ビクトル・エリセの新作「Cerrar los ojos」、カンヌ映画祭でプレミア2023年04月26日 17:20

 エリセの新作「Cerrar los ojos」がカンヌ・プルミェールにノミネート

        

              

    (今年のメインビジュアルはカトリーヌ・ドヌーヴ、1968年の『別離』から)

 

★カンヌの季節が巡ってきました。第76回となるカンヌは昨年に続いて5月開催です(516日~27日)。今年はスペイン語映画はコンペティション部門には見当たりません。しかし2021年に新設された「カンヌ・プルミェール」部門にビクトル・エリセCerrar los ojos」が選ばれました。このセクションには前年ロドリゴ・ソロゴジェンの『ザ・ビースト』が出品されていました。本作については昨年アウトラインを紹介しています。日本からは北野武6年ぶりとなる本能寺の変をテーマにした『首(KUBI)』(秋公開予定)が選ばれているように、コンペティション枠には漏れたが、そうかといって新人枠の「ある視点」部門にも該当しない、しかしどうしても落とせないベテラン監督の作品が選ばれるということです。エリセ82歳、北野76歳、老いても元気なのが嬉しい。

    

      

        (撮影中のエリセ監督、ホセ・コロナド、マノロ・ソロ)

 

★ノミネート発表は現在も進行中らしく、424日に追加作品の発表がありました。なかにカンヌ・プルミェール部門に、『触手』以来沈黙していたメキシコのアマ・エスカランテの「Perdidos en la noche」と『約束の地』が公開されたアルゼンチンのリサンドロ・アロンソの「Eureka」が含まれていました。

       

★「ある視点」には、アルゼンチンのロドリゴ・モレノ1972)の「Los delincuentes / The Delinquents」(アルゼンチン・ブラジル・ルクセンブルク・チリ)、カンヌは初参加ですがベルリン映画祭他での受賞歴をもつ中堅監督、脚本家。2006年の「El custodio」はベルリンFFでアルフレッド・バウアーを受賞、サンセバスチャン映画祭ホライズンズ・ラティノ部門スペシャルメンション、他ボゴタ、ハバナ、グアダラハラ、リマ各映画祭で監督賞を受賞している。もう一人がチリのフェリペ・ガルベス(サンティアゴ1983)の長編デビュー作「Los colonos / Les colons / The Settlers」(チリ・アルゼンチン・オランダ・フランス・デンマーク)の2作です。短編「Rapaz」(18)は、カンヌ映画祭併催の「批評家週間」に正式出品されている。他に「Silencio en la sala」(09)、既に短編で実績を残している若手監督、フィルム編集者である。

   

             

     

 (上段ロドリゴ・モレノ、下段フェリペ・ガルベス)

 

★短編部門には、ペドロ・アルモドバルの短編「Strange Way of Life / Extraña forma de vida」(スペイン、30分)が選ばれています。アルモドバルの映画に出ることが夢だったというチリ出身のペドロ・パスカルとイーサン・ホーク主演のネオウエスタン、監督2作目となる英語劇。制作は監督自身の制作会社エル・デセオとファッションブランドのサンローラン・プロダクション、ということで衣装デザインはアンソニー・ヴァカレロによるサンローランが手掛ける。映画界に乗り出したようです。

 

★撮影監督はホセ・ルイス・アルカイネでアルメリアの砂漠で撮影されました。音楽は14作も監督とタッグを組んでいるアルベルト・イグレシアス、アルモドバル映画の常連さんが担当します。お互いに愛し合っている7人の男性が出てくる奇妙なウエスタンだそうです。タイトル「奇妙な生き方」はポルトガルのファドの女王アマリア・ロドリゲスの「Uma estranha forma de vida」から採られている。

     

        

           (イーサン・ホーク、監督、ペドロ・パスカル)

 

★纏まった情報が入手でき次第、追加作品も含めて別途アップを予定しています。エリセ監督の新作は昨年ご紹介していますが、キャストも出揃いましたので、改めて加筆します。何しろ30年ぶりの長編4作目ですから公開を期待してアップしたい。『ミツバチのささやき』の少女、アナ・トレントもクレジットされています。

Cerrar los ojos」の紹介記事は、コチラ20220715

 

