ケン・ローチが2度めのパルムドール*カンヌ映画祭2016 ⑧2016年05月23日 15:51

        『麦の穂をゆらす風』につづいて2度めのパルムドール

 

★あっという間にカンヌも終了しました。引退説も流れていたので、「これが遺作になるのでは」などという失礼な噂もありましたが、パルムドールはケン・ローチI, Daniel Blakeの手に渡りました。イギリスの受賞は4回め、3回め10年前のパルムドールも彼の『麦の穂をゆらす風』でした。今作はプロットを読んだかぎりでは平凡な印象をうけていました。だから上映前はそれほど上位ではなかったのに上映後は安定して上位につけていた。誰にでも起こりうる身近なテーマだけに分かりやすい。みんな理不尽な行政には怒っているのだ。下の写真にあるように両方の握り拳からは引退説など吹き飛んでしまいそう。まだまだヤル気満々なのは当たり前、まだ79歳の若さです。「カンヌにやってきた根本的な理由は、映画の生き残りをかけているからだ」と引退に抵抗している(笑)。 

            

              (パルムドールのケン・ローチ監督)

 

        Timecode”が短編パルムドール受賞、スペインでは初めて

 

      

 ★スペインは長編部門のパルムドールはブニュエル『ビリディアナ』だけですが、今年初めて短編部門で受賞しました。フアンホ・ヒメネスのTimecode、こちらは既にアウトラインをご紹介しております。「短編の次は長編」とシネマニアからも質問されるが、「私は短編の闘士なのです。次回作もおそらく短編になるでしょう」、「短編を作ること、見ること、これが私の人生です」。

 

★「創作者としては固定観念を避けるべきで、特に短編では仕上げの段階で省略が重要なのです」。足し算ではなく引き算ですね。受賞作のアイデアは、自分の体験から生まれた由。「私は自由時間のある多国籍企業で働いていたことがあり、そこでは脚本を書く時間があった」という。また「ブニュエルは私にとって崇拝の的、彼の仕事を忘れないようにしている」とも。

カンヌ映画祭2016 ④“Timecode”の記事は、コチラ⇒2016514

 

   

           (喜びのスピーチをするフアンホ・ヒメネス監督)

 

★「批評家週間」のグランプリ、オリヴェル・ラセMimosasにつづいての受賞で、スペインとしてはそれなりの収穫がありました。それにしてもアルモドバルJulietaは残念でしたが、まあ、公開は確実です。男性観客はそっぽを向いてしまう映画ですから、カンヌを納得させるのは容易じゃない。

 

  

            (“Julieta”の皆さん、お疲れさまでした)