとに競争が激化していることが分かる。また「シネフォンダシオン」部門には2300の応募があり、うち短編18作(アニメーション4作)がノミネーションされた。

ECIREscuela de Cine de Reus)レウス映画学校、レウスはカタルーニャ州タラゴナ県にあるワイン生産で有名な都市。ガウディの生れ故郷でもあり、モデルニズムの町として観光地にもなっている。 

        

        (学生を指導しながらの撮影風景、左側が監督、右側がルナ)

 

   Timecode2016

製作:Nadir Films

監督・脚本・製作:フアンホ・ヒメネス

脚本(共同):ペレ・アルティミラ

データ:スペイン、スペイン語、2016年、短編15分、カンヌ映画祭2016短編部門正式出品

 キャストラリ・アイクアデ Ayquadé(監視員ルナ)、ニコラス・リッキーニ Ricchini(監視員  ディエゴ)

解説:駐車場の監視員ルナとディエゴの二人は昼夜交替で勤務している。一人が昼間、もう一人は夜間。パーキングは秘密と発見に満ちている場所だ。痩せて小柄なルナが男性用に縫製された制服を着ると、彼女の体は服のなかで泳いでしまう。アップされたメーキングからは〈事件〉が見えてくる。 

   

       (モニター装置を見つめるルナ役のラリ・アイクアデ、映画から)

 

監督キャリア&フィルモグラフィー

フアンホ・ヒメネスJuanjo Giménez (Jiménez) は、1963年バルセロナ生れ、監督、脚本家、製作者、編集者。1994Hora de cerrarで短編デビュー、同年製作会社〈Salto de Eje〉を設立(2006年に〈Nadir Films〉に再編成)。1995年のEspecial con luzは各映画祭で評価され、スペイン国営テレビによって放映された。1996Ella está enfadada、翌年のLibre Indirectoはモンペリエ映画祭のショート・フィルム賞、ジローナ映画祭の脚本賞を受賞した。以上が主な短編作品。

 

★他に長編映画Nos hacemos falta (Tilt)2001)はモントリオール映画祭で上映された。ドキュメンタリーEsquivar y pegar10)とContact proof14)の2作品を撮っており、前者はサンセバスチャン映画祭の「メイド・イン・スペイン賞」にノミネートされた。長編は以上の3作だけで、「ショート・フィルムのスペシャリスト」と言われている。

 

     

    (“Nos hacemos falta (Tilt)”のポスターを背にしたフアンホ・ヒメネス監督)



「短編」部門に選ばれたコロンビア映画*カンヌ映画祭2016 ③2016年05月12日 19:22

          メデジンの一断面を描く小児ポルノの犠牲者たち

 

 

★カンヌ映画祭の公式上映には他に「ドキュメンタリー」部門、「短編」部門などがありますが、前者にはスペイン語映画はゼロ、後者の10作品のなかに、スペインのフアンホ・ヒメネスTimecodeとコロンビアのシモン・メサ・ソトMadre(“Mother”)が生き残りました。シモン・メサ・ソトはカンヌ映画祭2014Leidiが短編部門のパルムドールを受賞した監督です。まずこちらからご紹介。全体的に昨年のコロンビア映画には目を見張るような勢いが感じられましたが、今年は比較的静かな印象です。今年の応募作品は約5000作、10作品に絞る作業も大変と思いますが、年々増加しているのではないでしょうか。審査委員長に河瀨直美がアナウンスされています。

カンヌ映画祭2014の“Leidi”の記事は、コチラ⇒2014530

 

          

               (短編デビュー作のポスター)

 

        Madre(“Mother”)2016

製作:Momento Film(スウェーデン)/ Evidencia Films(コロンビア) 協賛Alcaldía

監督・脚本:シモン・メサ・ソト

製作者:David Herdies(スウェーデン)、フランコ・ロジィ(コロンビア)

データ:コロンビア、スウェーデン合作、スペイン語、2016年、短編

カンヌ映画祭2016「短編」部門正式出品

 

解説:メデジンの丘の貧しい地区に暮らしている16歳の少女アンドレアの物語。ポルノ映画出演の依頼がくると、丘を下りて町の繁華街に出掛けていく。タイトルを〈Madre母親〉とつけたのは、主人公の少女と母親との絆が語られるからだそうです。

 

      

          (中央のアンドレアに焦点を絞って撮られている)

 