第75回カンヌ映画祭2022*アルベルト・セラとロドリゴ・ソロゴジェン2022年06月10日 11:05

           スペイン映画は大賞に無縁だったカンヌ映画祭2022

 

      

★今さらカンヌでもありませんが、第75回カンヌ映画祭(517日~28日)は3年ぶりに5月開催に戻ってきました。パルムドールは5年前に『ザ・スクエア 思いやりの聖域』で同賞を受賞した、リューベン・オストルンドのコメディ「Triangle of Sadness」(スウェーデン・英・米・仏・ギリシャ)が受賞、言語は英語、富裕層への皮肉満載とか。グランプリは「Girl/ガール」のルーカス・ドンの「Close」(ベルギー・オランダ・仏)とクレール・ドゥニの「Stars at Noon」(仏)、後者はニカラグアが舞台とか。審査員賞はイエジー・スコリモフスキの「Eo」と、シャルロッテ・ファンデルメールシュほかの「Le otto montagne」の2作に、第75回記念賞はカンヌ常連のダルデンヌ兄弟の「Tori et Lokita」の手に渡った。

 

     

          (喜びを爆発させたリューベン・オストルンド)

 

★監督賞にはカンヌの常連である『オールド・ボーイ』『渇き』のパク・チャヌクが、サスペンス「Dicision to Leave」で受賞、今月末に韓国での公開が決定、日本でも2023年に公開される。男優賞には是枝裕和が韓国で撮った「Broker ベイビー・ブローカー」出演のソン・ガンホ、是枝監督もエキュメニカル審査員賞を受賞した。韓流の勢いは続いているようです。韓国の尹錫悦大統領が二人に祝電を送ったとメディアが報じている。日本勢では「ある視点」ノミネートの早川千絵(「PLAN 75」)が、新人監督に与えられるカメラドールの次点である特別賞スペシャルメンションを受賞した。

  

     

    (トロフィーを披露する、監督賞のパク・チャヌクと男優賞のソン・ガンホ)

 

★スペイン映画はコンペティション部門では、21世紀の鬼才と称されるアルベルト・セラの「Pacifiction」(22165分、仏・西・独・ポルトガル)1作のみでした。スペインも製作に参加していますが言語はフランス語と英語、カタルーニャ人のセラにとってスペイン語は外国語です。舞台はフランスの飛び地タヒチ島、20世紀にポリネシアの島々に多大な被害を与えた核実験を政府は再開しようとしている。主演はフランス政府の高等弁務官役にブノワ・マジメルが扮している。フランスの部外者であり島の友人である主人公は、政治的個人的なバランスをとって役人と一般の人々の微妙な関係を維持している。プロットから分かるように前作よりは筋があるようです。妥協と無縁の監督が、ブノワ・マジメルに命を吹き込ませることができたかどうか。不穏な陰謀がにおってくるスリラー仕立て、スペインからはセルジ・ロペスがクレジットされている。

 

  

 

     

      (セラ監督とブノワ・マジメル、カンヌFFのフォトコールから)

 

★セラ監督は、カンヌ映画祭を含めて海外の映画祭に焦点を合わせており、国際的に知名度がありながらスペインでの公開は多くない。批評家と観客の評価が乖離している作家性の強い監督です。新作の評価は、上映後の「スタンディング・オベーションが7分間」で分かるように、批評家やシネマニアはポジティブでしたが、一般観客に受け入れられるかどうか微妙です。少なくとも2019年の「ある視点」で上映されたフランス革命前夜を背景にした「Liberté」よりは分かりやすいでしょうか。本作については日本から取材に来た或るレポーターが「くだらなすぎる」と噛みついていたが、『万引き家族』や『パラサイト:半地下の家族』のようには分かりやすくない。日本ではミニ映画祭で特集が組まれたこともあるが、単独公開はジャン=ピエール・レオが太陽王に扮した『ルイ14世の死』(16)だけかもしれない。ゴージャスなヴェルサイユ宮殿の寝室に横たわるルイ14世の陳腐な死を描いている。

アルベルト・セラのキャリアと「Liberté」紹介は、コチラ20190425

 

    

            (新作「Pacifiction」のフレームから)

 

