マラガが開幕しました*マラガ映画祭2021 ⑬2021年06月05日 12:53

      63日、予定通り第24回マラガ映画祭2021が開幕しました

 

         

        (VIPが宿泊する5つ星ホテル「ミラマル」の正面玄関)

   

     

     (憲法広場に設置されたセクション・オフィシアル作品の宣伝ポスター)

 

★運悪くPCの不具合が発生して紹介が中断してしまいました。これも性悪ウイルスのせいかもしれません。マラガは新型コロナウイリスのレベル1ということで、昨年よりはかなり緩和されていますが、赤絨毯なし、マスク着用、招待客以下関係者の抗原検査、客席は3分の1の200隻と厳しさは同じです。オープニング作品のセクン・デ・ラ・ロサのミュージカルコメディEl coverが上映されましたが、肝心の監督がコロナに罹り欠席となりました。舞台挨拶にはプロデューサーのキコ・マルティネスとホセ・ラモン・デル・リオ、主演のアレックス・モネールマリナ・サラスカロリナ・ジュステマリア・エルバスが登壇しました(写真下)。今のところ適当な写真が入手できていませんが、映画祭がアップしたものから選んでみました。

   


      

       

            (オープニング上映のEl cover) 

 

   

★同日には、ペトラ・マルティネスビスナガ・シウダ・デル・パライソ賞の授賞式とプレス会見が行われた。映画祭総指揮ディレクターのフアン・アントニオ・ビガルの司会でプレス会見が行われ、「『マリアの旅』は自分の人生に重なる」とインタビューに応えたようです。

ダビ・マルティン・デ・ロス・サントス『マリアの旅』の紹介は、コチラ20201027

 

      

       (トロフィーを手に喜びのペトラ・マルティネス、63日)

   

       

               (ビガルのインタビューを受けるペトラ・マルティネス)

 

 

64日、マリアノ・バロッソレトロスペクティブ賞――マラガ・オイの授賞式と、フアン・アントニオ・ビガルの司会でプレス会見が行われました(映画祭本部がおかれているセルバンテス劇場のサロン<ロッシーニ>にて)。同席したのはキューバ出身の脚本家アレハンドロ・エルナンデス、当日紹介された Nunca quise ser un outsider. Conversaciones con Mariano Barroso (マラガ祭出版局)の著者。彼はバロッソ監督やマヌエル・マルティン・クエンカ監督などとタッグを組んでスペインで活躍しているキューバ才能流出組の一人。

 

   

            (トロフィーを手に喜びのマリアノ・バロッソ、63日)

 


 (左から、アレハンドロ・エルナンデス、バロッソ監督、J・A・ビガル)