エステル・ガルシア映画国民賞2018授与式はタバカレラ国際センターで2018年09月26日 17:15

    「私たち女性は製作に優れた才能を発揮しています」とエステル・ガルシア

 

エステル・ガルシア映画国民賞受賞の知らせをアップしたばかりですが、予定通り去る22日サバルテギ-タバカレラ部門が上映されるタバカレラ現代文化国際センターで、ホセ・ギラオ・カブレラ教育文化スポーツ相から賞状を受け取りました。プレゼンターを務めたカンヌ映画祭の総ディレクター、ティエリー・フレモー、映画産業界関係者が駆けつけ、大臣が賞状を授与したときには会場がどよめいた。昨年の受賞者アントニオ・バンデラスもタバカレラでした。授与式はサンセバスチャン映画祭開催中に行われるのが決まりです。

エステル・ガルシアの紹介記事は、コチラ20180917

 

           

           (文化大臣から賞状を受け取るエステル・ガルシア)

 

★今回のように深い愛のこもった感動的な授与式は稀れだったようです。紹介記事にも書いたように「女性プロデューサー初の受賞者」、表舞台には現れない縁の下の女性が受賞したことは、後ろに続く女性たちにも朗報だったに違いない。スターでない20人以上の女性たち、プロデューサー、脚本家、監督、技術部門のスタッフ・・・が壇上に上がって喜びを分かち合った。ホセ・ギラオ大臣は黒一点(?)でした。下の写真でエステル・ガルシアが手にしている赤い扇子には「もっと女性にチャンスを」と書かれている。今年のゴヤ賞ガラから登場している扇子です。

 

     

    (赤い扇子を手にしたガルシアと応援に馳せつけた女性シネアストたち)

 

★「私は製作者で女性です、両方とも順調だと感じています」、たいていの方は製作の仕事がどういうものか知らない。フィルム構成の複雑な手順など頭痛のタネは尽きません。「製作という仕事には才能が必要です。何を選ぶか決心するのはとても難しい。どんな映画が成功するか知るには、経済的な側面だけでなく何よりも芸術的な視点が必要です」と受賞者。石器時代から女性に課せられてきた仕事をしているが、男性も女性の仕事を分担して欲しい。人口の半分は女性、不平等の解決策は、家庭や学校での教育、これが「解決の揺るがない確信」だとも。

 

     

            (喜びのスピーチをするエステル・ガルシア)

 

★ホセ・ギラオ大臣によると、受賞の決めての一つになったのが、女性の地位向上・機会均等を目標にした女性シネアスト・グループ CIMA の活動を上げていた。「文化、芸術としての映画に対する支持は、これから後に続く世代のお手本になる」と授賞理由を述べた。

 

★エステルをエスコートしたのはアグスティン・アルモドバルとアルモドバル作品の常連ハビエル・カマラ、「映画界がまだ女性の平等など語ることのなかった前から仕事を始めた」とそのパイオニア性を語ったカマラ、エル・デセオで30年以上も共に仕事をしてきたアグスティン・アルモドバルは「優れた製作の鍵は、アーティストがその夢を叶えるために、彼ら自身の創造的な限界を超えた闘いを、良い方向に進めること、それを外部から課せられるのではなく、エステルが自らやっている」と、映画に対する情熱と倫理観を強調した。

 

    

  (30年以上の仕事仲間アグスティン・アルモドバルと、SSIFF2018ノミネーション発表時)

 

★ここに当然いるべき人で最大の欠席者ペドロ・アルモドバルは、次回作Dolor y gloria917日にクランクアップ、マドリードに戻って20日から編集に取りかかった途端、日夜働きづめで溜め込んでいたストレスでダウン、マドリードからの移動は無理だったということでした。エアゾール吸入剤で話せない状態とか、大分重症のようです。

 

★ガラの主な出席者は、スペイン映画アカデミー会長マリアノ・バロッソ、プロデューサーのヘラルド・エレロエドゥアルド・カンポイ、監督のイマノル・ウリベチュス・グティエレスマベル・ロサノCIMA新会長クリスティナ・アンドリュー監督(今年6月から)など。


