ビスナガ栄誉賞にハビエル・フェセル監督*マラガ映画祭2020 ③2020年03月18日 11:52

           23回マラガ映画祭のビスナガ特別賞のご紹介

             

       

 

★新型コロナウイリスの蔓延で、全世界の映画祭&映画賞の延期または中止が報道されていますが、マラガ映画祭もその例にもれず今後の動向は皆目分かりません。しかし完成した作品はいずれ近い将来には観客に届くはずです。気を取り直して、まず既に発表になっておりましたマラガの特別賞を列挙しておきます。例年なら授与式にキャリア&フィルモグラフィを紹介してきましたが、今年は取りあえず名前だけアップしておきます。

 

ビスナガ栄誉賞

ハビエル・フェセル(マドリード1964、監督、脚本家)

 

     

201912『だれもが愛しいチャンピオン』が劇場公開された。マラガ映画祭では最新作Historias lamentablesが上映予定。

『だれもが愛しいチャンピオン』と監督紹介は、コチラ2018061220190701

   

     

             (最新作「Historias lamentables」から)

 

 

マラガ・スール賞

ガエル・ガルシア・ベルナル(メキシコ、監督、俳優、製作者)

 

  

*本賞はマラガの最高賞で海岸沿いの遊歩道に手形入りの記念碑を建ててもらえる。カンヌ映画祭2019特別上映枠で上映された、監督第2作目Chicuarotesがコンペティション外で上映予定。

Chicuarotes」の紹介記事は、コチラ20190513

  

               

                        (監督第2作目Chicuarotes」のポスター

 

 

マラガ才能賞-ラ・オピニオン・デ・マラガ

カルロス・マルケス=マルセ(バルセロナ1983、監督)

  

    

*本映画祭でデビュー作10,000 KMが作品賞を受賞、ゴヤ賞2015新人監督賞を受賞している。本映画祭2019ではEls dies que vindranが監督賞を受賞するなどマラガ映画祭の常連監督。

監督キャリア&フィルモグラフィの紹介記事は、コチラ2014041120190411

 

 

 

  

リカルド・フランコ賞

タチアナ・エルナンデス(衣装デザイナー)

 

    

 

*ゴヤ賞2011Lopeで衣装デザイン賞を受賞している。

 

 

レトロスペクティブ賞-マラガ・オイ

アルトゥーロ・リプスタイン(メキシコ・シティ1943、監督)

 

   

*来マラガをキャンセルしたニュースをアップいたしましたが残念でした。セクション・オフィシアルに最新作El diablo entre las piernasが上映予定。字幕入りで鑑賞できた代表作は、カンヌ映画祭に出品された『夜の女王』94)、ベネチア映画祭に正式出品された『ディープ・クリムゾン 深紅の愛』96)など、後者はアリエル賞を独占している。新作はいずれご紹介したい。

   

   

                                 (新作の英語題ポスター)

 

 

ビスナガ・シウダ・デル・パライソ賞(今年は2人)

キティ・マンベール(マラガ1953)、女優、映画、舞台、TVで活躍

 

     

アルモドバル『神経衰弱ぎりぎりの女たち』『抱擁のかけら』エンリケ・ウルビスTodo por la pastaでゴヤ賞1992の助演女優賞を受賞している。

 

 

オスカル・マルティネス(ブエノスアイレス1949)俳優、作家、舞台演出家

  

 

*公開された作品では、ダミアン・ジフロン『人生スイッチ』14)、ベネチア映画祭に正式出品されたガストン・ドゥプラット&マリアノ・コーン『笑う故郷』16「名誉市民」)で本邦でもお馴染みになった。マルティネスは男優賞を受賞した。

『人生スイッチ』の紹介記事は、コチラ20150729

『笑う故郷』の紹介記事は、コチラ20161013同年1023

     

  
                                                     (『笑う故郷』 のポスター)