★他にロドリゴ・ソロゴジェンのスリラー「As bestas」(22137分、西・仏)が、コンペティション部門のカンヌ・プレミアセクションで上映された。『おもかげ』(19)以来、TVシリーズにシフトしていたがスクリーンに戻ってきた。言語はスペイン語・ガリシア語・フランス語。引退した中年のフランス人カップルがガリシアの村に移住してくる。二人の村への愛情と熱意は、しかし地元の住民の敵意と暴力に迎えられることになる。フランス人カップルにドゥニ・メノーシェマリナ・フォイス、地元の住民にルイス・サエラディエゴ・アニドが敵対する兄弟役で出演している。フランス公開720日、スペイン公開は1111日がアナウンスされています。いずれアップしたい。

     

   

 

    

     (マリナ・フォイス、監督、ドゥニ・メノーシェ、カンヌFFフォトコール)


*追加情報:アルベルト・セラ新作は『パシフィクション』の邦題で、ロドリゴ・ソロゴジェン新作は『ザ・ビースト』の邦題で、第35回東京国際映画祭2022のワールド・フォーカス部門、コンペティション部門での上映が決定しました。

 

ジョディ・フォスターに栄誉パルムドール*プレゼンターはアルモドバル2021年07月09日 11:18

   2年ぶりのカンヌ映画祭、アルモドバルがジョデイ・フォスターにトロフィーを

 

     

  

2年ぶりの第74回カンヌ映画祭20212ヵ月遅れで開幕した。開幕宣言は、栄誉パルムドール受賞者ジョデイ・フォスター、栄誉パルムドールのプレゼンターのペドロ・アルモドバル、審査員委員長スパイク・リー(去年と同じ)、2019年のパルムドール受賞のポン・ジュノ4人でした。

 

          

        (アルモドバルとジョデイ・フォスター、202176日)

 

ジョディ・フォスター(ロスアンゼルス1962)は、「『タクシードライバー』がパルムドールを受賞したのは45年前、私のキャリアを変えてくれたカンヌにとても感謝しています」。だから彼女にとってここに戻ってくることはとても重要。「未来が私たちに期待していることを皆さんと一緒に見られるよう望んでいます」と完璧なフランス語でスピーチした。彼女はロスにあるフランス人学校のリセに在籍、バカロレアの国家試験に合格している。マーティン・スコセッシの『タクシードライバー』(76)に娼婦役で出演したのはなんと13歳でした。

   

           

          (トロフィーを披露するジョディ・フォスター)

 

★フォスターにとって、この1年で多くの映画館が閉鎖され、時には耐えがたい苦しみに直面している人々が増えているとしても、すべてが映画への愛に絞られる。「映画館が閉鎖されているけれども、映画は常に存続していきます。今年、映画は私の救命具でした」と語った。また52年間のキャリアを通して思うのは「映画は人を感動させ、人と繋がり、変化させる。だから映画に対する感謝をなくすことは決してない」と締めくくった。

 

★プレゼンターのペドロ・アルモドバルは、女優が2019年にロスアンゼルスで『ペイン・アンド・グローリー』をプレゼンスしたときのことを思い出したが、それよりずっと以前から彼女を身近に感じていた。それはBugsy Maloneの可愛い歌姫役で、『タクシードライバー』より数ヵ月前に制作された映画でした。アルモドバルは「女性の映画人が珍しかった時代に、彼女は役選びにも賢明だった。弱さを隠すことなく強さを見せる女性像の創造を知っていた」と、この類いまれな才能の受賞者を彼流に絶賛した。アラン・パーカーのデビュー作は、『ダウンタウン物語』の邦題で翌年公開された。禁酒法時代のニューヨークはダウンタウンを舞台に、抗争を繰りひろげる二大ギャング団を描いたミュージカル。全員子役が大人に扮して出演、マシンガンから飛びだすのは弾丸ではなくパイ、最後はみんなパイだらけになって終わる。フォスターはボスの情婦でキャバレーの妖艶な歌姫になった。

 

★コロナが収束したわけではないので、メイン会場には、ワクチン2回接種の証明書のある人、あるいは48時間ごとのPCR検査(無料)合格者とガードは厳しい。結果が分かるには最低でも6時間ほど必要だからどうなるのか。レッドカーペットに登場したシャネルやプラダのドレスに身を包んだマスク無しのセレブたちは、合格してるということですね。因みにフォスターのドレスはジバンシィだそうです。パートナーの写真家で監督のアレクサンドラ・ヘディソンも出席、アツアツぶりの映像が配信されています。