是枝監督、涙のドノスティア賞授賞式*サンセバスチャン映画祭2018 ㉓2018年09月27日 13:10

           アジアで初めての受賞者―樹木希林さんを忍んで涙のスピーチ

 

     

923日、是枝裕和監督のドノスティア賞授賞式がビクトリア・エウヘニア劇場で行われました。日本初どころかアジア初の受賞者です。バスク語のドノスティアはサンセバスチャンのことで、SSIFFが選ぶ映画栄誉賞・功労賞になります。生涯功労賞と紹介されていますが、現役バリバリのシネアストが貰うことが多い。ドノスティア賞は1986年の第34回から始まり、第1回受賞者はグレゴリー・ペック、今年の是枝裕和、ダニー・デヴィートジュディ・デンチ3人を含めて、受賞者の合計は64人になりますが、うち鬼籍入りした人は初期の十数人で、他は活躍中です。現役を退いた功成り名遂げた人が貰う賞ではない。是枝監督も受賞スピーチで「もう20年くらいは映画を撮りたい」と仰っていましたが、20年と言わずにファミリー映画だけでなく、コメディ、ホラーなど世界に発信してください。

 

    

           (涙、涙の是枝監督、右はティエリー・フレモー)

 

★授賞式会場は、メインのクルサールとは別のビクトリア・エウヘニア劇場で行なわれました。本映画祭の総ディレクターであるホセ・ルイス・レボルディノスから監督紹介があった後、プレゼンターのティエリー・フレモー(カンヌ映画祭総ディレクター)がスペイン語で是枝映画の魅力を語った。レボルディノス氏に「コレエダサーン」と呼ばれて登場した監督にトロフィーを渡したのは、なんとフレモー氏ではなく、レボルディノス氏でした。

 

     

   (トロフィーを手にしているのがレボルディノス氏、中央がフレモー氏)

 

★スタンディングオベーションになる前からもう目が潤んでいて、これはやばいと思いました。その前に是枝映画のダイジェスト版が流れて樹木希林さんの映像がたくさん流れたからでした。スピーチができないほど涙が止まらなかった受賞者は過去にいなかったのではないでしょうか。最後にリリー・フランキーさんが白いハンカチを持って現れましたが、そのときはさすがに涙は乾いていました(笑)。ふつう授賞式はトータルで10分程度ですが、今回は30分ぐらいかかったのも異例なことでした(是枝監督は日本語で、スペイン語の同時通訳)。

 

     

               (ティエリー・フレモーと並んで)

 

★何を語ったかは映画サイトでどうぞ。

ジュディ・デンチ、ドノスティア賞授賞式*サンセバスチャン映画祭2018 ㉔2018年09月28日 13:37

               ジュディ・デンチ、貫禄のドノスティア賞授賞式

 

      

★去る925日メイン会場のクルサールで、3人目の受賞者ジュディ・デンチのドノスティア賞授賞式がありました。当日にサー・トレバー・ナンRed Joanの上映がありました。スタンディングオベーションに感激の涙、若い観客が多い印象を受けました。プレゼンターはアレクサンダー・ペイン(セクション・オフィシアル審査委員長)がスペイン語でスピーチ、サラマンカ大学で学んでおりスペイン語は堪能。デンチの61年に及ぶキャリア、今年84歳になるという女優の受賞は、遅きに失した感がありました。英国女優ではデンチよりずっと若いエミリー・ワトソン2015年に受賞してるほか、大分前にヴァネッサ・レッドグレイヴが受賞しています。

 

       

    (アレクサンダー・ペインからトロフィーを受けるジュディ・デンチ)

 

