第16回ラテンビート映画祭2019上映作品発表 ①2019年10月06日 17:57

         いよいよ秋恒例のラテンビート開幕――ご紹介作品も何作か目につきました

 

        

★今年は新宿・大阪・横浜に京都が加わりました。東京会場の新宿バルト9117日~10日、1115日~17日の2週末です。昨年に続いてブラジル映画の特集があるようです。なかに閉幕したばかりのサンセバスチャン映画祭2019金貝賞(作品賞)受賞作品、パックストン・ウィンタースPacificadoが邦題『ファヴェーラの娘』としてエントリーされました(LBFF表記:パクストン・ウィンターズ)。まだ9作と全体像は見えてきませんが、開幕まで1ヵ月に迫りましたからもう間もなくです。

上映作品は以下の通り9作です(105日現在)。分かり次第追加いたします。

 

 

スペイン語(ガリシア語)映画

『戦争のさなかで』 原題「Mientras dure la guerra

 監督:アレハンドロ・アメナバル

 キャスト:カラ・エレハルデ、エドゥアルド・フェルナンデス

 トレビア:スペイン内戦を背景に学者ミゲル・デ・ウナムノの最期の人生が語られる。サンセバスチャンFF 2019セクション・オフィシアル出品。

作品紹介は、コチラ2018060120190927

 

      

 

8月のエバ』 同「La virgen de agosto

 監督:ホナス・トゥルエバ

 キャスト:イチャソ・アラナ、ビト・サンス、イサベル・ストフェル、ミケレ・ウロス

 トレビア:カルロヴィ・ヴァリFF 2019 国際映画批評家連盟賞賞・審査員スペシャル・メンション、トゥールーズ・シネエスパーニャFF 脚本賞・女優賞受賞。『再会』がNetflixでストリーミング配信された。

作品紹介は、コチラ20190603

 

     

 

『ファイアー・ウィル・カム』 同「Lo que arde / Fire Will Come

  スペイン・フランス・ルクセンブルク合作、90分、バスク語

 監督:オリベル・ラセLBFF表記:オリヴァー・ラクセ)

 キャスト:アマドール・アリアス、ベネディクタ・サンチェス、イナシオ・アブラオ

 トレビア:カンヌFF 2019「ある視点」審査員賞、サンセバスチャン映画祭ペルラス部門出品、東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映

作品紹介は、コチラ201904280529

    

 

      

 

『蜘蛛』 同「Araña / Spider2019、チリ・アルゼンチン・ブラジル合作

 監督:アンドレス・ウッド

 キャスト:メルセデス・モラン、マリア・バルベルデ、フェリペ・アルマス、

      マルセロ・アロンソ

 トレビアLBFF上映『マチュカ』『サンティアゴの光』『ヴィオレータ、天国へ』のアンドレス・ウッドの新作、サンセバスチャンFF 2019ホライズンズ・ラティノ部門出品

作品紹介は、コチラ20190816

 

     

 

『猿』 同「Monos2019、コロンビア・アルゼンチン・オランダ・ドイツ他

 監督:アレハンドロ・ランデス

 キャスト:ジュリアンヌ・ニコルソン、モイセス・アリアス、ホルヘ・ラモン

 トレビア:サンダンスFF 2019ワールド・シネマ・ドラマ部門審査員特別賞受賞、サンセバスチャンFF ホライズンズ・ラティノ部門出品、米アカデミー国際長編映画賞コロンビア代表作品、『コカレロ』がLBFFで上映されている。

作品紹介は、コチラ20190821

 

    

 

『列車旅行のすすめ』 同「Ventajas de viajar en tren2019、スペイン・フランス合作、

  103分、スリラー

 監督:アリッツ・モレノ

 キャスト:ピラール・カストロ、ルイス・トサール、エルネスト・アルテリオ、

      マカレナ・ガルシア、キム・グティエレス、ベレン・クエスタ

 トレビア:シッチェス・カタルーニャFF 2019 出品、モレノ監督のデビュー作、スペイン映画でお馴染みのスターが出演するエンターテイメント。東京国際映画祭コンペティション部門でも上映されます。

作品紹介は、コチラ⇒2019年10月14日

 

     

 

2回ブラジル映画(ポルトガル語)

『ファヴェーラの娘』 原題Pacificado

 監督:パックストン・ウィンタースLBFF表記:パクストン・ウィンターズ)

 キャスト:ブカッサ・カベンジェレ、カシア・ジル、デボラ・ナスシメント

 トレビア:サンセバスチャンFF 2019金貝賞(作品賞)、男優賞、撮影賞受賞。

作品紹介は、コチラ⇒2019年10月12日

 

    

 

『見えざる人生』 同「A vida invisível de Euridice Gusmao」ドイツ合作、139

 監督:カリン・アイヌーズ(カリム・アイノーズ?)

 キャスト:カロル・ドゥアルテ、ジュリア・ストックラー、フェルナンダ・モンテネグロ、

      クリスティナ・ペレイラ

 トレビア:カンヌFF 2019「ある視点」作品賞受賞作品。米アカデミー国際長編映画賞ブラジル代表作品。

 

   

 

『神の愛』 同「Divino Amor / Divine Love2019、ウルグアイ・デンマーク・チリ他合作、

  101

 監督:ガブリエル・マスカロ

 キャスト:ジラ・パエス、ジュリオ・マシャード、テカ・ペレイラ

 トレビア:サンダンスFF 2019ワールド・シネマ・ドラマ部門出品、ベルリンFFパノラマ部門出品、グアダラハラFF FEISAL賞、ワールド・シネマ・アムステルダム特別メンション、ダーバンFF監督賞受賞などの話題作。クラウディオ・アシスの『マンゴー・イエロー』やブレノ・シウヴェイラの『フランシスコの2人の息子』で7人の子供の母親になったジラ・パエスが登場する。

 

   

 

★残りは発表がありしだい順次追加いたします。次回はブラジル映画『ファヴェーラの娘』をアップします。