 

★オープニング作品はレオス・カラックスのミュージカルAnnette アネット2021、英語、140分)は、5分間のスタンディングオベーションだった由、監督よりスタンダップ・コメディアンを演じたアダム・ドライバーに注目が集まったとか。本作はアマゾン・オリジナル作品、ネットフリックスとの話合いは平行線でノミネーションはNO、一方でアマゾン・プライム・ビデオ、アップルTVYES、観客の一人としては違和感を覚えるが、将来的に問題を残すのではないか。ピンクのダブルの背広上下にサングラス、スニーカーで現れた審査委員長のスパイク・リーは「ストリーミングのプラットホームは共存する」とインタビューに応えて、新型コロナが世界を、映画産業をも変えてしまったことを印象づけた。

フェルナンド・トゥルエバの「El olvido que seremos」*カンヌ映画祭2020年06月14日 17:23

      コロンビアの作家エクトル・アバド・ファシオリンセの同名小説の映画化

 

      

 

★第73回カンヌ映画祭2020は例年のような形での開催を断念した。マクロン大統領の「719日まで1000人以上のイベントは禁止」というお達しではどうにもならない。63日、一応オフィシャル・セレクション以下のノミネーションが発表になりました。開催できない場合は、ベネチア、トロント、サンセバスチャンなど各映画祭とのコラボでカンヌ公式映画として上映されることになりました。それでカンヌでのワールドプレミアに拘っている監督たちは来年持ち越しを選択したようです。赤絨毯も、スクリーン上映も、拍手喝采もないカンヌ映画祭となりました。

   

フェルナンド・トゥルエバEl olvido que seremos(「Forgotten We'll Be」)は、コロンビアのカラコルTVが製作したコロンビア=スペイン合作映画、コロンビアはアンティオキアの作家エクトル・アバド・ファシオリンセのノンフィクション小説El olvido que seremos」(プラネタ社200511月刊の映画化です。作家の父親エクトル・アバド・ゴメス192187)の生と死を描いた伝記映画です。医師でアンティオキアのみならずコロンビアの人権擁護に尽力していた父親は、1987年メデジンの中心街で私設軍隊パラミリタールの凶弾に倒れた。1980年代は半世紀ものあいだコロンビアを吹き荒れた内戦がもっとも激化した時代でした。アバド家は子だくさんだったが作家はただ一人の男の子で、父親が暗殺されたときは29歳になっていた。

 

         

     (主人公ハビエル・カマラを配したEl olvido que seremos」のポスター

   

 

          アバド家の痛み、コロンビアの痛みが語られる

 

★エクトル・アバド・ファシオリンセ(メデジン1958)の原作は、200511月に出版されると年内に3版まで増刷され、コロンビア国内だけでも20万部が売れたベストセラーです。先ずスペインでは翌年 Seix Barral から出版、メキシコでも出版された他、独語、伊語、仏語、英語、蘭語、ポルトガル語、アラビア語の翻訳書が出ている。21世紀に書かれた小説ベスト100に、コロンビアでは唯一本作が選ばれている。ポルトガルの Casa da América Latina から文学賞、アメリカのラテンアメリカの作品に贈られるWOLA-Duke Book 賞などを受賞している。

  

             

           (アバド・ファシオリンセの小説の表紙

  

           

                                   (父と息子)

 

★タイトルのEl olvido que seremos」は、ボルヘスのソネット Aqui, hoy の冒頭の1行目「Ya somos el olvido que seremos」から採られた。父親が凶弾に倒れたとき着ていた背広のポケットに入っていた。あまり知られていない出版社から友人知人に贈る詩集として300部限定で出版されたため公式には未発表だった。そのため小説がベストセラーになると真偽のほどが論争となり、作家の捏造説まで飛びだした。調査の結果本物と判明したのだが、スリルに満ちた経緯の詳細はいずれすることにして、目下は映画とかけ離れるので割愛です。

  

          

                      (ボルヘスのソネット Aqui, hoy のページ

 