★例のごとく出演映画のダイジェスト版が流れると、長いキャリアのこともあってか見ていた映画の多さに驚きました。『あるスキャンダルの覚え書き』から『Queen Victoria至上の恋』、エリザベスⅠ世に扮した『恋におちたシェイクスピア』、『ヘンリー5世』、『ショコラ』、英国映画アカデミー女優賞を受賞した『アイリス』、『ヘンダーソンの贈り物』、『マリリンとの7日間』、スランプに陥っているグイドを励ますリリー役を演じた『NINE』、勿論「007シリーズ」のM、当日上映されたRed Joan」など、新作は来年には公開されるでしょうね。

ジュディ・デンチのキャリア&フィルモグラフィーの紹介記事は、コチラ20180831

 

 

 

Red Joan」の監督、トレバー・ナンと一緒のプレス会見では、「私は今も現役の女優で、いつもオファーを待っています。断った仕事はありません」と。記者からの映画界に長年巣くっているセクハラについての質問には「容認できませんが、複雑すぎて・・・誰ということではなく、以前はいたるところにあったのです」と。計り知れない援助を受けたというケビン・スペイシーを擁護しているようでしたが、常習犯だったらしいから、庇うのは苦しいです。

 

           

    (ジュディ・デンチにキスをしているのはトレバー・ナン監督、プレス会見で)


第5回イベロアメリカ・フェニックス賞2018*ノミネーション発表2018年09月30日 17:30

          ネットフリックスの存在が大きくなってきたフェニックス賞2018

 

★去る924日、5回イベロアメリカ・フェニックス賞2018のノミネーション発表がメキシコシティでありました。カテゴリーと解説に齟齬があったりカテゴリーの数が違ったりと、サイトでノミネーション個数にばらつきがありますが、当たらずとも遠からずでいくと、最多ノミネーションは、コロンビアのチロ・ゲーラクリスティナ・ガジェゴPájaros de verano9個、アルゼンチンのルクレシア・マルテル『サマ』8個でした。作品・監督・脚本・男優女優・撮影・・・と両作とも主要カテゴリーに選ばれています。

  

★イベロアメリカとはいえ、旧宗主国のスペインとポルトガルは影が薄く、第4回までの作品賞はすべてラテンアメリカ映画が制しています(第1回メキシコの『金の鳥籠』、第2回から4回までの『ザ・クラブ』、『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』、『ナチュラルウーマン』と連続でチリが受賞しています)。今年スペインとポルトガルは主要カテゴリーのノミネーションがゼロでした。

 

      

  (イベロアメリカ・フェニックス賞ノミネーション発表に集まったシネアストたち)

   

★チロ・ゲーラ&クリスティナ・ガジェゴのPájaros de veranoは、カンヌ映画祭2018併催の「監督週間」のオープニング作品です。チロ・ゲーラ映画の製作者クリスティナ・ガジェゴの初監督作品です。2016年には夫婦二人三脚で『彷徨える河』などの力作を撮っています。9カテゴリーの内訳は、作品・監督・脚本・撮影・編集・美術・衣装・オリジナル音楽、ゴッドマザーを演じたカルミナ・マルティネスが女優賞にノミネートされた(美術がないサイトあり)。

Pájaros de verano」の作品紹介は、コチラ20180518

 

      

   (女優賞ノミネートのカルミナ・マルティネスとラウラ・モラの「Matar a Jesús」から)

 

★ルクレシア・マルテルの『サマ』は、ベネチア映画祭2017のコンペティション外上映、国際映画祭に数多く出品され、ラテンビートでも昨年上映されました。しかし批評家の高い評価にもかかわらず今もって作品賞は受賞しておりません。イベロアメリカ諸国の公開が殆ど2018年だったことで、今年のノミネーションになりました。8カテゴリーの内訳は、作品・監督・脚本・撮影・編集・美術・録音とダニエル・ヒメネス・カチョが男優賞にノミネートされました。

『サマ』の主な紹介記事は、コチラ20171013

   

      

     (サマを演じ男優賞ノミネートのダニエル・ヒメネス・カチョ、映画から)

 

