「金のメダル」2018はディエゴ・ガラン*映画批評家、監督2018年06月04日 17:15

    「賞賛に値するきキャリアとスペイン映画に対するたゆまぬ支え」を讃えて

 

★去る426日、スペイン映画アカデミーは「賞賛に値するきキャリアとスペイン映画に対するたゆまぬ支え」を讃えて、2018年の金のメダル」受賞者にディエゴ・ガランDiego Galán Fernándezを選んだ。2010年には同アカデミーによって「アルフォンソ・サンチェス賞」を受賞している。ベルリナーレ、マンハイム、ウエスカ、カンヌ(カメラドール)など、各映画祭の審査員も務めている。 

     

         (2010年「アルフォンソ・サンチェス賞」の授賞式にて)

 

1946年モロッコのタンジール生れ、映画批評家、ジャーナリスト、映画監督、TVドキュメンタリー、サンセバスチャン映画祭のディレクターを2度にわたって(19868919952000)手掛けている。二十歳前に故郷を後にしてマドリードに移り住む。最初から映画を目指していたわけではなく、数社の会計の仕事のかたわらマドリードの演劇グループの俳優としての仕事も両立させていた。しかし映画に出会い、たちまちその魅力の虜となって、映画一筋の人生を歩み始めることになった。

 

      

        (映画批評家、監督、ジャーナリストのディエゴ・ガラン)

 

1966年サン・アントン校の旧友たちとシネ・クラブJAASAJuventudes de Antiguos Alumnos del Colegio San Antn)を立ち上げる。1967年から廃刊になる1971年まで「Nuestro Cine」誌に映画批評を執筆する。その後、スペインでも権威のある週刊誌「Triunfo」(1981年閉刊)、1980年から「エル・パイス」紙での映画批評を執筆していたが、5年後にサンセバスチャン映画祭の顧問、続いてディレクトール就任を機会にエル・パイスの執筆を辞退する。

 

1971年、ペドロ・オレアが監督したTVプログラム「10 melodías vascas」や「Tan lejos, tan cerca」、ホセフィーナ・モリーナの「Durero, la búsqueda de la identidad」などで助監督の経験を積んだ後、1972年「Apunte sobre Ana」で短編デビュー、同年ホセ・ルイス・ボラウ2000年、金のメダル受賞)のプロデュースで「El mundo dentro de tres días」、1976カルメロ・ベルナオラ2002年、金のメダル受賞)の音楽で「Tu amiga Marilyn」、1978アンパロ・ソレル・レアル主演で「Una tarde con Dorita Amor」など、70年代は短編を発表している。しかし短編作家が自分の目的ではないと決心、1978TVシリーズ「Memorias del cine español」(ドキュメンタリー14話)の脚本、監督を手掛けている。

 

★代表的なTVシリーズでは、1992年から翌年にかけて放映された「Queridos cómicos」(ドキュメンタリー22話)、2011年の「Una historia de Zinemaldia」(ドキュメンタリー15話)がある。2005年「Pablo G. del Amo」(ドキュメンタリー)は、サンセバスチャン映画祭のサバルテギ部門で上映された後、一般公開された。パナマで開催された第1回イベロアメリカ・プラチナ賞2014で唯一スペインが受賞したドキュメンタリーCon la pata quebrada13)は、カンヌ映画祭2013に正式出品され、ゴヤ賞ノミネーション、トゥリア賞受賞作。スペイン映画に現れた女性像を総括している。続いて撮ったドキュメンタリーManda huevosは、反対に1930年代から2016年の現代までに登場した男性像を熟考したもの、サンセバスチャン映画祭2016のコンペティション外で上映された。

 

     

    (Con la pata quebrada」のポスターを背にしたディエゴ・ガラン

   

 

     

(第1回イベロアメリカ・プラチナ賞授賞式にて)

 

        

            (Con la pata quebrada」でカンヌ・クラシックの賞状を披露する)  

 

      

 (Manda huevos」の語り手カルメン・マチと、サンセバスチャン映画祭フォトコールにて)

 

代表的な著作書

1978年「18 españoles de posguerra」(フェルナンド・ララとの共著)

1984年「Fernando Fernán Gómez, ese señor tan pelirrojo」(フェルナンド・F=ゴメスについて)

1990年「Diez palabras sobre Berlanga」(ガルシア・ベルランガについて)

1992年「15 mensajes a Fernando Rey」(フェルナンド・レイについて)

2002年「50 años de rodaje」(サンセバスチャン映画祭50年の歩み)

2006年「Pilar Miró, nadie me enseñó a vivir」(ピラール・ミロについて)

 

金のメダル」は1991年から始まったスペインのシネアストに贈られる栄誉賞です。選考母体はスペイン映画アカデミー、対象者は監督、俳優、脚本家、製作者、音楽家、撮影監督などすべて、毎年1人(たまに2人)が4月中にアナウンスされ、授賞式は11月です。第1回の受賞者は、ヨーロッパへ回帰したルイス・ブニュエル映画、『哀しみのトリスターナ』『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』、遺作となった『欲望のあいまいな対象』でお馴染みのフェルナンド・レイ、今作の共演者アンヘラ・モリーナも、2013年度の受賞者です。ほかアナ・ベレン95)、サラ・モンティエル97)、コンチャ・ベラスコ03)、ジェラルディン・チャップリン06)、マリベル・ベルドゥ08)、カルメン・マウラ09)、ロサ・マリア・サルダ10)など受賞者に女優が多かった。

 

★最近の受賞者

2014年 アントン・ガルシア・アブリル(作曲家)

2015年 アイタナ・サンチェス=ヒホン(女優)&フアン・ディエゴ(俳優)

    コチラ201508011120

2016年 サンティアゴ・セグラ(俳優・監督)、コチラ201606111123

2017年 ホセ・サルセド(映画編集者)

2018年 ディエゴ・ガラン・フェルナンデス


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aribaba39.asablo.jp/blog/2018/06/04/8871411/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。