★コロンビアの作家とスペインの監督の出会いは、カラコルCaracol TVの会長ゴンサロ・コルドバが仲人した。スペイン語で書かれた小説を映画化するにつき、先ず頭に浮かんだ監督は「オスカー監督であるフェルナンド・トゥルエバだった」とコルドバ会長。主役エクトル・アバド・ゴメスにスペインのハビエル・カマラを起用することは、作家のたっての希望だった。「父親の面影に似ていたから」だそうです。映画化が夢でもあり悪夢でもあったと語る作家は、出来上がった脚本を読むのが怖かったと告白している。手掛けたのは監督の実弟ダビ・トゥルエバ、名脚本家にして『「ぼくたちの戦争」を探して』の監督です。

 

        

         (作家エクトル・アバド・ファシオリンセと監督フェルナンド・トゥルエバ)

 

★最初トゥルエバ監督はこのミッションは不可能に思えたと語る。その一つは「小説は個人的に親密な記憶だが、映画にそれを持ち込むのは困難だからです」と。しかし「二つ目のこれが重要なのだが、良い本に直面すると臆病になるからだった」と苦笑する。カラコルTVの副会長でもある製作者ダゴ・ガルシアの説得に負けて引き受けたということです。スペイン側は脚本、正確には脚色にダビ・トゥルエバ、主役にハビエル・カマラ、編集にトゥルエバ一家の映画の多くを手掛けているマルタ・ベラスコの布陣で臨むことになった。キャスト陣はハビエル以外はコロンビアの俳優から選ばれた。

 

      

                           (撮影中の監督とハビエル・カマラ)

 

★作家の娘で映画監督でもあるダニエラ・アバトアイダ・モラレスパトリシア・タマヨ(作家の母親セシリア・ファシオリンセ役)、フアン・パブロ・ウレゴがクレジットされている。母親も人権活動家として夫を支えていたエネルギー溢れた魅力的な女性だったということです。当ブログ初登場のダニエラ・アバドは作家の娘、主人公の孫娘に当たり、映画は彼女の視点で進行するようです。今回は女優出演だが、祖父暗殺をめぐるアバド家の証言を集めたドキュメンター「Carta a una sombra」(15)は、マコンド賞にノミネートされ、続くドキュメンタリー「The Smiling Lombana」(18)は、マコンド賞受賞、トゥールーズ映画祭ラテンアメリカ2019で観客賞を受賞している。バルセロナで映画は学んだということです。

 

     

       (父エクトル・アバド・ファシオリンセと語り合うダニエラ・アバド、2015年)

 

★スタッフ陣も編集以外はコロンビア側が担当、撮影監督はセルヒオ・イバン・カスターニョ、撮影地は家族が暮らしていたメデジン、首都ボゴタを中心に、イタリアのトリノ(作家は私立のボリバリアーナ司教大学で学んだ後、トリノ大学でも学んでいる)、マドリードなどで行われた。モノクロとカラー、136分と長めです。音楽をクシシュトフ・キェシロフスキの『ふたりのベロニカ』や「トリコロール愛の三部作」を手掛けたポーランドの作曲家ズビグニエフ・プレイスネルが担当することで話題を呼んでいた。彼はトゥルエバのLa reina de España16)の音楽監督だった。プロダクション・マネージメントはイタリアのマルコ・ミラニ(『ワンダーウーマン』)と、コロンビア映画にしては国際色豊かです。

 

★本作はまだ新型コロナが対岸の火事であった21日、カルタヘナで毎年1月下旬に4日間行われるヘイ・フェスティバルHay Festival Cartagenaという文学祭で、作家と監督が出席しての講演イベントがありました。もともとは1988年、ウェールズ・ポーイスの古書店街が軒を連ねるヘイ・オン・ワイで始まったフェスティバルが世界各地に広がった。コロンビアではカルタヘナ、スペインはアルハンブラ宮殿で開催されている。現在は文学講演、サイン会、書籍販売の他、音楽や女性問題などのイベントに発展している。YouTubeを覗いたら150名の招待者のなかにマリベル・ベルドゥとか、作家のハビエル・セルカスも出席していました。下の写真は映画の宣伝も兼ねた講演会に出席した両人。フェスティバル期間中にトゥルエバの『美しき虜』が上映されていた。

   

              

      (アバド・ファシオリンセとトゥルエバ監督、21日、アドルフォ・メヒア劇場)