2作に続いて、メキシコのアロンソ・ルイスパラシオスの第2Museo6個です。その内訳は、作品・監督・撮影・オリジナル音楽・録音、ガエル・ガルシア・ベルナルの男優賞です。ベルリン映画祭2018脚本賞受賞作品。

Museo」の作品紹介は、コチラ20180219

 

      

           (男優賞ノミネートのガエル・ガルシア・ベルナル、映画から)

 

★同じくパラグアイのマルセロ・マルティネシLas herederas6個です。その内訳は、作品・監督・脚本・撮影・美術・録音、ベルリン映画祭で女優賞を受賞したアナ・ブルンはノミネートされませんでした。ベルリン映画祭2018のアルフレッド・バウアー賞と国際映画批評家連盟賞受賞作品、サンセバスチャン映画祭「ホライズンズ・ラティノ」部門オープニング作品、ラテンビート2018上映作品です。

Las herederas」の作品紹介は、コチラ20180216

 

     

             (監督とアナ・ブルン)

 

★作品賞・監督賞のノミネーションだけアップしておきます。

作品賞7作品)

Alanis監督アナイ・ベルネリ、アルゼンチン

As boas maneirasフリアナ・ロハス&マルコ・ドゥトラ、ブラジル

Cocoteネルソン・カルロ・デ・ロス・サントス・アリアス、ドミニカ共和国

Las herederasマルセロ・マルティネシ、パラグアイ

Museo」同アロンソ・ルイスパラシオス、メキシコ

Pájaros de veranoチロ・ゲーラクリスティナ・ガジェゴ、コロンビア

Zamaルクレシア・マルテル、アルゼンチン

 

監督賞7人)

アナイ・ベルネリAlanis

フリオ・エルナンデス・コルドンCómparame un Revólver」メキシコ

マルセロ・マルティネシLas herederas

ラウラ・モラMatar a Jesús」コロンビア

アロンソ・ルイスパラシオスMuseo

チロ・ゲーラクリスティナ・ガジェゴPájaros de verano

ルクレシア・マルテルZama

 

★という具合でスペイン映画は作品賞にも監督賞にも見当たりませんでした。ドキュメンタリー部門にゴヤ賞2018受賞のMuchos hijos, un mono un castillo、男優賞に「El autor」のハビエル・グティエレス、脚本賞に「Petra」のハイメ・ロサレス、美術賞に「Handia」と「La libreria」他がありました。

 

 

TVシリーズ部門ではネットフリックスの存在の大きさが際立っています。昨年も『ナルコス』などが受賞しましたが、今年もノミネーション5作品のうち3作がネットフリックスがらみです。スペインのLa casa de papel(『ペーパー・ハウス』シーズン2)、メキシコ=米のNarcos(『ナルコス』シーズン3)、アメリカ製作のLuis Miguel:La serie(シーズン1)の3作です。ルイス・ミゲルというのは一名メキシコの「太陽El Sol」と言われるほどのプエルトリコ生れのメキシコの歌手、現在活躍中の歌手のビオピック、グラミー賞5回受賞でハリウッドのウォーク・オブ・フェームに星が刻まれています。しばらく活動を休むなど謎の多い歌手ですが昨年復活しました。ルイス・ミゲルをディエゴ・ボネタ、歌手だった父親をオスカル・ハエナダが演じています。シーズン113話)が20184月からメキシコ、米国、スペイン、生れ故郷プエルトリコでNetflix同時配信されました(日本は未配信のようです)。

 

    

   (『ペーパー・ハウス』から)

 

   

            (『ナルコス』シーズン3

 

   

                 (ディエゴ・ボネタ、Luis Miguel:La serie」から

 

★この映画賞の作品選考はメキシコの「シネマ23」が中心になって行なわれ、イベロアメリカ映画アカデミー連盟、メキシコ映画アカデミーが参画、第16回モレリア映画祭(102028日)で受賞結果発表があり、ガラは117、メキシコシティのエスペランサ・アイリス・シティシアターで開催される予定。