★前作“Leidi”もコロンビア第二の都市メデジンが舞台でしたが、本作も同じです。コロンビアは6段階に分けられた特有の階級社会で、住む場所もおよそ決っている。ブラジルのファベーラも高い場所にあるが、コロンビアも同じようです。アンドレアのケースは珍しいことではなく、コロンビアで起きている現実の一断面にすぎないと監督。少女たちがポルノ映画のオーディションに駆けつけるのは普通のことで、それなりの需要があるということ、背景には小児性的虐待がある。どの国にも言えることだが、現実には目に見えないものが社会に潜んでいる。

 

★「物語は持ち込まれたものです。子供を搾取している実態について短編映画を作りたいが、とコンタクトをとってきた、これが始まりです」と監督。「生やさしいテーマではないし、誰だって語りたくない。切り口をどうするかが難しかった」。数カ月というもの自転車で街中を走り回って、福祉団体の戸を叩き、少女たちと話し合い、どのようにして小児ポルノの世界に出入りするのかをネットを通じて調査した。まずはポルノビデオに現れる少女たちを見ることだった。400人以上の少女たちに会い、その証言を映画のなかに流し込んだ。「一度足を踏み入れると抜けられず反復性があること、背後にある大きな問題が教育です。お金が欲しいという野心、もっとも大きいのが貧困問題です」「小児性的虐待はメデジンに限ったことではなく、カルタヘナやその他の都市でも起きていることだから全国展開して欲しい」と監督。

 

           

               (最近のシモン・メサ・ソト監督)

 

シモン・メサ・ソトSimón Mesa Soto1986年、アンティオキア県都メデジン生れ、監督、脚本家、製作者、編集者、撮影監督。アンティオキア大学マルチメディア&視聴覚コミュニケーション科卒、ロンドン・フィルム・スクールの映画監督科マスターコースで学ぶ奨学資金を得て留学、監督コースの他、撮影監督、撮影技師のプロジェクトに参加。中編Back Homeがロンドン・ナショナル・ギャラリーの録画(再放送用フィルム)部門の一部になった。これはLos tiempos muertos0935分)の英語題と思われるが確認できていない。ロンドン・フィルム・スクールの卒業制作として撮られたLeidiがカンヌ映画祭2014短編部門のパルムドールを受賞した。受賞はコロンビア初の快挙だったが、引き続きシカゴ、ロンドン、メルボルン、バンクーバー、サンパウロ、釜山など国際映画祭に出品、短編部門の賞を多数受賞している。イギリスで映画を学んだことで、仲間の英語映画の撮影監督や編集も手掛けている。

 

            

              (カンヌ映画祭2014授賞式にて)

 

★共同製作者フランコ・ロジィは、カンヌ映画祭2014の「批評家週間」にGente de bienがワールド・プレミアされた監督。二人はそれまで交流はなかったそうですが、カンヌで意気投合して次回作の製作に参加することにした。こういう国際映画祭での出会いは若い監督にとって刺激になります。スウェーデンのDavid Herdiesは、“Leidi”を見て感動、是非コラボしたいと申し出てくれたそうです。国内だけにとどまっていてはダメということです。

 

     

       (フランコ・ロジィの“Gente de bien”から)

 

フランコ・ロジィの“Gente de bien”の紹介記事は、コチラ⇒201458


カンヌ映画祭2014*コロンビア発の短編がパルムドール2014年05月30日 19:29

★コロンビアのシモン・メサ・ソトのLeidi(コロンビア=英、16分)は本命視されていませんでしたが、短編部門のパルムドールを受賞しました。短編はUPしませんでしたが受賞したことだし、いずれ長編を撮るだろうと期待してアウトラインをご紹介いたします。ベルギー・アニメの父といわれるラウル・セルヴェのようにパルムドール受賞後も中短編しか撮らない監督もおります。しかし日本でも話題を呼んだ『アマロ神父の罪』のカルロス・カレラやジム・ジャームッシュのように過去の受賞者は長編を撮っています。今年の審査委員長アッバス・キアロスタミ(1940年テヘラン生れ)から手渡されていましたが、彼自身の処女作「パンと裏通り」(1970)も10分の短編でした。まだ詳しい情報が少ないのですが、分かった範囲で監督のキャリア、ストーリーなどをご紹介。 

            (写真:授賞式でのシモン・メサ・ソト監督)

 