 

★現在の中南米諸国のコロナ感染状況は、コロンビアを含めてレベル3(渡航は止めてください)だから滑り込みセーフのフェスティバルでした。スペインも渡航中止対象国ですから、サンセバスチャン映画祭(918日~26日)が予定通り開催できるかどうか分かりません。開催された場合はカンヌ映画祭公式セレクション作品としてワールド・プレミアされる可能性が高いと予想しています。

   

追加情報:英題でラテンビート2020のオープニング作品に選ばれました。

追加情報『あなたと過ごした日に』の邦題で2022年7月劇場公開されました。

カンヌ映画祭2020の開催は秋?*監督週間&批評家週間は中止が決定2020年04月18日 14:24

   世界は変わってしまった、ベネチア、サンセバスチャン各映画祭はどうなる?

 

   

413日、マクロン大統領の封鎖措置延期を受け(511日まで)、音楽祭、映画祭などいかなるイベントも7月中旬まで開催することができなくなりました。目下の死者数15,000人以上ですから、ある程度予想されたことながら現実となりました。カンヌ映画祭併催の「監督週間」と「批評家週間」は中止が決定、肝心のコンペティション部門他、「ある視点」や短編、クラシック各部門は未定ですが、いつものような開催はできないことがはっきりしました。映画祭代表ディレクターのティエリー・フレモー氏はぎりぎりまでタオルを投げることに抵抗しています。「フィガロ」紙に「秋開催」をほのめかしていますが、秋はベネチア(93日~12日)、トロント(910日~20日)、サンセバスチャン(918日~26日)などが控えていますから、その兼ね合いはどうなるのでしょうか。

 

      

  (カンヌのマークがペイントされているメイン会場パレ・デ・フェスティバル前を

   愛犬と散歩する女性、318日)

 

416日にフレモー氏が「フィガロ」のインタビューに応じ、「マスク着用で(映画祭会場の)階段を昇ることを含めて、いろんなフォーマットを考えているところです」と、秋9月開催に望みをつないでいるようですが、準備期間を考慮すると10月さえ厳しいのではないでしょうか。ベネチア映画祭との連携を視野に入れているようですが、イタリアの現状をみれば、こちらの開催もあやしくなっている。「コロナ危機が始まって以来、私たちはロカルノやサンセバスチャン、ドーヴィルなどを招待してやるプランも考えていた」と、唯の思い付きでないことを強調している。ドーヴィルはノルマンディ海岸の女王と謳われるリゾート地でアジア映画祭、アメリカ映画祭が開催されている。

 

★他の映画祭が採用を決定しているオンラインは考えておらず、映画は映画館で観るというカンヌ本来のポリシーに揺らぎはないと断言しています。そうでないとNetflixオリジナル作品などを排除している理由がなくなってしまうからでしょう。しかしながら「専門家たちの売買契約はデジタル・バージョンで622日から26日まで行いたい」との意向を示した。さらに6月末までコンペティション部門の作品選考を続行することがアナウンスされている。とにかく映画産業も生き残らなければならないから今後も模索は続くことでしょう。ペストの例を持ち出すまでもなく、ウイルスが世界を変えてしまったのは初めてではありません。ウイルスは根絶できない、ならば共存していくしか人類は生き延びることはできない。

 

★フランスの写真週刊誌「パリ・マッチ」が、ジョークでノミネーションをツイートした。先ず以前からカンヌ映画祭でプレミアが囁かれていたフェス・アンダーソンのThe French Dispatchがノミネート、ソフィア・コッポラのアドベンチャー・コメディOn the Rocks、ナンニ・モレッティの3家族が繰りひろげるコメディTre piani、ポール・バーホーベンのBenedettaなどが続いた。予告編が解禁されているアンダーソンのThe French Dispatch」を除くと、監督常連のビル・マーレイやティルダ・スウィントンなどが出演しているようだ。

 

415日は本来ならコンペティション部門のノミネーション発表があるはずでした。一寸先は闇を実感させられることです。メイン会場となるパレ・デ・フェスティバルは、320日以来、ロックダウンで行き場を失ったホームレスの臨時宿泊先になっている。

 

       

 (ホームレスの臨時宿泊所になったカンヌ映画祭メイン会場パレ・デ・フェスティバル)