シモン・メサ・ソトSimón Mesa Soto:コロンビア第二の都市であるアンティオキア県都メデジン生れの28歳、誕生日前なら1985年生れか。アンティオキア大学マルチメディア&視聴覚コミュニケーション科卒、ロンドン・フィルム・スクールの映画監督科マスターコースで学ぶ奨学資金を得て留学、監督コースの他、撮影監督、撮影技師のプロジェクトに参加。中編Back Homeがロンドン・ナショナル・ギャラリーの録画(再放送用フィルム)部門の一部になった。受賞作はロンドン・フィルム・スクールの卒業制作として撮られた。5ヵ月前に完成しており既に何ヵ所かの映画祭で上映されているようです。

 

★今年の短編部門の応募作品は128ヵ国から3450本の中から9本が選ばれました。日本からも佐藤雅彦他の「八芳園」がエントリーされていました。選ばれるだけでも容易ではありませんが受賞となれば快挙でしょうね。映画発展途上国コロンビアのメディアが騒ぐのも当然です。カンヌ本体とは別団体が組織している「批評家週間」にノミネートされていた同世代のフランコ・ロジィのGente de bienが無冠に終わった鬱憤を解消したかたちになりました(本作の紹介はコチラ58)。

 

ストーリー シングルマザーのレイディLeidi は、小さい息子を抱えて母親と一緒にメデジン北部の共同集落で暮らしている。親としての責任を果たそうとしない赤ん坊の父親アレクシスを探しに出掛けるが・・・。レイディはここメデジンではありふれた自分の身の上話を語りはじめる。

 

(写真:息子の父親を探しにいくレイディ)


 
★彼女はここで暮らしている将来が全く描けない多くの若い母親の一人にすぎない。「レイディのようなメデジンで大きくなった女の子ならここでは簡単に出会うことができる。キアロスタミが『レイディが恋人に凭れかかるシーンを見たとき、これはパルムドールに値するシーンだと感じた』と言ってくれた。僕は胸がいっぱいになって・・」とインタビューで語っています。ポスターにもなったシーンでしょう。


★「これは生れ故郷メデジンの話ですが、レイディのような人物はラテンアメリカなら珍しい存在ではありません」。受賞後の記者会見では、「私の国とラテンアメリカの問題が凝縮されており、それを若い女性の視点から描きたかった」と語った。また「受賞は自分のキャリアに大きなインパクトを与えてくれた。しかしこれで有頂天にならず地道に努力していきたい」とも。

 

★本作は、大先輩監督アンティオキア出身のビクトル・ガビリアやイタリア・ネオレアリズモの作風に近く、シンプルで飾らない物語が展開するようです。ビクトル・ガビリアはRodrigo DNo futuro1990)とLa vendedora de rosas1998)がカンヌのオフィシャル部門に選ばれており(2作とも未公開)、前者は国際的な麻薬組織メデジン・カルテルが牛耳っていた時代のメデジンが舞台、20歳を待たずしてこの世を去っていく若者たちの青春残酷物語。麻薬戦争、私設軍隊パラミリタールやFARCに代表されるゲリラによって土地を奪われた国内難民の急増、コロンビア特有の階層社会が背景にあります。

 

★最近のコロンビアは国情が改善されたとはいえ、和平交渉は未だ道半ば、経済の二極化が深刻になっており、国内難民約500万人(50万ではありません)は「世界一」とアフリカ難民の追随を許さない。2003年の「映画法」成立後、ガビリアの次の世代アンドレス・バイス(『暗殺者と呼ばれた男』)、より若いリカルド・ガブリエリ(『ラ・レクトーラ』)などを当ブログでご紹介してきましたが、またより若い監督がカンヌで認められたことは嬉しい。

 

過去の短編部門パルムドール受賞者

○ラウル・セルヴェ:1928年ベルギーのオースティン生れ。1979年にHarpya(「ハーピア」アニメ)が受賞。

○カルロス・カレラ:1962年メキシコ・シティ生れ。1994年にHéroe(アニメ)が受賞。『アマロ神父の罪』(公開2003)の他、『ベンハミンの女』(同1996)、『差出人のない手紙』(同2000)など。

○ジム・ジャームッシュ:1953年オハイオ州生れ。1993年に「コーヒー&シガレッツ/カリフォルニアのどこかで」が受賞。本作を含めて撮りためていた短編11編を2003年にオムニバス映画『コーヒー&シガレッツ』として完成させた(公開2005)。